断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

カテゴリ:日々( 14 )

冬のヘルシンキ

d0360340_15390150.jpeg

仕事でフィンランド。秋に続いて2回目の出張は冬の季節。凍てつくバルト海。
川や湖ではなく海が凍るというのはなんとなく不思議。最近は暖冬で以前ほどには凍りつかないようですが、昔は沖合の要塞島、スオメンリンナに行くバスが氷の上を走ったとか。

d0360340_15471346.jpeg


今年はここ数十年でこんなことなかったほど雪が多いのだそうな。何時になく暖かいらしく、この日も気温は0度ほど。

d0360340_16170229.jpeg

冬のフィンランドといえばオーロラが有名なんでしょうが、それは北のほうに行かないと見れないらしい。今回も予定がびっしりで市内観光は朝や隙間のわずかな時間にヘルシンキ市内を少しだけ。

d0360340_15521679.jpeg

街の中心部にあるストックマンデパートの向かいのアカデミア書店は、フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトの設計。

d0360340_15552452.jpeg

室内は3層分の吹き抜けとトップライト。黒い外観に対して中は白い大理石を使った静かな空間。フィンランド語がさっぱりわからないから、ずらりと並んでる本はただ眺めるだけ。。

d0360340_15581796.jpeg

ミリタリーコーナーもありましたよ。とはいえ並んでるのは英語のタイトルの「洋書」ばっかり。フィンランド軍物がずらりと並んでいるのを想像していた期待はあっさり裏切られました。まあそうだよね。アカデミア書店は日本でいえば紀伊国屋書店とか八重洲ブックセンターみたいなものだからミリタリー専門書店のような品揃えを期待するのがそもそもの間違い。

フィンランドの3号突撃砲(STRUMI)の本 "SUOMALAISTEN RYNNÄKKÖTYKKIEN KOHTALOT"とかあったら買って帰ろう、なんて勝手な想像してましたが、やっぱり人気あるのはティーガーとかパンターですね。どこの国でも。
もちろんフィンランド物コーナーもありましたよ。冬戦争関連の本とか映画"Tali-Ihanatala 1944(タリ イハンタラ1944)"のメイキング写真集なんかも。しかし、言葉が分からないと持ってても意味なさそうな本ばかりで、何も買わずに本屋を出ました。

d0360340_16175033.jpeg

ヘルシンキ大学の近く、カイサニエミの地下鉄駅から続く地下道。岩盤を掘り抜いてモルタルを吹き付けただけの洞窟のような風景が不思議。ちょっとぶれてしまったけど、ラスコー洞窟のような動物の絵が描いてあってちょっと楽しい。薄暗い照明が逆に雰囲気出してます。こういう遊び心は好きですね。

ヘルシンキの地下には無数の地下トンネルがあるのだとか。目的は..軍事、核シェルター。そういうところはやっぱり海で囲まれた国とは違って、戦争で国境がいくらでも変わってしまうのがヨーロッパなんですよね。前にスイスで道端にトーチカがあるのを見かけたときに感じたその慣れない感覚を思い出しました。..どこかの国の指導者は国境に壁を建てたがってますが(笑)

d0360340_16392003.jpeg

ヘルシンキの空港。出発ロビーの奥のほうで見つけた面白い待合場所。最近できたみたいで、頭上をぐるりと囲む2m×75mの360度映像スクリーンが圧巻。ゆるゆるとうねった形になってるのはオーロラをイメージしたのかしら。

フィンランドの森の四季折々の風景を360度撮影した映像が数分ごとに移り変わっていく趣向で、飛行機の時間がなければずっと眺めていたくなる場所。その下の壁には人の動きに反応してプロジェクションマッピングが投影されたり最新のテクノロジーが投入されてます。
ただちょっと惜しいのは映し出される映像が、動画(ムービー)ではなく写真(スチール)であること。写真は動いてる時間を止めるものだから、こういう場所はやっぱり動画素材が似合うと思う。たとえ動きのないフィックスショットであっても、動画で映し出されるとそこに時間の流れを感じるのだけど。静寂の雪の林の中でときたま雪が枝から落ちたり..とか。
言うのは簡単だけど。

d0360340_16390759.jpeg

帰国の時間。搭乗ゲートのカウンターが美しい。たぶん人工大理石か何かの樹脂素材でできたカウンターで数字の部分を裏面を薄く削り込んでバックライトで光る数字が透けて浮き上がる仕組み。フィンランドは空港に限らず公共物のデザインがとても綺麗。

( ..って、もうとっくに帰国してこの記事を書いてます。)


by hn-nh3 | 2019-02-16 17:08 | 日々 | Comments(0)
d0360340_21174216.jpeg

手紙を出さなくなって、もう何年になるのだろう。

ここでいう手紙は単に切手を貼った文書のことでなく、もちろん郵便物は日々出してますよ。ハンコ押してもらう書類とか請求書とかは。
絵葉書なんか送るの好きでしたね。その家のお父さんに見られてもいいような当たり障りのない内容の中にメッセージを隠して、宛名を金釘調の変な手書き文字にしたり、どんな切手を貼るか思いを巡らせて。。それも今は遠い昔の話。

