断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

KABELWERK OZAROW(8月のワルシャワ 続編)

d0360340_13192520.jpg

d0360340_15274864.jpg
このところ模型作る暇なし。製作中のもろもろも絶賛放置中。
だから新しいプラモの購入も控えてたのですが、こいつだけは買ってしまいましたよ。最近発売のMiniartのケーブルドラムセット(no.35583)。
自分では勝手に難民セットと呼んでるMiniartのラゲージセット(no.35582)も一緒に買ったのですが、これはまた改めて紹介するつもり。



d0360340_15361668.jpg
今回はケーブルドラムの話。こんなキット、誰が買うんだろうと思わないでもないですが、買いましたよ、買ってしまいましたよ私。前に記事でネタにした手前、多分に責任払いで買った感は否めないのですが.....
で中身はこんな感じ。組み立て説明書とデカール。そして大小のケーブルドラムのパーツ半分が収められた小さなランナーが6枚だけ。とてもシンプルな構成で、これだけかよーというくらいの潔さ。
d0360340_15421659.jpg


d0360340_15430857.jpg
ランナーはこんな感じ。裏と表のディテール。ケーブルドラムは左右対象だから2枚一組で形が出来上がります。大きなドラムが3つ、小さなドラムが3つ。木目も表現も雰囲気は悪くないです。
構成はシンプル。左右のディスクと中央のドラム部分。ドラムは4つのパーツをあわせて樽型をつくるのですが、小口のところに有るか無きかのごとく小さなポッチがあって、これが左右のディスクと合わせる時の組み立てのガイドになる仕組み。しかし整形時にできたバリと間違えて思わず削り取ってしまいそうな小ささなので要注意。はい、私も一つ削ったところで気がつきました。

ディスクの部分をちょっと注意してみてください。ディスクの裏と表(写真のランナーの上と下)は板の方向が90度ずれてるんですね。ディスクの裏と表で木目方向が90度回転しています。これはMiniArtが金型の制作を間違えた、ではなく、裏と表で方向を変えた板を貼り合わせて一枚のディスクを作った構造を再現しているようです。合板などで繊維方向を90度違えた薄板を貼り合わせて強度を出しているように、ケーブルドラムのディスクも板を貼り合わせて作っているようです。

d0360340_16101414.jpg
ディスクの小口にはラインが走って、板の貼り合わせでできていることがわかります。こういうのは作ってみて初めて気がつくことですね。貼り合わせ部分のモールドですが、さすがにこんなものにスライド金型を使う訳にもいかなかったのか、裏と表でサイズを微妙に変えて段差で表現しています。パーティングラインだと思って削り取ってしまわないように注意するところ。
小口にはちょこっとだけ筋彫りして板の合わせ目を追加工作。加工が雑なのは息抜きモデリングなので勘弁してください。30分で作りました。

そして完成。ごろんとしたこの物体。いいですねー。なんとも言えない抽象感漂ってます。以外と好きかも。ティーガーよりもこういうのに血が騒いでしまうのは何故でしょうか。

d0360340_16173523.jpg
大きさを比べるために作りかけのHetzerと並べてみました。はい、これを見て意味がわかったらポーランド人から握手を求められます。たぶん。

d0360340_16271198.jpg
このシーンの再現です。1944年のワルシャワ蜂起の時にポーランド国内軍が鹵獲したHetzer、 Chwat号とケーブルドラムでできたバリケード。前に記事:8月のワルシャワ8月のワルシャワ(vol.2)でも書いているので、そちらも参照。

d0360340_16320589.jpg
Hetzerのキットはプラハ蜂起軍用に作っていたものに、今回急遽出演してもらいました。だから砲身もついていなくてとりあえずのサイズ比較用。履帯がない分だけ若干高さが低めになってしまっていますが、ドラムとの高さはだいたい同じで、このシーンを再現しようと思えば、このケーブルドラムのキットは流用できそう。小型のケーブルドラムはこのシーンには登場しないのですが、今回はキットレビューでもあるので友情出演。

