断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

Before After, After Parts (KV-1 vol.2)

d0360340_18110288.jpg
なんとなく作り始めてしまったKV−1。2、3日で形になってしまうのかと思いきや、調べ始めるとそれなりに手をいれる必要ありそうなところも見えてきて、気になることころをチマチマと工作中。
d0360340_18511125.jpg
KV-1 1941年型の76.2mm砲身はZIS-5。キットの砲身もスライド金型つかって砲口が開口されているのですが、今回はアフターパーツの金属砲身に交換。

d0360340_18574922.jpg
というのも、キットの砲身の穴は偏心していてなんとなく気持ち悪い。幸いRB-Modelから安価なアルミ削り出し砲身がリリースされているので、迷わず購入しました。ライフリングも切ってあったりして、キットの砲身を修正する手間暇考えたら、こっちのほうが断然お得。

ただちょっと困ったことに、このアルミ砲身。タミヤ用につくられたのか、パーツの基部の形がトラペのキットにはちょっと合わない。キットにあわせてパーツの基部を細く削りこむ必要あり。

d0360340_19122715.jpg

d0360340_19115168.jpg履帯はMasterClubの連結式メタル連結式。スプリットタイプと言われる、2分割のピースとノーマルなピースを交互につないでいくタイプで、1942年型でよく見られる履帯ですが、1941年型でも使用例を確認できます。

履帯幅は700mmで1/35だと2cm。高精度な造形で右のキットの履帯と比べると、段違いにリアル。トランペッターのキットのものも悪くはないのですが、こうやって比べてしまうと...

d0360340_19244586.jpg

d0360340_19325868.jpg2分割のピースにはセンターガイドがないので、ガイドが1つおきに見えてくるのが、スプリットタイプの識別ポイント。交互ではなく10個おきぐらいでつないでいる事例も見かけます。ピッチはトランペッターのキットと同じで、キットの駆動輪に問題なく嵌ります。

MasterClubのメタル履帯はあらかじめピン穴があいていて、レジンボルトを差し込んで連結していく形式。フリウルなどの針金でつないでいく方法に比べてリアルな仕上がりですが、組み立てには手間がかかりますね。フリウルの履帯はテレビ見ながらでも組み立てられるけど、MasterClubはヘッドルーペ無しではまず不可能。

d0360340_19444006.jpg
d0360340_19445497.jpg転輪は全鋼製タイプ。緩衝ゴムも省略されたタイプで乗りごごちはどうだったんでしょうね。
キットのもの(左)は厚ぼったくで実感を損ねているので、外周と三角のリブのエッジを削り込んで薄く見えるように修正(右)

拡大してみると、厚みが均一でないとかアラは見えますが、この程度であれば塗装してウェザリングしてしまえばまあ気にならないと思います。外周のリムは内側から削り込んだほうが本当はいいのだけど面倒なので外側を削ったので直径が0.5mmくらい小さくなったかも。

d0360340_19520059.jpg
車内の増加装甲。操縦手前面の装甲板は事例を見ると、砲塔リングの保護のためなのか天板より上に伸びているタイプが多いので、プラ板を貼り足して再現。と、作ってみたところで、ライトコードのスリットの位置が実際と異なることに気がつきました。おそらくはキットは1940年型とパーツを共用していて、1ライトコードの位置が1940年型のままになっているのか.... 開けたコード用のスリットを埋めて作り直し。

事例写真をキットの寸法にあわせてPhotoshopで遠近補正。修正用の型紙を作成。

d0360340_20050694.jpg
d0360340_20074642.jpg
型紙と合わせながら、配線用スリットの位置決め。増加装甲の機銃マウント周囲の丸い切り欠きが少し小さかったのでカッターでカリカリと穴を拡張。増加装甲を本体に貼ってしまった後の修正作業だったので、意外と手間がかかった...




Commented by はい人28号 at 2018-04-28 22:33 x
さすがに凄まじいアプローチです。私のIS-2などはインターネットの写真と青木先生のレクチャー、10年前のAM誌、これだけでゴソゴソと進めております。これが完成したらトランペッター KV11940年型に挑戦してみようと思います。
Commented by hn-nh3 at 2018-04-29 07:59
はい人28号さんの制作するIS-2/1943年型は青木氏監修とはなんとも贅沢な制作環境ですね。好キットに恵まれないバージョンだけに完成したときの達成感は大きそうです。

それにひきかえ私の制作しているKV-1鋳造砲塔1941年型はチマチマとした修正の果てにタミヤのオールドキットに近づくだけなのではという疑念から逃れられずにいます...(笑)

まあ細部のカスタマイズや塗装/マーキングなどでオリジナルな作品にはしたいと思ってますが、またそれが深い沼の縁を歩く羽目に...
by hn-nh3 | 2018-04-24 20:24 | KV-1戦車 | Comments(2)