断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

下仙川 高射砲陣地

d0360340_19380226.jpg
最近は便利ですね。Google Mapが目的地まで何処をどう歩けばいいか教えてくれます。この間、調布の実篤公園の近くに所用で行った時、地図検索のiPhoneの画面に「旧陸軍下仙川高射砲陣地」という違和感のある表示。....ナニコレ?
d0360340_19454312.jpg
そして、その場所。なんてことない風景です。Y字道の辻にはベニカナメモチの生垣と町内会の看板。高射砲陣地は何処?

すかさずGoogle先生に聞くと、その町内会の看板の土台のコンクリートの塊が高射砲の土台の残骸とのこと。
風化してかなり年季の入ったコンクリートの土台。確かに町内会看板の為につくられた形ではなく、元は大きな円形の構造物の一部のようにも見えます。看板の足元はモルタルで補修してあるので、看板の土台として作られたものではなく、先にあった「コンクリートの塊」に穴を開けて看板を立てて、モルタルを充填したものだと推測されます。

しかし、これが元々は高射砲を据えた土台だったなんて、言われないと気づかない。
d0360340_19531591.jpg
高射砲陣地はこの近辺、調布飛行場の防衛用にあちこちにあったらしく、ここの他にもいくつか高射砲の台座のコンクリートが残ってるようです。 

→廃墟探索地図>調布高射砲陣地
→みたか遺跡展示室>大沢の遺跡10
そして、この下仙川高射砲陣地には町内会の看板の土台になってる高射砲台座の残骸と、付近の住宅の庭に弾薬保管庫?のような構造物が残存している模様。→仙川ポータル>下仙川 高射砲陣地跡

このロケーション。かつてここに高射砲が据えられていて、その台座を避けるように戦後、道ができて家が立ち並んだようにも見えますが、調べてみるとどうもそうでもなさそう。Gooの地図で昭和22年、38年の航空写真と重ねられるので変遷をちょっと作ってみました。
d0360340_20151350.jpg
d0360340_20152252.jpg
d0360340_20154244.jpg
d0360340_20155041.jpg
上から昭和22年、昭和38年、そして現在の航空写真と地図。
昭和22年の地図を見ると、6基の陣地が扇型に並んでいるのがわかります。まだ、撤去された高射砲以外はほぼ残存していたらしく、この写真では判別が難しいものの、国土地理院の航空写真サービスでこの場所の他の航空写真(戦後米軍が撮影したもの)を探すと、それぞれの陣地の中心にコンクリート台座らしきものと、残存する弾薬庫らしき構造物も確認できます。図で星をつけたところが町内会の看板位置、小さな四角が弾薬庫と思われる遺構の位置。

d0360340_20262696.png
これは昭和23年の写真。国土地理院の航空写真サービスから。
当時の地形がよく確認できます。台座の周囲に土塁か弾薬庫など構造物で囲まれた6基の高射砲陣地。中央の台形の区画は観測機器を据えた場所、右側の直線上の部分には指揮所があったと思われます。戦後しばらくはこの状態ですが、その後、宅地開発が進んで、昭和31年の写真では上の2基を残して消失、そして前掲の昭和38年には残りもほぼ消失します。

地図を重ねて見ると、町内会の看板は一番上の陣地とも少し位置がずれていて、かつての高射砲のコンクリート台座がそのまま残っている訳ではなく、台座の残骸をそこに移動させたもののようです。おそらくは宅地開発の際に破壊されて小さくなったコンクリートの残骸を、Y字道の角に置いて、車止めに利用したんじゃないかと思います。そして町内会の看板の土台に転用されて..

こことは別な事例ですが、高射砲台座の残存例と構造がよくわかる記事。
これも開発で当初の場所から移設保存されてます。


個人的には、高射砲陣地がどのようなものであったかというよりも、遺構としてその後どのようになったかに興味があって、動かしがたい障害物として、避けるように道が敷かるなど都市計画に影響を与えたとか、簡単に撤去もできず、他の用途に変えて現在も使われているとか、そんなことを想像していたのですが、ブルドーザーなど重機のなかった中世の頃ならいざ知らず、戦後の高度成長にとっては何の障害物でもなかったようです。

高射砲の台座が転用された事例として面白いのは、逗子の披露山公園でしょうか。
巨大なコンクリートの台座がそのままに、花壇や展望台の基礎、猿の檻の中で猿山の裾野に化けています。

→魅了されたもの>披露山公園(小坪高角砲台

そんな訳で下仙川の高射砲陣地は、宅地開発の波にのまれて遺構としては殆どその姿を留めていません。
しかし、台座の一部が町内会の看板の土台に転用されて「地域の役に立っている」と考えれば、僅かに残るコンクリートの残骸が今もその役目を果たしていると言えるかもしれません。
d0360340_04424579.jpg

<追記>
国土地理院:地図・航空写真閲覧サービス

このページで各地の航空写真:戦前に陸軍が撮影したもの、戦後米軍が撮影したもの、地図作成用に撮影された最近のものまで、いろいろと見ることができます。
戦後の開発で見えなくなってしまった元地形を確認したりするのにも便利。


Commented by かば◎ at 2017-06-08 09:05 x
この話題なら、ぜひとも近所の披露山公園のことについてコメントを付けねば!と思ったのですが、すでに本文内で紹介されていたとは(笑)。

