人気ブログランキング |

断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

タルチンスキ本

d0360340_16335290.jpeg

先月ポーランドの本屋さんから購入した”Pojazdy Powstancow Warszawskich-1944”
ワルシャワ蜂起の研究家:ヤン・タルチンスキさんの著書「ワルシャワ武装勢力の車両1944」2009年刊

d0360340_16401224.jpeg


17×24cm 厚みは1.7cm 168ページ ハードカバー。A4より一回り小さなサイズとはいえ、ずっしりとした本で測ったら540g。これで送料含めて2,800円ならお買い得か。

d0360340_17001529.jpeg

しかし、テキストは完全にポーランド語。全く読めません。。その意味では「可食部」は写真に限られるので、コストパフォーマンスはぼちぼち。せめて写真のキャプションに英語併記してほしかったよー。

d0360340_17044296.jpeg

目次。2ページに分かれていて、写真はその前半部分。1944年のワルシャワ蜂起でポーランド国内軍が鹵獲使用した車両が、車両ごとに解説されてます。記述は詳細なのでポーランド語が読めるとこの本の価値がわかるのでしょうが。。

ちなみに、著書のヤン・タルチンスキさんは1994年に”Pojazdy Armii Krajowej W Powstaniu Warszawskim” という本を出してます。その本は未見ですが、ネットで部分を確認する限りは構成は同じ。
今回購入の2009年版の本は、1994年版の増補改訂版になるものと思われ、どうやら新編集の本ではなさそう。

それはともかく、蜂起軍が使用した車両が1冊にまとめられていることは重要。写真の大半は現在ではネット上でも収集できるものですが、情報としてまとまっているという価値は本ならではのもの。

d0360340_17172335.jpeg

鹵獲パンター。2両をドイツ軍から鹵獲して使用したようですが、テキストがポーランド語なのが歯痒いところ。写真は半光沢のアート紙の印刷なので再現度は悪くないです。

もっとも最近の出版物で見るような「オリジナルネガからの新規スキャン」「デジタルエンハンスをかけてディテールを強調」というのと見比べると、ちょっと物足りなさを感じる写真も。
出版が2009年ですから、この10年の隔たりはそんなところに。

d0360340_17432343.jpeg

鹵獲されてバリケードに組み込まれたヘッツァー駆逐戦車「Chwat(フファット)号」のページ。
国内軍兵士に火炎瓶攻撃を受けて内部で誘爆が起きたのか、側面装甲にはヒビが入って、天板はボルトが飛んでめくれ上がってしまったのがこの写真でも確認できます(黄色い矢印)

d0360340_17471582.jpeg

後で回収されて修理された時の写真。装甲板のヒビは溶接して補修してあるように見えます。上面装甲板はめくれあがったままですね。

d0360340_17504056.jpeg

トラック(シボレー157 or155)のシャーシに自作の装甲ボディを乗せた国内軍オリジナル装甲車「Kubuś(クブシュ)」
ドイツ軍が拠点としていたワルシャワ大学に攻撃を仕掛ける、という華々しい「戦果」もあってか、ミラージュホビーからキットもでている有名な車両ですが、退却時にバリケードを通過できなくて放棄されてしまったのが残念。

ヘッツァーChwat号も回収修理して自走できるようになったものの、結局は拠点のバリケードから外に出られなくて戦果もなく役目は終わってたりと、なんだかあまり有効に使われなかったみたいですね。

d0360340_18000592.jpeg

シボレー157に装甲板を張った簡易装甲車。アンバランスなデザイン。”AK”の派手なロゴもあって模型映えしそうなアイテム。ミラージュホビーで是非ともキット化してほしいところですが、たぶん買わないだろうなー(笑)

d0360340_18052895.jpeg

DKW F5? のバンタイプの車両に派手はロゴ。救急車として使用されていたらしく後ろ姿の写真には赤十字マークの旗とキューピットのハートマークが描いてあるのが確認できて、これも模型で再現したら楽しそう。
というか、この類の非正規車両の面白さは、結局はマーキング次第なんですよね。それがなければただの普通の車両。

d0360340_18121674.jpeg

トラックの類もあれやこれや。ちょっと前に vol de nuit さんのところの記事(Archive: Vehicles in Warsaw, 1944)かば◎さんらとわいわいと車両特定をやったので、だいぶ詳しくなりました。上の写真のトラックはタトラT27。下のトラックはボルグヴァルトL1400。

d0360340_18213855.jpeg

バイクの類も。兵士が乗っているのはVictoria V98か。
個人的には横に写ってるケーブルドラムがとても気になります。前にChwat号のバリケードに使われているケーブルドラムのメーカーロゴを特定した記事も書きましたが、これはロゴの入ってないタイプでなんだか新鮮。