d0360340_16423061.jpg
ディテールの検証。左右のディスクは6本のボルトが中央のディスクをはさみ込む構造となっています。バリケードでつかわれているもの(図の左の写真)は、、MIniArtのキットのもの(図の右)のボルト位置よりも円の中心に近い。ドラムの内側にボルトが配置されるので、ドラムの構造と関係があるのであれば位置の違いがドラムの直径の違い、というようにも読み取れるのだが、ドラム径の違いがあるのかは他のアングルの写真でも確認はできず。

このケーブルドラムにプリントされている文字が「KABELWERK OZAROW」というワルシャワ南郊の街にあるケーブル工場であることは前回の記事で判明。そして今回は文字の再現。
d0360340_16534286.jpg
KABELWERK OZAROW.pdf (クリックでダウンロードできます)

Miniartのキットのデカールには「KABELWERK 」はあったのですが、せっかくならやってみよう、ということで「KABELWERK OZAROW」という文字をイラストレーターで1/35サイズで制作。


d0360340_17012489.jpg
似たようなフォントをパスにそって配置するだけで簡単に作れるような気がして作業を始めたものの、Oの文字が円に近かったり、EやWなど癖のある形をしていて類似フォントが見つからず、結局、EはCを加工。AはUを逆さにして、WはUを並べて制作。AやWなどはもう少し微妙な曲線でできているような気もするのですが、それを始めるとエンドレスになるので、とりあえずは当たらずとも遠からず程度で妥協。

ステンシルの繋ぎの脚も写真を見ながらなんとなくの再現。型板が浮かないようにするためか、よくあるステンシル文字よりも脚が多めですね。上の図面はPDFの1/35スケール原寸ファイルでDropBoxよりダウンロードできるようにしておくので、興味のある人はエッチングで型板つくるなりしてみてください(笑)

ちなみにバリケードで使われている3つのケーブルドラムですが、左側のものはMiniartのキットと同じディスク中央部の座金が角形タイプ。しかし、右の二つは丸い座金。このシーンを本気で再現するときは忘れてはいけない大事な改造ポイント。

Commented by かば◎ at 2018-08-12 09:17 x
おおお。
仮に並べてみた感じ、よいですね~。
思わず、「ドラムの横からフワット~」とか(「おどる**ポコリン」の曲で)歌ってみたくなります。

>>多分に責任払いで買った感は否めない

うははははは(^^;
まあ、そういうことってありますよね。

私は昨日、IBG新作のTKSを某店で見かけたのですが、足回りが一体の「イージー版」しかなく、購入しませんでした。うーん、残念。
Commented by hn-nh3 at 2018-08-12 12:23
IBGの新しいTKSは、おぉ発売されとる!と思ったものの、今回リリースのものは足回りがロコ組一体成型のイージーバージョンでしたね。1/35でも普通の車両の1/72ぐらいの大きさだから、まあこだわらなければそれで十分なのかもしれませんが。

履帯の連結組立式バージョンのリリースは来月くらいかしら? かば◎さんがTKSをスルーしたら、全国100万のかばぶ読者は黙っちゃいないでしょうね(笑)

MiniArtのケーブルドラムはよいキットでしたね。楽しめました。パーツをニッパーで切り出して(こだわらなければ)接着剤塗ってパーツを合わせて即完成。プラモはこうでなくっちゃ..