事務的な手続きにせよ請求書なんてもらって嬉しい人はいないから、せめて切手ぐらいは事務的に貼ったものでなく、届いたらちょっと楽しくなる図柄を選ぶことにしていることもあって、郵便物を出しに行ったついでに綺麗な切手を買ってきます。

先週に郵便局で買ったのは「リサとガスパール」の切手。リサとガスパールとは、フランス絵本のキャラクターで、Wikiによると、フランス・パリ(の人間界)に住んでいる、ウサギでもイヌでもない未知の生物の「2人」,,,だそうな。フランスで1999年、日本では2000年から刊行された絵本のシリーズ。

d0360340_21441564.jpeg

切手は特に収集しているという訳ではないけど、気になるデザインがあるとつい買ってしまいます。前に尾形光琳の燕子花図屏風をモチーフにしたキッテレビューをしたことあったけど、今回は久々の2回目。

「リサとガスパール」の切手はグリーティング切手というカテゴリーになるもので、過去にもムーミンとかミッフィーとか絵本をモチーフにしたその流れになるもの。 82円のシート62円のシートの2種類があって、2019年1月16日発売。

切手のサイズは24×24mmの正方形。絵本のプロポーションにあわせたということか。絵本のサイズは約19cmの正方形だから、縮尺でいうと1/8。イラストの絵柄は切手としてのサイズを考慮してトリミングされてたりするから、厳密には絵本のスケールモデルとは言えないのだけれど。

d0360340_21581625.jpeg

切手のディテール。だけど、ちょっとピンボケ。
カバーイラストも実は2枚の切手になっています。ここも切手だと気づかずうっかり捨ててしまう人もいたりして。

うーん。この切手を貼って請求書を送ったりするのに使うには、ちょっともったいない。

by hn-nh3 | 2019-01-29 22:13 | 日々 | Comments(9)

2.0.1.9. 平年

d0360340_15381752.jpg

みなさん、お元気ですか? 平成最後の年始のご挨拶。略して平年。オリンピックは来年だし、閏年でもないから、まあ、平年といえば平年。あ、元号は変わりますね。前の時は変わり目の季節にTVのCMから「... お元気ですか?」という声が消えたりといろいろありましたが、今度はどんなことが起こりますやら。とりあえずこの正月は映画館に行って話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」見てきましたよ。やっぱり映画館の大音響、大スクリーンで体験するに限ります。スクリーンのこちらでも思わず足踏みしてしまうぐらいのライブの臨場感を「共有」するのが、この映画の楽しみ方....たぶん。共感と共有の時代なんでしょう、今は。 フレディ・マーキュリー/クイーンというと、映画のクライマックスを飾る「ライブエイド」をリアルタイムで知ってるくらいで、熱心に聴いてた訳ではないけど、120%楽しめました。
思い出します、その頃のこと。音は記憶。


d0360340_16133687.jpgさて本題。今年最初の新作は、Miniartのコンクリートミキサーセット(no.35593)。気になってました。
年始の挨拶のネタにと作り始めてみたものの、気合の入ったディテールと部品分割で思いの外、時間がかかりました。もはやジオラマアクセサリーという枠を超えて、ちょっとした軽車両を作るぐらいのボリューム。ドラムの内部の攪拌装置もちゃんとパーツ化されてました。こんな製品を本気出して開発してしまうMiniArtは大好きです。

キットはストーレート組み。ドラムの部品はアームに接着式だったけど、真鍮線で軸打ちして回転するようにしてあります。ぐるぐるとドラムを回して..こびりついたコンクリートの飛沫などを塗装で再現したら楽しそうですが、果たしてそんなシーンを再現して楽しいのかと言われると我にかえります。

検索の仕方が悪いのか、当時の写真を探してもなかなかでてこないんですよね。トート機関が大西洋岸にトーチカ作ってる現場などにありそうなものだけど。もっともトーチカで必要なコンクリートの量だとこんな小さなミキサーでは間に合わず、現場組み立てのミニプラントの規模かも。

d0360340_16391492.jpeg

今年の目標。完成作品の数を増やす。
まあ気合をいれたところで自分の制作スピードが上がるとも思えないので、少し作戦を立てるとすると、制作途中でほったらかしの仕掛かり品を順次完成させていくのがよさそう。新作と並行して未完成ヤードの整理も進めて行こうと思います。
とりあえず今期の完成を目指すもののリストアップ。

1. コードロン・シムーン (1:72 飛行機キット)新規制作品
2. GAZ-M1(1:35 ソフトスキン)新規制作品
3. PANZERNEST (1:35 移動トーチカ レジンキット)新規制作品 ジオラマ制作
4. FIAT 508 バンタイプ(1:35 ソフトスキン)仕掛かり品(ほぼ工作完了)
5. KV-1 1942年型 1:35 戦車)仕掛かり品(工作途上)

