断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

Praha1945 (3cm MK103 auf sf.38(t) vol.1

d0360340_21020917.jpg
製作記連載その2、スタートします。やっぱりドイツ物という訳ではないけどバレンタイン戦車の製作と並行してちょっと変わったものを作ってみます。キットはドラゴンの白箱[CHC6481]、Sdkfz.138/1 グリレ弾薬運搬車改造 3.0cm FLAK。1945年5月、ドイツの敗北直前に近づくソ連軍に呼応してプラハ市民が蜂起した際に登場するレア車両です。
d0360340_21162362.jpg
d0360340_21492476.jpg

この時に残された写真には、とにかく変わった車両が登場します。チェコ蜂起軍(CSR)が工場から引っ張り出しきた未完成のヘッツァー とか、まだ残っていた短砲身の3号突撃砲を使ったり、はたまた車輪がついて動くものと弾丸が打てればという感じでパンツァーベルファーの車台にMG151 ドリリンクを載せてみたりと、なりふり構ってられない感じがひしひしと伝わってきます。

今回のお題のグリレ改造車もその内の一両です。1943年の末から1944年の9月にかけて生産された38t戦車車台に15cm重歩兵砲を搭載した自走砲:sdkfz.138/1 Grille、(おそらく)その弾薬運搬車型の車両を改造して航空機用の3cm機関砲MK103を搭載したものと言われています。

d0360340_22193273.jpg
この車両。戦争末期の混乱のなかで作られたワンオフの車両としては以外に写真が残っています。
左上の写真は、ドイツ軍として行動している時に取られた写真。手前のヘッツァー(シュタール型!)の後ろにちらりと写ってます。このことから、この車両、蜂起部隊の改造車ではなく、ドイツ軍が作った車両であることがわかります。右上の写真は(おそらく)ドイツ軍に放棄されて所在なく放置されている時に撮られたもの。その根拠はカモフラージュの草(ネット?)がヘッツァー・シュタールのものと同じ。乱暴な推理ですが。
左下のはCSRに接収された際の写真。5月5日〜9日頃に撮られたものと言われてます。この写真の他にもいくつか写真が残ってます。この車両、チェコ共和国軍の編成に加えられて暫く使われたそうです。右下はいつの頃に撮られたかは不明ですが、スクラップヤードらしき場所で撮られたもの。手前のオチキスも気になりますが、その隣の初期型ヘッツァーに並ぶようにこの車両が写っています。オープントップの戦闘室の部分にMK103機関砲のシールドが僅かに確認できます。

写真など詳しくはこのサイト→ forum.valka.cz > 3cm MK103 auf Grille M
(スロバキア語はGoogle先生に聞くと片言のニホンゴで教えてくれます。)

車両の細かい分析は回を改めますが、外観正面、左側は何枚かの写真が残ってるのでおよその全体像はそれで掴むことができます。右側は上掲のスクラップヤードの写真で一部がチラリ、後部はぼんやりした写真が一枚。オープントップの戦闘室内部はほぼ写ってないので、このあたりは多分に推測することになりそうです。
d0360340_14403133.jpg
製作記は既にSUMICONのBBSで開始してますが、自走砲用に生産された38t車台の部分からスタート。こちらでは、BBSで書ききれない考証とか瑣末な工作をメインに書き留めておきたいと思います。

車体はM型(K型)と言われるタイプ。グリレM型の生産が開始された1944年12月には車体は溶接構造になっていますが、キットのものはリベット構造のマーダー3初期型のパーツが流用されているので、側面のリベットをこの後、削りとる予定。車体前部上面はメンテナンスのためかボルト止めになっているので、それは残します。で、よく見たらキットのものは丸リベットになってます...(んー、どうしよう...)

転輪は38t戦車と同様、誘導輪は軽め穴がシンプルな丸穴がグリレM型では標準。駆動輪はこの車両では標準的な外周部に軽め穴のないタイプではなく、旧来の8穴タイプのものを使用しています。戦車車台のグリレH型や、マーダー3初期型ではこの8穴タイプの駆動輪を使用しているので、おそらくは生産初期にまだ在庫のあったものを使ったのか。

d0360340_15060166.jpg
グリレM型は15cm重自走砲型の生産が1943年12月から1944年9月まで、弾薬運搬車型は1943年12月から1944年5月までとなってます。

プラハのBMM工場で撮影されたロールアウトしたばかりのグリレ弾薬運搬車の写真が残ってますが、これも駆動輪が8穴タイプのものを使用しています。

1945年5月のプラハ蜂起の際に登場するMK103機関砲搭載の改造車両はその特徴から言って、車体はおそらく1944年1月〜5月生産車、しかも早い時期のものと推測されます。詳細が不明なこの車両の生産時期が分かると、装備品や塗装を推測するための手掛かりにもなります。(つづく)

Commented by かば◎ at 2017-05-17 21:48 x
「forum.valka.cz」は、時々ちょっと変わった面白いネタを検索すると引っかかってきますね。
ところで、ドメインが.czなので、スロバキア語ではなくチェコ語ではないでしょうか。
たぶん方言レベルの違いしかないので、チェコ語でグーグルさんに掛けても同じレベルの拙い日本語にしかなりませんが。
Commented by hn-nh3 at 2017-05-18 20:28
>かば◎さん
グーグルさんがスロバキア語ちゃうか?と言ってたのを真に受けたのですが、チェコ語のようですね。まあ先生も間違うくらいだから (笑)

「forum.valka.cz」がの車両コレクション、こんな凄いサイトだと、この記事書いてて初めて気がつきました。見てたら、あここ見た、あれも見たと個別には見てたみたいですが。
by hn-nh3 | 2017-05-17 19:43 | 38(t)系列 | Comments(2)