ちなみに実物は左右のディスクに桶のタガのような役目の円形の溝が彫ってあって、そこに板を立て込んでいくとドラムが組みあがる構造になっているようです。Miniartもこの仕組みを再現してくれていたら組み立てはもっと楽になるし、半壊状態のドラムも再現できたりと、もっと楽しめたのに。

Chwatバリケードの写真をよく見ると、ドラム固定ボルトは四角いワッシャー付きですね。図面直さないと...(笑)
Commented by hiranuma at 2018-08-12 14:34 x
TKS:豆戦車ですね。
かば◎さんとhn-nhさん好みのアイテム。
あの人も好きそうですね。
私も最近そちらへ引き込まれつつの感じがします、、

たかがケーブルドラムと言えども見ていくとそれなりの構造に裏打ちされているのですね。
観察眼は必要悪なのか!?
模型を趣味にしている以上何かしらの制約と目指すべき(価値観や技量、知識で個人差がある)カタチがあると思うのですがたかが牽引フックの形がフィットしないので作ってみたらそれが間違いで完成していたものを削り落として作り直すのは自由度の高いプラスチックモデルだからこそと勝手に納得している時間の無駄遣い(自分ではそうは思わない)をしています。
Commented by hn-nh3 at 2018-08-12 22:48
ケッテンクラート、1号戦車B型など、hiranumaさんも小さい車両好きなのかしら? 小型車両ならではのディテールの凝縮感は楽しいですよね。

重戦車は苦手です。ズベズダのT-35なんか、ペーパーがけしている間に息切れしましたよ。もう重戦車は作れない身体なのかと。 それでディテールの少ないKV-1で重戦車に再挑戦したけれど..(^^!)

ディテールの追求は、見えなかったものを見えるようにする作業ですね。解像度をあげていくことでそれまで意識化されなかった形と意味が見えてきます。ティーガーのピルツェンにネジ山を切りたいとは思いませんが。

Commented by かば◎ at 2018-08-14 02:03 x
あっ。そうか。
「イージー」版が一足先に発売されたんですね。<TKS
ノーマル版はさっさと売れてしまって、イージーだけ残っていたのかと思ってしまいました。
慌てて秋葉原あたりに買いに走ろうかとさえ思ってしまいましたよ(^^;
Commented by hn-nh3 at 2018-08-14 15:43
うっかりTKSのイージー版買っちゃう人、結構いるかも。
こんな軽戦車は買う層を考えたらイージー版の需要がどれほどあるのかは疑問ですが。

それよりも通常の機銃型と20mm砲型のどっちを買うのかが悩ましい。値段は1.5倍になってもいいから、2個入り(2in1ではなく2in2)パッケージだったらいいのに
Commented by かば◎ at 2018-08-14 21:22 x
20mm砲型は虎の子の対戦車車輛として活躍した……とはいっても、結局は20輌程度しか作られていない「特殊タイプ」ですしね。
個人的には「足回りを一体化したイージー版」よりも、「車内パーツを除いた廉価版」が欲しかったな……。
Commented by hn-nh3 at 2018-08-18 12:01
>かば◎さん
>>「車内パーツを除いた廉価版」が欲しかったな

賛成ですね。さっと外側だけ組んで完成するのがこれくらいのキットには向いてそうですね。
イージー版の内部をチマチマ作って足回りは1/72的ロコ組みで割り切ってというのはどこかアンバランス。
....そうか、この3Dデーターを使ってTKSの1/72のキットもリリースするつもりなのかなぁ  どんだけ小さくなるんだろう。
Commented by かば◎ at 2018-08-18 20:59 x
IBGから72でTKS、というのは、すでに(中身がおそらくIBG製の)FTFのTKSがあるので出ない気がします。
ちなみにFTFのTKSはそれなりにいいキットなのですが、車体パーツは共通で、20mm砲型も車体上面が機銃装備型と同じになってしまっているという欠点があります。
Commented by hn-nh3 at 2018-08-19 06:54
1/72スケールは未開拓の分野なのであまり見てませんでしたが、FTFのラインナップ。ポーランド軍車両など、かば◎さん好みのアイテムがいっぱい! IBGには1/35でそんな展開を期待したいですね(売れないから無理か...)
by hn-nh3 | 2018-08-11 17:18 | 構造物 | Comments(10)