本のレビューは結局、この本の本当の価値であるテキストではなく掲載写真の話になってしまいました。
言葉が解るか解らないかといったら、出来たほうが100倍楽しいと思うけど、この歳になってポーランド語の勉強をしようという気にはやっぱりならないし。

記事の写真は全て”Pojazdy Powstancow Warszawskich-1944”から。
高い本ではないので興味がある人は是非、買いましょう。積んでおくだけのプラモよりは役に立ちます。

03/24追記;
セータ☆さんに携帯のGoogle翻訳にカメラ撮影>OCR読み取り>翻訳の機能があるよと教えてもらって、早速、読んでみました。鹵獲使用した車両の運用履歴など詳細に語られてます。その情報の多くはネットでも拾えたりしますが、というかこのタルチンスキ本が、そうしたネット情報のソースになってたのだと再認識。

Commented by セータ☆ at 2019-03-24 00:23 x
ご存知かとも思いますが、翻訳アプリ、例えば「Google 翻訳」とかを使えば簡単なキャプション位は iPhoneからサクッと翻訳出来ますよ。
「Google 翻訳」は下みたいな感じ。

https://www.dropbox.com/s/opiw788x4vtxyl1/%E5%8B%95%E7%94%BB%202019-03-23%2023%2055%2059.mov?dl=0

カメラで読み取り〜OCR処理〜翻訳とシームレスなのが良いです。
この場合は設定はロシア語にしていますが、筆記体っぽいフォントでも結構正確に読み取ります。ポーランド語もあります。
Commented by セータ☆ at 2019-03-24 00:45 x
ポーランド語でやってみました。サンプルは当記事の画像です。

https://www.dropbox.com/s/izfavvok8t4aeqk/%E5%8B%95%E7%94%BB%202019-03-24%200%2028%2030.mov?dl=0

モニターの撮影なのでモアレがでてしまい、読み取り精度が落ちて一部取りこぼしが発生していると思いますが、こんな感じです。
テキストに起こしてくれるので、手作業で微修正すればより正確な翻訳も可能です。
Commented by hn-nh3 at 2019-03-24 05:19
そうかその手があったか! 携帯版のGoogle翻訳にはカメラ読み取り機能がありましたね。

本をコピーしてスキャナーにかけてOCRで読み取って、それをWEB翻訳にペーストして.. ということして日本語テキストに直すことは過去にもやったりしてましたが、面倒だなーと躊躇してました。

携帯版のGoogle翻訳なら本にかざすだけで読み取ってくれてシームレスで翻訳してくれますもんね。使い方のデモまでアップしていただいて助かります。

前に秋葉原のイエローサブマリンで海外からの買物客がカメラを商品にかざして文字を読んでいたのを見て、便利な世の中になったねーと、そうした使い方ができることは知ってましたが、自分でもその機能を使えばいいとは思い至ってなかった。。

自分も海外に出れば外国人だという意識を持ってなかったから、文字が読めないという観光客の心の痛みを自分のこととして想像することが出来てなかったのでしょうね。
Commented by hn-nh3 at 2019-03-24 05:52
せーた☆さんが翻訳例としてアップした
>https://www.dropbox.com/s/opiw788x4vtxyl1/%E5%8B%95%E7%94%BB%202019-03-23%2023%2055%2059.mov?dl=0
のロシア語本が気になりますねー(^^)

Tankoguradの新刊、T-34の1940年型の本を買ってしまいました。これまでずっしりとした本で読み応え十分。
英語テキストだから読めないとは言えないしgoogle先生も助けてれるからこれはちゃんと読まないと。。

ココログの仕様変更で大変なことになってますね。
かば◎さんやme20さんもココログだし、バグの報告コメントしようかと思ったら、私のPCからだとグローバルIPが海外アクセスと認識されてサーバーにブロックされてしまいます。
同じようにコメントできない状態になってる人も多そう。

そうか、ギズモロ掲示板はココログじゃないからそっちは丈夫ですね。
Commented by かば◎ at 2019-03-24 10:31 x
ココログメンテ、現時点では私も「どうしたらいいやら」状態で、しばらくは静観しているしかないかな、と思っています。数少ない(^^;)読者のおひとりであるhn-nhさんにもご迷惑をお掛けしています。

タルチンスキ本、目次を見る限りでは、やはり私の持っている”Pojazdy Armii Krajowej W Powstaniu Warszawskim”の改訂版のようですね。

ただ、”Pojazdy Armii Krajowej W Powstaniu Warszawskim”は120ページほどしかありませんし、今回hn-nhさんが引用されているChwatの写真はこちらの本には出ていないので、内容はかなりプラスされていそう。写真の鮮明さも格段に違っていそうです。

