断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

披露山公園、あるいは小坪防空高角砲台(前編)

d0360340_22404103.jpg
先週、久しぶりに逗子。用事もそこそこに、ちょこっと大きく寄り道して山の上の披露山公園へ。今まで何度も近くを通っていたというのに、ちょっと小高い尾根の上にあるため素通りしてたのは不覚。

d0360340_22523237.jpg
SF的なフォルムの展望台があったり、孔雀や家禽類の小屋とか猿の檻とか、公園としても古きよき時代の名残を残していい感じなのですが、湘南の海を望む高台にあるこの公園、戦前の高射砲陣地の遺構を利用したものらしい。聞けば、園内にある直径12mの円形の花壇、猿の檻、展望台は12.7cm高角砲の砲座を利用してつくられたものなのだとか。

d0360340_04330508.jpg
国土地理院の航空写真、戦後すぐに米軍によって撮られたものと、現在の比較。この前の記事で使った写真よりもう少し形がよくわかるものがあったので、差し替えてみました。花壇、展望台、猿の檻が、3基の円形砲座の上に作られていることがはっきりとわかります。影の形から地面が丸く掘り込まれたトレンチ状の構造物であったこと、現在、展望台となっている部分には丸い砲座の穴に隣接して小さな丸い構造物が2つ確認できます。機銃座でもあったのでしょうか。

この陣地がいつ作られて、どのような装備があったのか、
このサイトに詳しく書かれています。→ 高射砲陣地と防空砲台>小坪防空高角砲台

昭和17年に3基の12.7cm連装高角砲を予定して陣地が作られたものの、配備予定の砲が巡洋艦高雄に回されてしまって、しばらくは探照灯と測距儀のみの状態だったようです。結局配備された砲は2基、残るもう一つの砲座には測距儀や高射機(軌道計算をするもの)などが据えられて観測所として使われていたようです。
上記サイトによると昭和20年8月の終戦時の装備は以下の模様。
*12.7cm連装高角砲2基、弾596発、95式陸用高射器1、ステレオ式4.5m高角測距儀1、96式150cm探照灯2基、25mm連装機銃2基、弾5395発。

d0360340_05083074.jpg
公園の猿の檻を覗き込むと基壇部は円錐型をした半地下状のコンクリート構造物。砲座がほぼそのまま残ってるのを見ることができます。檻の寸法から推測して深さは1.8m前後。現在はサルの隠れ家になっている8つの窪みはおそらく弾薬の仮置所。下に降りる階段も当時からのものか。

d0360340_12174443.jpgネットで見つけた写真(出典:大津島高角砲台遺構)。館山の高角砲陣地の写真と思われますが、まさに同様の構造物。半地下の砲座に連装高角砲。側面に四角い小さな横穴があるのも同じ。砲座の周りには掘った土を利用したのか、低い土塁も写ってます。小坪の砲台陣地にも土塁らしきものがあったことは、前掲の航空写真で判読できますが、現在は公園として整地されたので土塁の痕跡は消失。

d0360340_05321718.jpg
ちょっと図面を起こしてみました。直径12mという寸法は公園にあった看板の解説から。ざっくり計測した寸法とも一致します。深さや細部寸法は猿の檻の外からの目視推定。砲座の中央には高角砲を据えるためのコンクリート台座があったはずですが、現状確認できず。89式12.7cm連装高角砲をアバウトに配置してみました。この型式の高角砲が配備されていたのかは資料不足で推定です。

画像ではサイズ感がわからないと思うのでPDFでダウンロードできるようにDropBoxのリンク貼っておきます。

小坪高角砲台_170701.pdf

A3サイズ、100%でプリントすると1/72の縮尺、飛行機のプラモなどで大きさの比較ができます。
50%縮小でプリントすると1/144になるので、ガンプラと並べるならこのサイズ。
A4(72%)で出力するとほぼ1/100。


d0360340_12402227.jpg
展望台の足元にも砲座の痕跡らしき構造物。円錐型のコンクリート擁壁の上部が展望台の基礎の周囲に露出しています。高角砲の台座と気がつかなければちょっと変わった展望台の基礎の段差という感じで風景に溶け込んでいるものの、表面が荒れたコンクリートは周囲とは明らかに違う表情。

台座を埋めて作ったと思われる花壇は植え込みの周りをぐるりと細い池で囲まれた、砲台の形が由来のユニークなデザイン。
戦後に公園施設として作られた猿の檻、展望台、花壇に、3基の高角砲台座がどのように化けたかは、次回でまた詳しく。
(つづく)
d0360340_14433641.jpg


Commented by かば◎ at 2017-07-02 19:03 x
おおおおお。
これは!

猿舎は、高射砲台を掘り下げて大きく作り替えたものなのかと以前はボンヤリ思っていたのですが、
むしろここまで原型をとどめたものだったとは。
図面は早速DLします。

今度「かばぶ」でも使わせていただいていいでしょうか(こちらにもリンクを張りますが)。
Commented by hn-nh3 at 2017-07-03 06:06
手前のオリの高さを測ってそれを基準にしての目測、展望台各部をレーザー距離計で寸法取りなど、現地で1時間ほど程度の観察。情報精度はその程度とご理解ください。

ソースの出所が不明だと気持ち悪いので図面隅にクレジット記載してますが、フリー素材的に使用していただいて構いません。リンクの有無も文脈によって判断はお任せします。

>かば◎さん

気になったので見てきました。帰りの湘南新宿ラインの中で図を起こして..と思ったものの描ききれず1週間ほど引っ張ってしまいました。ご存知のことも多いかと思いますが、ご教示いただけると嬉しく思います。
by hn-nh3 | 2017-07-01 14:59 | 構造物 | Comments(2)