ただ、披露山公園にはちょっとよく判らない点もあります。
(1).円形の高射砲(高角砲)の台座を猿舎、展望台、花壇に転用とあります。実際、米軍の航空写真でも(現在のこれらの場所と思われる箇所に)3つの円が認められるので、その通りなのでしょうが、展望台はいいとして、猿舎は2~3メートル掘り下げてあるし、花壇はツツジ等が植わっているので当然地面は(少なくとも表面は)土です。「台座を流用した」というより、これらを作るのに分厚いコンクリートはむしろ邪魔だったのでは……。

(2).資料によると、設置された高角砲は2門だったようです。台座が一つ余計です。探照灯とか聴音器とかでも据えていたのでしょうか……いや、それは高射砲と同じ場所には置かないですよね。測距儀?

ちなみに公園脇の売店下はがっしりしたコンクリートの構造物で、指令所だったそうです。山頂から降りる道筋脇には、弾薬庫か何かだったらしい横穴(現在はコンクリートブロックで入口がふさがれている)が数カ所確認できます。

ちなみのちなみに、先日、横須賀の猿島で高射砲を撤去したまま未加工(?)の台座を見ました。
Commented by hn-nh3 at 2017-06-08 18:02
逗子はかば◎さんのホームグラウンドでしたね。
高射砲台を転用した公園があるというのは見聞きしていましたが自分の中で地理情報と結びついておらず、以前、小坪方面に向かう山越えで何度も披露山公園の側を通っていたにも関わらず、海と豪邸に気をとられてすっかり見逃していました。。

披露山公園に陣地跡があったと知り、鎌倉の防衛用?! と、いつの時代のことかのような妄想が一瞬よぎりましたが..
そうですよね、半島の反対側は横須賀ですものね。


.. 語るには本当は実検が必要なのですが、とりあえず写真にて。米軍の航空写真1946年のものと現在を比較したものをアップしました →http://imgur.com/a/P1K7n

現在の花壇と猿の檻の場所は砲座と思われ、地面の影の方向で円形に窪んでいる構造物と推測できます。中央には高射砲を据えた台座らしき影も。

それに対して、現在の展望台の部分は少し雰囲気が違ってただの浅い窪みか?。おそらく、指摘のように測距儀とか算定具など射撃指揮装置を据えた場所だったのでしょう。2つの砲座との関係や見通しのきく場所であることなど、その条件を満たしています。もしくは、低空から近づく艦載機を威嚇射撃するための簡単な銃座だった可能性もあります。いずれにせよ、水平射撃から身を守るために少し掘り下げた大きなトレンチ状の場所だった思われます。

ブログの本文で触れた時点で既に気になっていたのですが,
いかにも70年代のデザインの展望台、それを作るとき、さすがに戦前の鉄筋が入っていないコンクリートを基礎に利用する設計では建築許可がおりないはず。トレンチ状の窪みは新しい基礎のコンクリートを流し込む鋳型として利用されたと推測します。

花壇は半地下状の砲座に土を入れて、巨大なフラワーポットとして整備。
猿の檻は、半地下状のコンクリート構造物がまさに砲座そのものの転用のように思えます。猿の隠れ家になっている擁壁の穴はおそらく弾薬保管庫。

似たような構造物がないか探したら、広島の呉に同じような高射砲陣地が残存していました。

→螺山(つぶやま)砲台跡:https://blogs.yahoo.co.jp/kuhiko5107279/41100044.html

螺山砲台から眼下に見える海は、奇しくも「小坪漁港」と云う。
Commented by かば◎ at 2017-06-08 22:28 x
ここにさらに何枚かの写真(残念ながら拡大できない)と、時系列の記録があります。

これを見ると、一応、当初予定では3門の高角砲を据えるはずだったのが、最終的に2門しか配備されなかったということのようですね。

写真で見ても花壇と猿舎の部分が窪んで見えるので、猿島のような平坦な台座でなく、防御性を考慮して窪んだ台座だったのでしょう。で、配備された2門の分だけはきちんと台座を(掘り下げて)作り、残ったひとつは測距儀用か何かにされたのではと想像します。

ちなみに花壇の周りの溝は、たったこれだけの小さな池なのにアメリカザリガニが繁殖していて、逗子の子供たちのザリガニ釣り場になっています(笑)。
Commented by かば◎ at 2017-06-08 22:30 x
「ここに」のあとにURLを入れようと思ったのに忘れました。いや、ここってURL書き込めないんでしたっけ? 大丈夫かな? →www17.big.or.jp/~father/aab/yokosuka/kotsubo/kotsubo.html
Commented by hn-nh3 at 2017-06-10 06:10
コメント欄は写真貼ったり、リンクつけたりできないから不便です。(URL書くのは問題なかったですね)

記述を見ると、設置予定の高角砲が巡洋艦にまわされてしまったりで、しばらくは台座のみの時期があったのですね。それでも兵員は配備されて訓練とかしてたのかしら。エア高角砲。。

花壇をぐるっと取り巻くザリガニ池。公園の花壇の類型としてもあまり見ないパターン。やっぱり台座の構造が造園設計に影響を与えてるのでしょうね。
by hn-nh3 | 2017-06-08 05:00 | 構造物 | Comments(5)