断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

難民カート

d0360340_18490268.jpg
MiniArtからメールマガジンが届きます。何か登録したっけな?と思いつつ、好きなメーカーではあるからそのままにしてますが。

LUGGAGE SET(No.35582)がもうすぐリリースとのお知らせ。2018年のカタログにホワイトバックのモデリング画像で発表されたときになんとなく気になってましたが、このボックスアートを見て、やっぱりそうなのかと。
タイトルは1930〜40年代荷物セットとなってるけど、廃墟の街を背にした荷物は、夏のバカンスのためのものではなく、これは故郷を追われる人々の荷物なのだと。
d0360340_19002460.jpg

d0360340_19281217.jpg難民の話はこの前の記事:荷車メモ で少し触れましたが、このキットから想像されるのは1945年のドイツ人追放

敗戦で1200万人とも1600万人とも言われるドイツ人が旧領土や占領地から追放されたと言われています。当時のドイツ人の5人に1人くらいの人が住む場所を失った、ということでしょうか。着の身着のまま身の回りのものをカバンに詰めて、ベビーカーにもありったけの荷物を積んで西に移動する姿が写真に残ってます。

王道楽土の開拓からの引き輪げではなく、戦争の結果の国境変更により故郷を追われた人々。ドイツ国境は戦後に東側がごっそりポーランドになってるんですね。ポーランド自体も東半分をソ連に持ってかれて西側をドイツから得て、国自体が西にスライドしてるような有様。フィンランドも然り。国境はあくまで結果です。
そうしたヨーロッパの状況を知ると、北の島々が元の持ち主に返されるなんて幻想だってのがわかります。まあ元の持ち主って誰?という話もあるけど。

d0360340_19244076.jpg
もちろんキットの使い方はそれだけではないし、モデリングとしての個人的な興味の範疇は荷車系のベビーカーと小型カート。

キットのパーツランナーを見ると、MiniArtらしい繊細さでベビーカーの華奢な感じがうまく表現されてますね。PEパーツに走らずプラパーツのみで再現できるのは嬉しいですね。ハンドルは折れてしまいそうな細さでさすがに真鍮線で作り直したほうが良さそう。

スケルトンタイプの小型カートは牛乳缶セット(No.35580)に入ってるのと同じもので、ゴートカートとかドッグカートと呼ばれる当時一般的なタイプのもののようです。キットの箱絵のようにジャガイモ袋を積んでもいいしトランクを載せてもいいし、毛布を自作して積み込んでもリアル。

d0360340_19350717.jpg
ベビーカーと小型カート。前回の記事の時は「農業用カート」で検索しても当時の小型カートの写真をなかなか見つけられなかったけど、「難民」をキーワードに検索すると荷車やベビーカーの写真が続々と出てきます。キットと同じスケルトンタイプの4輪の小型カートの写真も見つかりました。
d0360340_01410636.jpg

d0360340_19434443.jpg上の写真は1946年7月、チェコからドイツ本国に向かう人の列。ベビーカーで荷物を運んでいる人の多いこと。確かに、普通の一般家庭にある車輪つきのカートというとベビーカーぐらい。

キット化されたタイプも見かけます。側面の模様に違いはあるものの一般的なメーカーのものだったのでしょう。それがどこのなにかまでは突き止められず。

ベビーカーやカートが写っている動画も見つけました。


d0360340_20181075.jpg
敗戦後のベルリン。避難先から戻ってきた市民でしょうか。3:45秒にベビーカー、3分50秒と4分00秒にカート、5分10秒頃にベビーカー。街はまだまだ廃墟。破壊された車両も転がったまま。ガソリンなしで動けるから便利なのか、自転車乗ってる市民が目に付きます。


その他、こんな写真を見つけました。
d0360340_20335516.jpg
1945年3月、ドイツ国内ベンスハイム。廃墟を前に呆然とする女性の名前はアンナ・ミックス。64歳。写真はWikimedia Commonsより。

この人、どこかで見たことある、と思ったら、これ。
d0360340_20393998.jpg
MiniArtのフィギュアセット:1930~40年代のドイツ市民(No.38015)。真ん中のお婆さんのモデルですね。といっても全く同じではなく、モデルの女性は60代のメガネをかけたシルバーマダムですが、キットではもう少し年配、70過ぎの老婆といった感じで脚色されてます。