内容が読めない海外資料の翻訳に関しては、私も以前、四谷仙波堂のご主人にスマホ版のGoogle翻訳を勧められてちょっと使ったりもしているのですが、書籍の場合は、最近は、スキャンして以下のOCR(文字認識)サイトにかけて読み取り、そのあとで(PCウェブ版の)Google翻訳にかけています。スマホの撮影よりも、読み取りの精度が高いように思います。

http://www.i2ocr.com/

これを使って、”Pojazdy Armii Krajowej W Powstaniu Warszawskim”のパンター、クブシュの項などちょっと読んでみて、「かばぶ」に書こうと思っていたりしたのですが、ココログがあんな状態なのでしばらく先かな……。
Commented by セータ☆ at 2019-03-24 15:04 x
カメラ越しのリアルタイム翻訳、元は別のアプリだったのをGoogleが買収して実装したんですが、最初に使ったときは「未来だ!ぼくらの町に未来がやって来た!」と思ったものです。
これがあれば海外旅行でちょっとした看板や表示もザザッと理解出来ますね。いずれはもっと精度が上がって眼鏡型デバイスに実装されるんでしょう。

https://www.dropbox.com/s/gllycn3n8h2vem7/%E5%8B%95%E7%94%BB%202019-03-24%200%2055%2020.mov?dl=0

上の「ウンブリエル」が気に入ってます(^^;)。
Commented by hn-nh3 at 2019-03-24 18:06
>かば◎さん

ココログ...やってくれましたね。落ち着くところに落ち着くのを祈ります。
コメントできない問題は、前にも起きた現象で今回のトンデモアップデートと絡んでいるのかどうかは不明ですが、これも早く解決したいところです。
PCで使ってる光回線のIPが海外アクセスと誤認されているようで、前回は光回線のモデム(ONU)を再起動して新しいIPを取得したらアクセスできるようになったのですが、今回はそれもダメ。携帯ならいけるかもと、me20さんのところで実験したのですが、PCをテザリングでiPhoneに繋いでDocomo回線経由でアクセスしたらコメントができました。しかし毎回そんなことやってられないしなー。。。

2009年版のタルチンスキ本は確かに写真画質はよくなっていると思うのですが、製版の際に写真原稿は1994年版と同じものを使ってたりするのか、原版の不鮮明さがそのまま再現された写真も多々。有名な写真はネットで流通するもののほうが高画質だったりしますね。

OCRのサイト紹介ありがとうございます。
使いやすいサイトですが、ポーランド語対応してないのかしら。
ここはポーランド語ありました
https://lightpdf.com/jp/ocr

>>”Pojazdy Armii Krajowej W Powstaniu Warszawskim”のパンター、クブシュの項などちょっと読んでみて、「かばぶ」に書こうと

ふむふむ。それなら2009年版の内容を少し情報提供しますね(^^)
比較してみるとまた違ったことがわかるかも。
Commented by hn-nh3 at 2019-03-24 18:25
>セータ☆さん

ウンブリエルの液体ポリね(笑) 私も愛用してます。瓶を倒してえらいことになったことあります。。楽しや緑の世界。

マネしてちょっとサバを読んでみました。
https://www.dropbox.com/s/2h2c6wbmxlo6ae8/%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80.MOV?dl=0

仕事で使っているドキュメントスキャナーは読み込んだ書類の文字を認識して書類の縦横の向きを自動的に判断してくれるので便利なのですが、手書きのメモやスケッチを読み込ませると、上下逆さになったファイル生成されることがあってちょっと凹みます。
Commented by かば◎ at 2019-03-24 19:03 x
>>使いやすいサイトですが、ポーランド語対応してないのかしら。

対応してますよ。「Step 1 Select Language」のプルダウンメニューでかなり多数の言語が選択できます。
Commented by vol de nuit at 2019-03-24 20:22 x
素晴らしいレビューをありがとうございます!
DKW F5の側面写真は初めて見ました。

この1冊を熟読したら、きっと新しい発見があるかもしれませんね・・・!

amazonからは音沙汰が無いので、私も海外通販で購入しようかな・・・。
Commented by hn-nh3 at 2019-03-25 05:19
>vol de nuit さん

”Pojazdy Powstancow Warszawskich-1944”に掲載の写真からネットに引用されたものも多いので、有名な車両に関しては、この本でしか見られない写真はほとんどないと思います。

それでも、ソフトスキンなどは他に引用されてない写真もありますし、それらに関する記述は(マイナー過ぎて)ネットで見ることできない内容も多いので、購入する価値は十分あると思います。

Amazon.co.jpへの入荷は当分なさそうですね。
Amazon.co.ukで取り扱いはありましたが、ポーランドの書店から購入したほうが安く入手できると思います。
by hn-nh3 | 2019-03-23 18:44 | 資料 | Comments(11)