人気ブログランキング |

断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

四谷の穴

d0360340_18180906.jpg
そろそろ梅雨が始まるのか、空の青さは先週までの四ツ谷駅。ここで降りるのは迎賓館にお呼ばれする用事か、四谷仙波堂に探し物を見つけにいく時ぐらい。前者は未だ話はなく。

d0360340_18275712.jpg
地下鉄、丸ノ内線の改札を出ると相変わらず目の前には巨大な穴。普通はタクシーロータリーなどありそうなものだが、この駅前はというと、四谷見附の交差点に面して周囲から陥没した30mほどの雑草の生えた穴が空いているのだ。

d0360340_18361189.jpg
Google Mapで見るとこんな感じ。都心の一等地に意味不明の三角形の穴の空いてる謎。Google先生に聞いてもよくわからないんですね。昔ここは江戸城の外堀だったところで地盤が悪くて建物が立てられないとかそんな都市伝説めいた話があるぐらいで。少し前に気になって調べたときはいくつかヒットした話も、もう一度調べたらその記事もなくなってしまっていて、この穴のことはもう誰も気にしていないのか気にしてはいけないのか。

d0360340_18444679.jpg
穴が空いてる理由を考えてみます。画像はiPhoneアプリの「東京時層地図」から。現在から明治までの地図や航空写真などが重ねられていて場所の移り変わりがとてもよくわかるので好きなアプリです。

左が現在の地図。赤い丸で囲んだところが穴の空いている場所。中央の地図は明治16年(1883年)頃の地図。そこが旧江戸城の外堀であったことがわかります。右の図は現在と過去を重ねたもの。外堀だったところにJR中央線(旧甲武鉄道)を通して四ツ谷駅をつくり、戦後に地下鉄の丸ノ内線が開通して地下鉄の四ツ谷駅ができて、その二つの駅に挟まれた部分に、その穴が空いています。

外堀の水面だった部分、かつての堀の底なので地盤が悪くて建物を建てるのに向かないという説もあるようですが、そんなこといったら湾岸の埋立地なんて地下数十メートルまでの杭を打って建物を立ててるぐらいだから今の技術をすればなんら不可能はない話。それに外堀のこの部分は台地を掘削して作ったものだから堀の底には硬い地面があると想像します。これを地盤が悪いといったら、干潟に木杭を打って建物建てたベネツィアなどは未だ水の底。

d0360340_19003105.jpg
同じく「東京時層地図」から空中写真と地図。右の地図は明治42年(1909)年の姿。中央線の線路敷が堀を横断しているのがわかります。その頃は例の穴の部分はまだ水面。中央の写真。終戦直後の昭和22年(1947年)に米軍が撮影したもの。

d0360340_19585924.jpg四ツ谷駅付近を低空から撮った写真。前に紹介した「米軍が見た 東京1945年秋」に掲載の1枚。1945年8月25~9月1日撮影。

四谷見附の交差点の手前、この頃はまだ地下鉄丸ノ内線はなく、穴のある場所は、外堀を埋め立てた低地の状態。戦時中につくったのかその頃は畑になっていた様子。

その横の中央線のホームの手前に、今はない跨線橋が確認できます。現在の迎賓館方面に抜ける出口が当時はあったのでしょうか。

昭和38年(1963年)の空中写真を見ると、地下鉄丸ノ内線(1954年開業)が見えます。この部分は地上に現れる地下鉄の線路敷とその上に高架状につくられた丸ノ内線の駅舎。穴の部分は、鉄道用の付属施設でしょうか、いくつかの建物が並んでいるのが見えます。
(写真と図版はいずれもクリックで拡大)
d0360340_20454045.jpg
d0360340_20504304.jpg
1979年と1984年の写真では穴の中の建物はいちど消滅して、1992年には再び現れて現在はまた無くなってます。

ゼンリンから発行されている最新の地図に穴(黄緑に着色した部分)と昔の江戸城の外堀の位置を青い点線で重ねてみました。堀割りのラインは明治の頃の地図を参考にトレースしただけなので、あくまで位置は目安。変遷を見ると、元々の堀割の地形が残る穴の底は、今まで建物が全く建てられなかった訳ではないけど、結果として空地になってしまっているようです。

駅ビルとは言わないまでも穴を埋めてしまってタクシー乗り場にしたら便利なのにとか、せめて駅前広場ぐらいには整備したらいいのに、とも思いますが。ひょっとして穴のままにしておかないといけない理由があるのか?

穴の下には迎賓館へと続く秘密の地下トンネルがあって塞ぐことができない...とか。穴の底にはたどり着けた人の願いが叶う秘密の小部屋があるのに階段を降りて行った人たちは誰も帰ってこなかった...とか。戦時中に動物園から逃げた象が今もかくまわれている..とか。

人知れず囁かれ続ける都市伝説のように妄想は膨らむものの、見えているのはただの空虚な穴。(後編に続く

d0360340_22042861.jpg



Commented by かば◎ at 2018-05-31 23:19 x
何年か前に、「近々、あそこ工事するらしい」という話があったらしいんですが、でも、なんか始まる気配ないっぽいですね。
Commented by hn-nh3 at 2018-06-01 05:53
ホームのほうはいろいろと工事が行われるようです。
その結果、ホームから桜が見えなくなるとか、旧御所トンネルが見えなくなるとかならないとか。

駅前の穴の部分も、ひょっとしてもう工事は終わってるのかもしれませんよ。穴の底に雑草を生い茂らせて「都心に酸素を供給する機能を強化する工事」とか。(笑)
by hn-nh3 | 2018-05-31 22:40 | 構造物 | Comments(2)