彼女に限らずMiniArtのフィギュアには当時の写真の中にモデルがいたりするので、ひょんなところで出会ったりすると楽しいですね。右端の警官もキットにコンパーチブルで入っている制帽をかぶった姿でいるのを、上記の記録フィルム(5分05秒頃)の中で見かけましたよ。

d0360340_09361679.jpg

去年のSUMICONの時に作ってみたもの。フィギュアの塗装は出戻り後初めてだったので、顔の塗り方とかまだまだですね。すべて油彩です。右手の杖は真鍮線で作り直してあります。使うシーンにあわせて左手の角度はキットのオリジナルのポジションから少し調整したと思います。

フィギュアは塗装作業とベースへの固定のために足裏に打ったピンを洗濯はさみに固定して写真を撮ってますが、ピンなしでも自立するように足先の向きとか微妙な角度を調整してます。これに限らず静止した立ち姿のフィギュアは足の角度や腰とか背中の向きを微調整して、支えなしでも自立するように調整するといい感じになります。両足がつくる台形の地面のエリアに重心を納めればフィギュアは自然に立つようになります。

もちろん実際の人体とフィギュアでは身体部位の重量バランスが違うので厳密には違うのですが、人間が立つというのはそういうことですから。自分の中の言葉では「重心が見えるようになる」までポーズを微調整します。
歩いている、動いてる姿勢の時は、重心を足先から外すようにします。外れた重心に向かって身体を移動させて再び安定させようとする随意反応が「運動」だから。

d0360340_06145576.jpg
製作記事:Grille弾薬運搬車改造3.0cmFLAK 1945.5 Praha

1945年5月、戦争終結時のプラハで我が身の行く末を案じるドイツ系女性、という設定で登場してもらいましたが、見立てはだいたい間違ってなかったですね。

この時は、車両の塗装やジオラマベースの製作そしてフィギュアの製作など、最後はバタバタでろくに製作記事も残さず完成させてしまったので、どこかで機会をつくってそれも書き留めておきたい気もします。車両に載せた新聞とかパンの「焼き方」とか、いつか忘れないうちに。


Commented by デビグマ at 2018-05-28 08:41 x
重心の話、納得です。しかしあのお婆さん、モデルがいたんですね。ミニアートの小物シリーズ、またニクいものを。それほど使いもしないのに欲しくなってしまいます。基本的にミニチュアが好きなんですよね。。
Commented by hn-nh3 at 2018-05-28 19:31
東欧の家財道具(MiniArt No.35584)を使うあてもないのに買ってしまいましたよ。サモワールとか欲しかったし( 笑)
本当はそっちのレビューでもしようかと思ってたのですが、つい車輪の付いたものが気になってしまうので......

「重心」の話は、偉そうに書いてみたものの正直よくわかってないのです。
Dragonのフィギュアは箱絵のボルスタッド氏のイラストは素晴らしいのですが、フィギュアを組んでみると(モールドはキレキレだけど)どこか棒立ちの感じがします。
それとMiniArtのフィギュアを比べると、モールドのキレはDragonに及ばないもののどこか人間臭い感じがあるんですね。
その違いが、重心の捉え方にあるように思ったのです。
Commented by たんくたんくろう at 2018-06-04 16:18 x
わーお、あのおばあさんにはモデルがいたのですね。
確かに市販のフィギュアにはもとになったモデルがいるようでそれを当時の写真から見つけるのも面白いですね。
それでも民間人までモデルがあったとは驚きです。
ただこのおばあさん大柄すぎてケンシロウ曰く「お前のようなババアがいるか」です。
Commented by hn-nh3 at 2018-06-04 21:17
民間人のフィギュアにもモデルがいたとは自分でもちょっと驚きでした。
たんくたんくろうさん、こんばんは。

ふと思ったんですけど、むしろ民間人のほうがモデルは必要なのかな、と....その当時の服装の着こなしのリアリティは、実在した人に勝るものはないですしね。軍装のようにパターン化したものと違って。

兵士にしてもパンツァジャケットの着崩しかたとか、記録写真を参考にフィギュアをすこしいじると人間臭くなりますよね。

MIniartのばあさんがでかいのはご愛嬌。「お前はもう死んでいる」とケンシロウに言われること必至。あ、さすがにまだ存命という歳ではないか。
by hn-nh3 | 2018-05-26 09:41 | 資料 | Comments(4)