人気ブログランキング |

断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

ロシアからの手紙

d0360340_19561717.jpeg

ロシアからの郵便物。宛先はたどたどしいアルファベットの手書きで、郵便番号も名前も間違っていたよ。それでもちゃんと届くんだね。遠くロシアからはるばるやってきたよ。

d0360340_20173333.jpeg

頼んでおいたのはズベズダのGAZ-M1用エッチングパーツ。Микродизайн:MD035207
ロシア語のサイトで買い物するのは初めてだったからドキドキしました。最近のWebブラウザは翻訳エンジン積んで、自動的に翻訳してくれるからロシア語が読めなくてもなんとかなるけど、この空欄には何を入力すればいいのかな? とか、英語と違って翻訳が正しいかどうか確かめようがないのはやっぱり不安。おまけにPayPal使えなくてクレジットカード番号入力して...

なんとか手続き終えたら、程なく「まいどおおきに!発送するし待っとてね!」とちゃんと英語メールきたのでなんとかなったのかと一安心。前にCanforaで本を頼んだ時は何のメールもなく、ある日突然本が届く、というスウェーデン人のクールな対応ぶりには焦ったけど、それに比べたらロシア人は親切。
あとは出荷の連絡くるのを待ちます。

「メーカーに在庫がなかったりすると再生産待ちで半年かかることもあるかも」と、セータ☆さんからロシア方面での買い物の心得を聞いて覚悟を決めようとしていたところに、「送ったよ!荷物番号はRA********RUだよ!」と出荷の連絡がきて一安心。

d0360340_03551185.jpg

ロシアポストで荷物の追跡ができます。今どこかなーと、GoogleMapに地名を入力すると。

d0360340_04042997.jpg

空港の近くまで来てますね。12月6日に発送。12月7日に空港。おお早いじゃんこれならあっという間に着くね、と思いきや、そこで動きが止まって荷物が出国したのは12月10日。通関手続きにそんなに時間がかかるの?と思うもよく考えたら土日はお休み、ということだね。

d0360340_04162745.jpg

日本に着いたのは12月13日。西から東に飛行機が飛ぶのは、地球の自転の影響と時差の関係で都合1日余分にかかる。
通関手続きは川崎東郵便局。海外からの荷物はだいたいココ通るみたいですね。通関手続き自体は半日ぐらいと書いてあったけど、なんだかんだ通過したのは15日の午前3時。

d0360340_04233474.jpg

そして無事に我が家に到着。日本郵便の追跡サービスでみると流れはこんな感じ。12月6日に出荷されて12月16日に到着。10日間でロシアから届きました。我が家の近くで郵便局をあちこち動いたのはどうもロシア人が転記した郵便番号が間違ってたから。おかしいな.. ちゃんと入力したのに。名前だって間違ってたよ。HとNを書き違えてました、あっちはキリル文字だからね。

しかし、こっちの郵便屋さんは土日も働いてるんですね。別に急いでる荷物じゃないから日曜日に配達してくれなくてもいいのに。

d0360340_04342109.jpeg

荷物の「検品」。目的はコレ!ですよ。フロントグリルのメッシュ。エッチングはとても繊細。
ズベズダのGAZ-M1のキットは最近のズベズダらしくモールドもシャープだけど、フロントグリルはさすがにインジェクションの限界なのか抜けてはいません。実車を見ると、意外と透けていてラジエーターが見えたりするから、やっぱりここは何とかしたいねと意を決してロシアからエッチングパーツを取り寄せた次第。

250ルーブル。日本円にすると約420円。グリルのメッシュの他にエンブレム、ウィンドウのリム、ナンバープレート。インパネのスピードメーターの印刷もついてこの値段は良心的。送料のほうが高かった(500ルーブル)のは内緒です。

d0360340_04420869.jpeg

これで欲しいパーツが揃いました。あとは作るだけですね。実は、ここが一番時間がかかるところ....
郵便屋さんが急いで届けてくれたのに。

Commented by セータ☆ at 2018-12-20 21:10 x
おぉ、無事到着おめでとうございます。あとは作るだけですね(←自分も)。

日本郵便、国際郵便の配達は国内郵便とは別部隊が配達するみたいですね。
私はたぶん郵便局に「ロシアとか東欧の怪しげな郵便はアイツ」と覚えられているフシがあって、多少住所が間違っていても届けてくれます。が、たま〜にウチ宛じゃないのも混ざっていて「とりあえずアイツん家に放り込んどけ」感もまた伝わってきます(^^;)。
Commented by hn-nh3 at 2018-12-20 23:50
セーター☆さんありがとうございます。ロシアからの買い物は初めてだったけど、いろいろ情報もらってたので何とかクリアできました。20年前に .jp じゃないアマゾンに洋書を初めて注文したときのドキドキ感を思い出しましたよ。

メーカーの直販サイトなのかな? 注文の仕方にちょっとクセがあってワンストップで決済といかず、先ず注文伝票がメールで送られてきて、その伝票番号と書かれている送料込みの金額を入力して.. と、アナログなシステムに戸惑いました。

>>「ロシアとか東欧の怪しげな郵便はアイツ」と覚えられているフシがあって..