最低でもこのくらいは完成させられないと、もう新しいキットは買ったらいかんのよね、本当は。
家は物置じゃないし。

そろそろ4次元ポケットが欲しいな。

by hn-nh3 | 2019-01-05 17:08 | 日々 | Comments(4)

12月の下北沢

d0360340_07065855.jpeg

12月23日、下北沢の北沢タウンホールにて。東京AFVの会に初めて参加。
日頃、模型を完成させることがほとんどなかったりで、そもそもコンテストに出品する作品もないし、それ以上に年末のこの時期、クリスマス前後の休日というのが鬼門でこれまで参加したことなかったけど。

いやはや、会場にずらっと並ぶ作品群には圧倒されましたね。このブログではなさそうなパンター戦車系の作品のを冒頭のビジュアルで使わせてもらいました。SUMICONなどでもご一緒させていただいたTarotG_3さん、VKさんの作品ですね。

ザイベルト社改装ベルゲパンターDに3.7cm対空砲を搭載した簡易改造車両は、このブログでも何度か扱ってるプラハ蜂起で使用されている写真が残っていて、あまり興味のないパンターでもこれだけは作ってみたいと思ってる車両で、TakomからベルゲパンターDのキットが出た時買おうか迷ったのですが... VKさんの見事な作品で拝めるとは眼福。

d0360340_07330409.jpeg

いつもブログでお世話になっているhiranumaさんの超絶微細工作作品も直に拝んできましたよ。BA-20や1号戦車、そしてこのミゼットも実見。AFVかよ?というのはおいといて、伸ばしランナーで出来たサイドミラーなどプラ加工を極めたモデリングは見事でしたね。エッチングなどの金属素材ではコントロールが難しい微妙なスケール感など、学ぶところが多い。

d0360340_07435279.jpeg


いわずと知れたかば◎さん製作のホルト75重砲牽引車。最新キットなのに大幅なディテールアップが必要というRodenの難物キットは、SUMICONで製作過程が披露されてましたが、完成品に添えて、製作中のドキュメントも添えての展示。

コンテストというと、完成品が全てで押し出しの強さがものをいうことが多く、こういうマイナーな車両の抑えた塗装表現の作品は分の悪い勝負を強いられることになるけど、製作のプロセスも見せてしまうというアイディアはよかったですね。
課題部門「ハーフトラック」にて見事一位獲得。おめでとうございます。

私はロレーヌシュレッパー15cm自走砲とGrille改造3cmFLAKを持ち込んでの参加。結果は..見事に外しましたが(笑)
コンテスト入賞の作品群の熱量を見てると、それは自分に足りないものだと改めて思う。わかっていたことだけど。
求めていることではない、というのは簡単だけど、コンテストに作品を出す以上は必要とされること。

昼食には、青木伸也氏、かば◎さん、ケン太さん、hiranumaさんとインドカレー屋さんにご一緒させていただきました。てっきりT-34談義で話が盛り上がるのかと思いきや、高知県の山中深くに生息する(と言われている)マダガスカルレーザーオオトカゲ??の話になったりで、話題は超脱線。もちろんT-34の話もありましたよ。リアパネルのエンジン交換用品ヒンジが生産工場によって仕様が違うのは、むしろ生産工場を明示するためだったのでは、という青木氏の仮説も興味深い話。

d0360340_08283879.jpeg

午後のレクチャーのゲストは高田裕久氏。トライスターやドラゴンでの模型開発に関する話。オフレコでとの断りつきでのエピソードも面白かったけど、ドラゴンがスマートキットのシリーズで傑作を連発していたあの頃の製品開発環境は、もう二度と戻ってはこないのだとわかってしまうのは少し寂しい。
黄金期もあれば必ず衰退期があるのは企業の構造上の必然。今とても元気なMiniArtやTakomもいずれそんな時がくるのだろうか。ふとそんなことを考えてしまった。

時間はあっという間にすぎて、10時より始まったAFVの会も15時半に終了。SUMICONでおなじみのサンダースさんともお会いすることができたけど、懇親会的におしゃべりしてられる時間は以外と短く、顔を知らなかったりでお話することが叶わなかった方も。


d0360340_08394446.jpg

その後は下北沢の模型店 SUNNY に皆でぞろぞろと。驚異的な品揃えの店でいつも利用させてもらってますが、昨今のプラモ業界のバリエーションキットの新製品ラッシュで店内はうずたかく積まれた模型の箱でグランドキャニオン状態。訪れるたびに通路が狭くなってます。

この日は会に持ち込んだ作品も抱えてたことあり、かさばるものは控えてデカールだけ購入。STARDECALSからリリースされているロシア自由軍(ROA/POA)のマーキング。といってもT-34の溶接砲塔型もヘッツアー最後期型もBA-10のキットも持ってないから当面は使うことはない気もするのだけど。かば◎さんはポルスキフィアットのハーフトラック(C4P)というこれまた斜め上のアイテムを買ってましたよ。

