ミカンセーキ

T-60 来襲

模型
元のサイトで完全版を読む
大変なことになってきました。我が家にT-60が2台、GAZ?工場製と第37工場製。MiniArtから立て続けに発売。しかも鋼製転輪の264工場製のリリースも発表されて、もう何が何だか。SU−122の時はバリエーションと言ってもその違いなんて、ほとんど間違い探しのレベルだったから1つだけ買って他はスルーしちゃいましたが、T-60は生産工場と時期によって転輪とか砲塔が違ってたりして、ちょっと気になってしまうんですよねー
2枚目の画像
3枚目の画像
35215(GAZ?)と35224 (No.37)のキットの違いは 、大雑把に言うと転輪が違います。T-40から引き継いだディスクタイプの転輪と鋳造のスポークタイプの転輪。他は共に初期型の砲塔など仕様はほぼほぼ一緒で、わずかにトランスミッションのアクセスハッチのボルト数の違いがあったりするくらい。
35215は当初、GAZ工場製と謳ってましたが途中でその表記は消えてます。キットで再現されているディテールがGAZ工場製の特徴とは言い切れないのだと想像します。私もロシア側に寝返ってまだ日の浅いモデラーなので細かいことわかりません。セータ☆さんのブログ記事:gizmolog や最近発売されたCanforaのT-60本を眺めながら作ることにします。
4枚目の画像
いい出来です。インテリア再現キットとはいえ、車体が小さいので眩暈を覚えるほどのパーツ数ではないです。最近のMiniArt らしくディテールもシャープ。フェンダーのリブもプレス模様がちゃんと裏側にもモールドしてありましたよ。
5枚目の画像
ディテールも繊細。別パーツのドライバーズハッチ周りのバルジの装甲板の溶接跡も雰囲気あります。車体との取付部の溶接跡もちゃんと表現してあって、もう伸ばしランナーで追加工作する必要なし。
6枚目の画像
砲塔はスライド金型を使って、側面のディテールも丁寧に再現。前面の張り出し上部のベンチレーション用のスリットもそれらしく表現されてます。さすがにスリットは抜けてなかったけど覗き込んでも見える場所ではないので、このくらいで十分か。
この砲塔前面のベンチレーション用スリットはT-40から踏襲された形式ですが、防御力にはやっぱり問題あったのか、ここにつけるのは廃止して砲塔ハッチにベンチレーターをつけた改良型の砲塔が後に登場します。このタイプもいずれキット化されるんでしょうね。
7枚目の画像


8枚目の画像
履帯は組み立て接着式。両サイドに穴の空いたトレッドパターンのモールドはHobbyBossのT-40のものよりも細部のニュアンスがよく再現されてます。ガイドホーンの軽め穴も当然のように抜いてます。ただ、穴のエッジに少しバリが出るのか、穴の輪郭が安定してないのが少し惜しいところ。

最近のタミヤのキットで、ガイドホーンの穴を再現しないでなんとなくごまかしているのは、こういうリスクを嫌っての判断なのかもしれないですね。

..
さてさて、ちょっとここでガチンコ対決。T-40からT-70まで使われているディスク型ホイールのキット比較。MiniArtのT-60のものとHobbyBossのT-40、TamiyaのSU-76Mを並べてみました。                  
9枚目の画像
TamiyaのSU-76Mは転輪の幅が広がったタイプのものなので厳密には同じではないのですが、プレスしたお椀型のディスクを転輪のリム部分のリングに溶接した構造は同じ。HobbyBossのものはリムの表現が少し強調されすぎてる感はあるものの雰囲気は悪くないです。Tamiyaのものは、溶接部のディテールが少し間延びしていてちょっと違和感を覚えます。最近作のバレンタイン戦車もそうだったけど、タミヤさんはどうも転輪の曲面のニュアンスの把握ができてないところがありますね。
              
10枚目の画像
MiniArtのT-60。GAZ工場製で使われているディスク型転輪は誘導輪も同じ形ですが、直径はアイドラーホイールのものが一回り小さくなってます。前のバージョンのT-40から踏襲された形式ですが、何か意味があったのでしょうか。後のT-70では同サイズのもので統一されていること考えると、補給が煩雑になっただけだったような気もします。
これが少し悩みの種で、GAZ工場製のT-60。誘導輪が一回り小さい正規パターンのものと、転輪と同じサイズのものを使っているのがあるんですよね。
11枚目の画像
GAZ工場製T-60(写真出典は共にCanfora T-60より)

もっと見る
タグ
T-60
MiniArt
模型