断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

月にiPhone

d0360340_07335894.jpg
昨日の皆既月蝕。何でも「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という特別な月だったらしい。空にiPhone向けて撮ってみたら、ただの小さな赤い点。ちょっと物足りなかったから月の軌道を加筆してみたよ。

iPhoneでの写真撮影。日頃は不自由を感じることもなく便利でこのブログの写真も半分くらいはiPhoneで撮った写真を使っているけど、こういう時は光学望遠レンズを積んでない弱みを感じますね。月にiPhone... 完璧無比なものはないことの喩えか。

せっかくの月だし、とズームレンズ付きコンデジを空に向けるも暗い夜空にセンサーが惑わされてシャッターが切れなかったり、カメラのプログラムが余計な気を回してISO感度をあげるもんだから画質は荒れるわでさっぱり使い物にならず。マニュアル設定で調整しながら撮ればいいのだろうけど..... それに比べて空に向けるだけで大きさ以外は普通に月蝕が撮れてしまうiPhoneの優秀さとは一体何だろう。ブツ撮りの時に樽型収差とかに悩まされることもないし。

愛用のiPhone6S。最近やっぱりのキルスイッチが入ってしまったらしく、どうもカメラの反応が鈍い。GoogleMapも途中でよく落ちるし。潮時なのだろうけど、この時期に買い換えるのはちょっと迷う。まだまだ発展途上のⅩにするのか外見的には変化のない8にするのか...

d0360340_08341106.jpg
皆既月蝕記念にRed Iron Modelsのレジンキット、スプートニク1号を組み立ててみました。パーツ構成など以前の記事:Спутник-1を参照。

組み立てはいたって簡単。半球状に2分割された本体を貼り合わせて、4本のアンテナ基部をはめ込みます。ガイドの穴がちゃんと穿たれて位置も違わずセットできるのは嬉しい配慮。アンテナのロッドは0.5 mmのピアノ線に置き換えました。キットにはアンテナ用に丸めた銅線が同梱されてましたが、それではヨレヨレになってしまうでしょう。
アンテナの取り付け部にドリルで穴を開けないと弱いかなと追加工作が億劫になってたのですが、見れば何と、ちゃんと差込み用の穴がレジンパーツに空いてるじゃないですか。そんなこんなで組み立ては15分ほど、月蝕の間に完了。

スプートニク1号。アルミニウムの球体に4本のアンテナがついてますが、実寸で2.4mのアンテナが2本、2.9mが2本という構造。電波の送信用と受信用なのかなと思って調べてみたら、どちらも送信用。20メガヘルツと40メガヘルツの2つの無線送信機を積んで地球に向けて電波を発信、世界各地で観測されたそうです。

地球からの応援の声も聞こえず、暗い宇宙の中で僕はここにいるよと電波を発し続けていたのね.. 宇宙を初めて飛んだ人工衛星の孤独を知って、ちょっとしんみりとした月蝕の夜でした。


by hn-nh3 | 2018-02-01 18:24 | 模型 | Comments(0)