年季が入った飛行機のキットは、会場でかば◎さんからいただいた(押し付けられた)もの。
ブログ記事でも書いたサンテグジュペリも乗っていたコードロン・シムーン。彼が砂漠に不時着したときの機種で、これは作ってみたいと思ってたところに何とも嬉しいクリスマスプレゼント。

by hn-nh3 | 2018-12-24 10:01 | 日々 | Comments(12)

炙りランナー

d0360340_17034603.jpeg

本日のお題。炙りランナー、じゃなくて伸ばしランナーの話。

でもなんで、「炙り」じゃなくて「伸ばし」と言うんでしょうね。それに、「伸ばしランナー」と書くのが正しいのか「延ばしランナー」と書いたほうがいいのか、どっちなんでしょうね。手延べうどんの替わりに手伸びうどんと書くと腰がなさそうな雰囲気になるから言葉って面白い。

プラモを作った後に残るランナーを100円ライターの火で炙って伸ばしランナーを作る訳だから「炙りランナー」と書いても間違いはないと思う。炙りチャーシューみたいで美味しそうだし。

とは言え、模型界的には「伸ばしランナー」の呼び方のほうが通りがいいから、それでいきます。

思えば、ドイツ戦車のアンテナを作るときに伸ばしランナーを使えとタミヤの組み立て説明書に書いてあったのが、伸ばしランナーとの最初の出会いでした。ろうそくで不要ランナーを炙って、柔らかくなってきたところで一気に引っ張ると、中央が細くて根本が太い伸ばしランナーができて、先細のアンテナを作るのに都合がよかった。適度にしなりがあるので引っ掛けて折ったりする心配もないし。

今でも伸ばしランナーはよく使います。装甲板に溶接線を追加したり、ちょっとした配線を再現するのに便利。真鍮線など金属素材と違って、伸ばしランナーを固定するのにスチロール樹脂用の接着剤を使えるから仕上がりも綺麗だし作業も楽だし。

d0360340_17235516.jpg

使いたい時にすぐ道具箱からとり出せるように伸ばしランナーをジップロックに貯めてあります。というか、炙り加減でマチマチの太さになってしまうのをストックしておいて、適材適所でいろいろな太さを伸ばしランナーを使えるように.. 物は言いようだけど、常備品にしておくと便利。
そして本日の伸ばしランナーのニューカマーは、ロシアングリーンの伸ばしランナー。

d0360340_17271553.jpg
ランナーはこのキットから。
TAMIYA 1/35 No.355 歩兵戦車 マチルダ Mk.III/IV “ソビエト軍”  いつか作ろうと思ってストックしているレンドリースアイテムですね。
別にマチルダである必要はなかったのだけど、グリーン系のランナーが欲しかったので、箱を開けてランナー取り。
グリーン系のランナーはAFVクラブのバレンタインやHobbyBossのT-40Sとか他にも候補はあったけど、やっぱり「標準品」の伸ばしランナーを、ということでタミヤのものからチョイス。

ストックしてあるグレーの伸ばしランナーはだいたいDragonの不要ランナーから作ったもの。Dragonのキットにはバリエーション展開で不要パーツがいっぱい入っていてランナーも大量に余るのを有効利用。プラの品質もいいし。

グレー系でも以前のミニアートのランナーはダメでしたね。粘りがなくて火で炙って伸ばそうとするとブチブチ切れてしまって使い物にならなかった。最近のミニアートのプラは品質がよくなったので、今度は使えるかな。

d0360340_17401318.jpeg

さて、このマチルダ伸ばしランナーを使って何を作ったかというと、ドイツ戦車の偽装用フック。
自走砲の防雨シートの固定や、カムフラージュ用の枝葉をひっかけるためのワイヤーを張ったり、大戦後期のドイツ戦車には必ずついてるアレです。タミヤのキットだとなんとなくモールドで表現してあったり、ドラゴンのはペラペラのエッチングだったり、どれも一長一短。それで金属線(銅線)を使って作ってみたのが前回の記事

その時に使った銅線プレス用の簡易ジグが伸ばしランナーでも使えるかを実験してみた。結果としては、伸ばしランナーでも使用可能。ただし改良の必要あり。

定規を使って細いスリットにランナーを押し込んで成形する際に力をかけすぎるとランナーが潰れてしまう。潰さないように力を加減しながらプレスすると、エッジがもひとつシャープにならずフックの曲げ角度が開き気味に。プレス型のスリットの部分にランナーが嵌る溝を切るなどすれば、もう少しシャープなフックができるかもしれない。

d0360340_17511025.jpeg

伸ばしランナーでフックを作るメリットは、接着が簡単であること。金属線で作ると瞬間接着剤に頼ることにになり位置決めが難しくなったりはみ出した接着剤のクリーニングに手間がかかったり。
伸ばしランナーはプラ用の流し込み接着剤が使えるから、位置決めも簡単、接着跡もキレイ。