あはは。わかりますね。何だか秘密工作員みたい。
グムカの高田さんがブログで、その昔、切手の裏に戦車が写ったポジフィルムを忍ばせた手紙を受け取った...みたいなこと書いてましたけど、郵便配達の人はそんな感じで思ってるかもしれないですね。工作員というのは半分正解で模型工作員(笑)

まあ人のことは言えなくて、自宅を仕事場にしてることもあったりして一般家庭ではおよそ頼まないものを注文したり、「英語圏ではない国からの理解しがたい荷物」の配送があったり、ちょっとカタギではない風貌だったりもあって、配送の人にはすっかり面が割れているらしく、近所のスタバに行く途中に呼び止められて路上で荷物を渡されることもしばしば..(笑)
Commented by hiranuma at 2018-12-21 17:19 x
BA-20を作ってから膨らんだフェンダーを持つクラシカルなソフトスキンに惹かれます。
GAZ-M1いいですね〜真似っこになるので買うのは我慢。
しかし、エッチングのラジエーターグリルは精密でいいのでしょうが塗装のときに目が詰まりませんか?
ロシアから郵便で送ってくるとはすっかりグローバルなんですね、むかし読んでいたスパイ小説にGAZが出てきていましたが M1なのかどうなのか今度確認しなければ、、。
このキット黒塗りで仕上げるのでしょうか。
その際はどう仕上げるのか興味があります。
普段戦闘車両ばかり作っているので、ダイハツミゼットを作ったときに普通にサフを吹いてライトグリーンに塗ったら完全つや消しになってしまいました。サフは吹かずに光沢か半光沢にすべきだったと反省しました。
光沢の際はミニカーのようなピカピカではオモチャになるのでどうするか興味があるのです。
タミヤのシムカとシトロエンを民間仕様で塗ってみたいと考えています。
Commented by hn-nh3 at 2018-12-21 23:06
他に作りかけのキットが山ほどあるのに、季節はソフトスキン.. と思ったのは、他でもないhiranumaさんのBA-20を見てたからですよ(^^ )
Jミリにアップした完成写真。フェンダーを磨いたバージョンのものですね。

>>エッチングのラジエーターグリルは精密でいいのでしょうが塗装のときに目が詰まりませんか?

そう、そこがネック。サフ吹いたら、プラのモールドと変わらなくなったりして。。(笑)
サフや下塗りをとにかく薄吹きにして磨いて、を繰り返すしかないでしょうね。

黒塗りはねー。やってみたいけど、深い艶を出すのは難しそう。クリアをかけて磨くのかな?
Commented by hiranuma at 2018-12-22 00:01 x
艶を出すよりもリアルであるかというのが私の課題です。
ジオラマとしてそこに置いても実車と思えるか?
本物はスミクロというか目に見えないクスミやスミ黒があるものです。適度な埃やフェンダーの裏側、車体下部の汚れがあり車体表面も綺麗にしてあってもコーナーがなんとなく、、
これをリアルにするにはどうするか?わたには回答がありません。吉岡さんの著作には壊されたシトロエンが登場していますが戦場になった市街の瓦礫の中でクラッシュしているのです。
どの様に完成させるかによりますが、そのあたりの表現がどうなるのか興味津々(プレッシャーになったらスキルアップで)。
Commented by hn-nh3 at 2018-12-22 05:23
何もしないと塗装は原寸.... なんですよね。ミニカー的というか。

スケールモデルとして見るにはhiranumaさんのいう「目に見えないクスミ」など、時間や空間が圧縮されたことでおこる澱みのようなものをどう表現するか、なのかもしれませんね。

黒塗りの民生車が徴用されて郊外の田舎道を走った感じ、とか面白そうです。泥を跳ね上げて白くなった車体裏側やフェンダー裏側。艶のあるボディにうっすらとかかった砂埃。空の色を映し出す「翳り」のようなもの
艶々に磨き上げたグロス塗装にダスト吹きするのはなんとも贅沢な仕上げかも(^^ )

がんばって黒塗りしてみようかしら。
by hn-nh3 | 2018-12-20 05:04 | 模型 | Comments(6)