テストで接着してみたのが上の写真。悪くはないです。強度はないけど弾力性があるので、触ってポロっといく危険も少なく、塗装やウェザリングで気を使うことが少ないのがメリットかも。

ちなみに接着は片側を先につけて、傾きを調整しながらもう一方を接着するとキレイに仕上がります。

by hn-nh3 | 2018-10-29 18:30 | 日々 | Comments(0)

秋のヘルシンキ

d0360340_11580086.jpg

なぜかヘルシンキ。出張でフィンランドに来ています。気温は13度。
美しい街は、どこに行っても写真を撮りたくなるような風景ばかり。しかし、このブログの趣旨からすれば当然のごとくパロラ戦車博物館のレポートをするべきなのでしょうが、今回は残念ながら行きません。ヘルシンキから300kmと、仕事の合間にちょっと寄り道する距離ではないことに気がつきました。フィンランドにいながらパロラに行かないなんて、ミリオタ失格ですが仕方ありません。

そんな訳で、ブログ巡回とかコメントとかコメント返しとか暫くおろそかになるので、その旨ご理解を。当然の如くプラモ作りもお休み。空港の保安検査場でポケットに隠したフリウルの履帯が金属探知機に反応して呼び止められるのもいやですしね。

d0360340_12052598.jpg


ヘルシンキ市内の早朝散歩。この季節、朝は遅く日の出は6時54分。まだくらい街にでてどこに向かうのかというと、ここ。

d0360340_12082838.jpg


街の中心部から徒歩で20分ほどの軍事博物館の中庭に停まっているのは、なんと3号突撃砲。

Sturmiと呼ばれるフィンランドの3号突撃砲は、車体側面に丸太を積んで「増加装甲」としたり戦闘室にコンクリートを持ったり、機銃シールドをDT搭載用に改造したりと、フィンランド軍独自の改造を施した仕様がなんとも模型映えします。

Googleマップの空中写真(キャプチャ画像の黄色く丸で囲んだ部分)。ここにいるのは車両番号 PS.530-30 この車両です。

d0360340_05023761.jpg

入口にゲートはないので、早朝でも自由に入れそうなことはストリートビューで確認済み。いざ中庭へ。リアル3号突撃砲はもう目の前。

d0360340_05055076.jpg


あれ? ...2台の黒い車がある辺りに停まっているはずの戦車がいません。


おかしいなと思って中庭をうろうろしたけど発見できず。乗用車に偽装している訳でもなさそうです。

d0360340_05112452.jpg

他にも、中庭にあったはずのT-26軽戦車や火砲類もきれいさっぱりいなくなってました。残念、みんなどこに行ってしまったのかしら。
がっかりです。誰もいない中庭のひんやりとした秋の空気の中で身体だけが冷えていきます。

もう、ここにはSturmiはいないようなのでこれからヘルシンキにいく人は気をつけてね。
何の役にも立たないとは思うけど、報告ついでにヘルシンキの街灯の写真をアップしておきます。

d0360340_05212698.jpg

by hn-nh3 | 2018-09-20 05:40 | 日々 | Comments(10)

新しいiPhone

d0360340_17272328.jpg

久々の更新。仕事の締め切りと出張続きでこのところ全く模型を作る時間なし。自分が何を制作してたのかすっかり忘れてしまいましたよ。 (リハビリできるかちょっぴり不安)
先日の関西地方を襲った台風で、実家もあちこち傷んだとの知らせ。来週あたりに時間を作ってちょこっと見に行く必要ありそう。忙しいのに...

新しいiPhoneの発表もいよいよ来週。今年のはどんなのになるか楽しみですねー。
でもって先週、この後に及んでiPhoneを新調しましたよ。なぜにこの時期に...というタイミングですが。

これまで使ってきた6s、本当はあと一月持ちこたえて新型iPhoneに乗り換える予定だったのですが、最近どうにも挙動不審で突然通話が終了したりと仕事にも差し障りがでる始末。近々海外出張も控えていることもあって、あっという間の型落ちは承知でやむなくiPhone8に変えました。
それならばと、赤いiPhone、(Product) RED にしてみました。裏面の赤いガラスが綺麗です。
カバーつけたら見えなくなっちゃうので意味ないんですけどね。カバーつけるか素で使うか迷うところ。

裏面にガラスを使うアイディアは、 iPhone4に続くものだけど、やっぱりデザイン的には iPhone4の完成度は未だ超えられないんだなと改めて思う。透明感と光沢、傷に強く腐食や変色もなく(割れるという欠点を除けば)ガラスはマテリアルとしては完璧な素材。それをディスプレイ側だけでなく裏面にも使って、側面のアンテナ代わりのステンレスのバンドでパッケージ。iPhone4はミニマルで素敵でしたね。ブラック( iPhone4)とホワイト( iPhone4s)両方持ってました。


d0360340_18154217.jpg
データーの引っ越しはICloudバックアップからの復元。これは本当に便利ですね。メールや使ってたアプリとかはあっという間に元どおりになったけど、写真のアーカイブはデーターが新しいiPhoneに落ちてくるまで少し時間がかかりましたよ。

写真はその途中のスクリーンショット。クラウドの彼方から写真が少しづつ落ちてきて、なんだかテトリスみたい。
横一列がきれいに揃ったら写真がぱっと消滅、それとともに過去の記憶もリセット。妻と娘の顔を見てももう誰だかわからない。なんてゲームみたいなことになったらやだなー。




d0360340_18205882.jpg


最近のついで買い。新宿の紀伊国屋書店の旅行ガイドブックコーナーのレジに並んでいたら、目に入ったクリアファイル。
美術展なんかでもよくいろんな図柄のクリアファイルを売ってて気にはなるのだけど、買ったところで結局使わないよなーとだいたい棚に戻すのですが、これはやっぱり気になって購入。

d0360340_18240319.jpg
地図って今でも好きですが、子供の頃、自分だけの街を想像して地図を作ってましたね。白い紙に道の線を引いて地図記号を配置して。時間があれば飽きもせずえんえんと作ってました。その後もずっと書き続けてたらその街はどうなったんだろうと今でも少し思い出します。だから、GoogleMapが出てきたときはあっと思いましたね、世界がシームレスに一枚に繋がってるし。
もうGoogleMapがない世界は考えられない。というか地図がなければ世界は存在しないのだし。



d0360340_18371118.jpg

そんなこんなで手持ちのブログネタも宙ぶらりん。高射砲陣地跡シリーズでは、有名な現存遺構:大阪は東淀川の西淡路高射砲陣地を出張ついでに見てきました。高射砲陣地で一般的な半埋込み型ではなく、市街地用の高架タイプのコンクリート製台座で、戦後そこに人が住みついて奇妙な住宅になっているという代物。

新大阪から遠くない場所であることがわかって、6月の出張の時に写真を撮影。例によって配置図とか作っていたらディテールが気になって先月末の出張のときにまたまた追加調査。上の写真はその時のもの。砲台住居は計画道路の敷地内にあるため現在はフェンスで囲まれていて立入禁止区域。

調べてみると、大阪市の教育委員会が調査した報告書があることがわかって、ついでに大阪市の図書館にいったらありましたよ。『西淡路<国次>高射砲陣地調査報告書(大阪市文化財総合調査報告書65)』

なんとそこには詳細な実測図も。うーん、どっからどう紹介したらいいものやら。

d0360340_18563704.jpg

by hn-nh3 | 2018-09-08 19:13 | 日々 | Comments(6)

キルロイ

d0360340_20262341.jpg
ご無沙汰してます。皆さま、お元気でしょうか。

特に話題がある訳でもないのですが、生存報告です。このところ仕事でちょっとテンパっていてブログどころではないという状況が続いてました。といって寝る間もないほど仕事で追い詰められている訳ではなく、睡眠時間を削ってサッカーのワールドカップ見てたりするのが原因の一つだったりするのは否定しませんが、いずれにせよカッターは錆びてしまっていることには変わりはありません。少しリハビリ必要ね。

d0360340_20474323.jpg
冒頭の画像は、ちょっと前のMiniArtのメールマガジンで知ったNo.35583「木製ケーブルドラムセット」の塗装図。
ケーブルドラムのキットがリリースされるのは知っていて確かに面白いアイテムではあるけど、果たしてこんなの誰が買うの?と思ってました。

心待ちにしているのは密かに難民セットと呼んでいるMiniArtno.35582「ラゲージセット」のベビーカートなので、これはスルーだなと決めてましたが、このグラフィックには少し心が揺らぎます。

およそミリタリーモデルには登場しない円という幾何学、カラフルな色とロゴタイポ。なんとなくその昔、groovisionsのアートワークを見た時に覚えた気分。所詮ケーブルドラム、ではあるけど。

そういえば、木製のケーブルドラム。昔はよく道端の工事現場で見かけたような気がしたけど最近はあまり見かけない。Google先生に聞いてみたら、テーブル代わりに人気の様子。中目黒とかのローコストバーで見たことあるよこういうの。

そんなことはどうでもいいのですが、グラフィックが素敵でもこれは作ったところで、どうにもなるものではないなとやっぱりこれはスルーかなと。と、思っていたのですが... 見つけてしまいました。
d0360340_20540236.jpg
同梱のデカールで、キルロイの落書きがあるのね。
これは...ちょっと欲しいかも。


画像は全てMiniArtのページから。
キルロイについてはこちら>キルロイ参上



by hn-nh3 | 2018-07-06 21:06 | 日々 | Comments(4)

模型的日乗 4月

d0360340_11353737.jpg
野に山に花咲く季節。ニッパーを捨てて街に出よう。下北沢や秋葉原など散歩して見つけた今年の春のお買い物。

d0360340_11573682.gifSTAR DECALS:1968年、プラハの春と言われるチェコの民主化運動に軍事介入したソ連・ワルシャワ条約機構軍のT-55/54戦車ナンバーのデカールセット。5種類の車体が再現可能。

今年、2018年は「ダニューブ作戦50周年」なんだそうな。
当時、ワルシャワ条約機構の同盟国の一員であったチェコスロバキアに介入して民主化の芽をあっさり摘み取ったこの作戦。1968年8月20日の深夜、ソ連・ワルシャワ条約機構軍がチェコ国境を突破して首都プラハに侵攻。「同盟国」のチェコも同じT-55戦車を装備していたので、敵味方の識別用の白い十字のマーキングを施した戦車の群が、朝になったらプラハ市内の街路や広場を占拠していたという出来事。

d0360340_12424757.jpg
(photo : Josef Koudelka / Invasion 68: Prague)

d0360340_12435956.jpg
突然にこんな風景ですよ。びっくりなんてもんじゃないですね。改革を主導したチェコ共産党第一書記のドプチェクは拘束されてモスクワに連行。

軍事介入に抗議するプラハ市民の様子を写真に撮って西側世界にフィルムを託した写真家、ジョセフ・クーデルカの話は前に書いた記事:8月のプラハ(1968)を参照。

「ダニューブ作戦」に投入された白い十字をまとったT-55/54戦車。
自由を求める市民の敵と見るのか... 行き過ぎた政治から解放する十字軍と捉えるのか... どっちの側から見るかで変わってくる話でもあるし、その答えは歴史に委ねるとしても模型的には少し気になるアイテム。

d0360340_12565093.jpg
(photo : Josef Koudelka / Invasion 68: Prague)

d0360340_17522832.jpgバリケードを作って抵抗する市民とT-55の上で銃を構えるソ連戦車兵。ペンキ缶を投げつけれらたこの車両はデカールの[A]のセットで再現できます。

ロシアのガレージキットメーカー:TANK(タンキ)から、上の写真の兵士たちがフィギュア化されるニュースもありましたね。

d0360340_13024869.jpg
(photo : Josef Koudelka / Invasion 68: Prague)

おっちゃんに石を投げられてるこの戦車はT-55か。現用戦車には疎いのでプラハに侵攻したT-54AもT-55もみんな一緒に見えてしまうのですが、ここ数日調べて、なんとなくわかった識別ポイント。

T-54A:
・砲塔上部にお椀を伏せたようなベンチレーターカバーがついている
・砲塔右側の装填手用ハッチ基部が左側の車長用キューポラ同様に盛り上がっている
・この型より車体後部の燃料ドラムタンクが標準装備。
上のカラー写真に登場する027号車はT-54A。デカール[E]のセットで再現可能。

T-55:
・砲塔上部のベンチレーターカバーがなくなりフラットになる
・砲塔左側の車長用キューポラのボルトジョイントが露出
・砲塔右側の装填手用ハッチがフラットになる

T-55A:
・砲塔左側の車長用キューポラの周りに放射線防護カバーがつく

d0360340_13223982.jpg
白の識別帯は砲塔頂部で十字にクロスしているパターンと横帯が砲塔ハッチで途切れている2つパターンがあるようです。これの法則性は要リサーチ。

広場で市民に取り囲まれる戦車群は砲塔のベンチレーターカバー無し、フラットな装填主ハッチ。車長キューポラ周りのボルトなどの特徴からしてT-55戦車。
d0360340_13391950.jpg
(photo ; Franz Goess / 1968.8.21)

1968年の話なので、カラー写真も結構残ってます。この車両はT-62でしょうか。

d0360340_18161782.jpgちょうどこの年の8月にリリースされたビートルズの「ヘイ・ジュード」を歌い自由を求めたプラハ市民。そんなことを想像しながら戦車にデカールを貼るのは、なんだかアンビバレンツな作業になりそうです。...そうか50年前の曲になるのか... 既に歴史の1ページになってしまうのかと思ったら、自分の生まれた年だったりして...

現用戦車というとずいぶん大きな車体をイメージしますが、T-54/55はとてもコンパクトな車体で「大戦期のKV戦車より車体長、幅ともに小さい」ということを知って少しびっくり。

d0360340_13470895.jpg
もう一つの買い物。KV-1 鋳造砲塔1941年型。再販なったトランペッターのキット。

d0360340_13551462.jpgキット名は「KV-1重戦車 1942年型 鋳造砲塔」。車体後部装甲が丸い形状の前期型車体。砲塔の後部機関銃座の周りの補強リブなしの初期型鋳造砲塔。
タミヤで「KV-1C」という名前でキット化されているのと同じタイプですね。

どうせ買うなら車体後部装甲が斜めの直線になった1942年型か、タミヤでキット化されてない溶接砲塔とかにすればいいのに、とも思いましたが、このタイプの形が好きなんですね、やっぱり。
模型映えするなら、ボルトオン増加装甲(エクラナミ)など、前なら迷わず買ってたと思うけど、なんとなくあっさりしたのが好きですね、最近は。 歳とったかな.... カツカレーよりも煮魚。寿司屋でつまむのも中トロより干瓢巻き。 

キットの値段も2000円そこそこと発売当時と値段が変わらないのも嬉しいところです。しかしなぜ今、KV戦車なのかというと。私、1995年頃から2010年まで模型づくりから離れてたんですね。だからトランペッターからKVシリーズが相次いでリリースされた時とか緑箱の名作を発表していたドラゴンの黄金期は全く知らないんですよ。

2011年に模型づくりに復帰したものの、空白の時期にリリースされたキット群は既に市場になく、いつか再販された時には...なんて思って、本体も持ってないのに魔が差してMasterClubのメタル履帯を先に買ってしまったりしたので、今回の再販は嬉しい出来事。

d0360340_14143914.jpg
MasterClubの履帯は、KV用スプリットタイプ。2分割でセンターガイドのないピースとセンターガイドのあるノーマルなピースを交互に繋いだ1942年型でよく見かけるパターン。いつ頃からこのタイプが採用されたのかよく知らないのですが、1941年型前期車体/鋳造砲塔の車両でもこのスプリットタイプの履帯を履いている写真も残っているので、このキットの組み合わせはエラーではなさそう。

トランペッターのKV-1戦車。箱を開けて部品の少なさにびっくり。その気になれば1日で組めてしまいそうですが、第一上部転輪の位置が違うとか、いくつかのトラップがある様子。作る前に少し調べてみないと思わぬ罠にかかりそう。
ん? もう組んでるじゃないかって... いやパーツの勘合とか調整箇所を確認するための仮組です。カ..リ..グ..ミ。


by hn-nh3 | 2018-04-11 18:11 | 日々 | Comments(4)

沈黙

d0360340_19361487.jpg
連休から今週にかけて思考停止中。黄色いコードのついたモノはマウス、じゃなくてナースコール。マックブックを叩くのはデスクではなくベッドのシーツの上。いやはや、20年来の慢性胃炎をこじらせて緊急入院になってしまいました。
日曜日に病院に駆け込んで、持ち込んだ弍号機をiPhoneのテザリングでネットにつないで外界との連絡が取れるようにして急場をしのいでます。仕事も幸い一段落したところだったので助かりました。メールのやりとり、LINEでの会話でなんとかなる範囲。打ち合わせをいくつかキャンセルしてしまったのは少し痛い。幸い、身体の方は大事には至らず、今週中には退院の見込。

d0360340_19552196.jpg
しかし腕に点滴の管をつけているのは、なんとも不便。さすがに家人に作りかけのプラモ持ってきてもらうという訳にもいかなかったので、点滴チューブを誤ってニッパーで切ってしまう恐れはないけど、この状態だと何もする気がしなくなります。
時間があったらやろうと思っていたパソコンの不要ファイルの整理とか、読みかけの本とか、書きかけのブログ記事とか、結局何もできずにTVでオリンピックの様子を観たり料理番組のカニクリームコロッケの作り方を覚えたり.. 暇です。

SUMICONのニューキットコンにエントリーしたT-60の制作は、ちょっと微妙な雲行き。追い込みの2月と言うのに、連休と今週を棒に振ることになったのは大打撃。そもそも遅れ気味だったし、考えていたスケジュールが崩れて緊張感もぷっつり.. 退院してモチベーションを戻せるのかしら?

入院前には履帯を組んだりとか外部工作のまとめに入ってました。内部も蓋を閉める前にちょっとだけ演出。
戦車兵の夜営用の身辺道具を詰め込んだ背囊、操縦席の後ろのバケツには水筒を人数分。夏のウクライナでエンジンむき出しの車内を考えたら水はいくらあっても足りなそうだし、ラジエーターに水も補給したいだろうしで水汲み用のバケツと一緒に車内に持ち込み。

バケツは最近リリースのMiniartのロシアの農民から徴用しました。それであれば「第二次大戦期のウクライナ地方で使われていた典型的なバケツの形式」なんていう考証も省けます。

内部の塗装やもろもろ瑣末な考証作業はある意味エンドレス。こだわったところで所詮は蓋をしてしまって見えなくなる場所だけど、逆にこの底無し感こそがそもそもの模型作りの愉しみだったりもする。抽出しの中の箱庭というような。
何が正解なのか。模型の神様に聞いても、そういう時は決まって答えは沈黙。
d0360340_07205738.jpg
02/15追記:T-60内部、前記事の写真を間違ってアップしてたので差し替えました。

by hn-nh3 | 2018-02-14 20:51 | 日々 | Comments(8)