断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0360340_18561805.jpg
1. 車体前部鋳造パーツへの改造(後編)
バレンタイン戦車 Mk.Ⅶ 製作その2。前回に続いてこのタイプの最大の特徴である車体の鋳造パーツの表現です。
Mk.Ⅱ/Ⅳでは圧延鋼板をリベット接合していた車体前部が鋳造一体型に変わったため、操縦席前面の装甲の位置で側面の装甲板にジョイントが設けられています。このディテールはフェンダーや履帯に遮られてなかなか見えないのですが、工場で製作中の写真などで確認することができます。

模型としては、継目となるラインをスジ彫りして、リベットをチマチマ植えて、車体前部の鋳造装甲と後部の圧延装甲板のテクスチャーの違いを表現してみました。鋳造の表現は、ラッカーパテを塗って硬い筆でポンポン叩いてテクスチャーをつけるのが一般的ですが、それはやりません。もっさりした感じになるし、シンナー臭いし。
使うのは瞬間接着剤。表面に塗って爪楊枝の先でぐりぐりと表面を擦ってやると、表面がガサガサに固まって鋳造肌のような感じになります。

圧延装甲板は流し込み接着剤を塗って、硬いブラシで叩いたりして鋼板の圧延時の傷やヘコミを表現してやります。まあ、本当のことを言えば、パーツを抑える指の下に接着剤がまわってしまって指紋の跡が残ってしまったのをペーパーかけて均しただけなんですが...

d0360340_19222022.jpg
車体前部上面と操縦席前面も同じように瞬間接着剤+楊枝グリグリで鋳造肌を表現。
Mk.Ⅶでは操縦席の窓の周りがリブ状に盛り上がった形状になっているので、プラペーパーを貼って表現。クラッペを受ける軸の部品も形が単純になっています。装甲バイザーは回転軸の上面にドリルで穴を開けてプラ棒を埋め込みました。

この装甲バイザー。前線で待機あるいは放棄された車両の写真を見ると、だいたい開けっ放しになってるようです。窓にはちゃんと防弾ガラスもあるとはいえ、弾が飛んできたら怖いから閉めたくなるような気もするけど、ペリスコープだけでは操縦しにくいのかしら。

模型の装甲バイザーも開けたり閉めたり動くようにしてあるのでけど、実は閉まりません。窓周りの縁の張り出しが邪魔して閉まらないのです。回転軸をずらずか、バイザーの干渉する部分を削ったりする必要あり。
実際、どうしてたんでしょう。当時の工場長に聞いてみたいところ。

2. 装甲板の厚み
この鋳造パーツの前面部分がひょっとすると増厚されているんじゃないか?と前回の記事で書きましたが、気になって少し調べてみました。オスプレイ本の記述でこんなの見つけました。

装甲板についてのリストの中に、" Specification,14 April 1939 / 60mm basis (60mm rolled or 65mm cast "
という表記がありました。つまり、装甲板は60mmを基準として、圧延鋼板の場合は60mmを使用、鋳造の場合は65mmとする、というような仕様が定められていたことが伺えます。
同じ表の中に、砲塔の防盾部分は" 65mm " となってます。防盾は鋳造パーツですから、この仕様基準に倣ったものと言えます。とすると、圧延鋼板では60mmで作られていた前面装甲板を鋳造パーツで製造する場合には65mmにする必要があるということになります。、Mk.Ⅶの欄に装甲厚が変更になった表記はありませんが、オタワに残る実車の牽引フック脇の段差や、この仕様基準から考える限りは、実際には増厚されていると考えるのが自然です。

d0360340_20025447.jpg
図版はWikimedia commonsから。

鋳造装甲の厚みの話。本題はMk.Ⅶの前面装甲板のことではありません。これは模型的にはどうでもいいんです。
やっぱり気になってたのは砲塔です。上記の図版を見ると、砲塔前面の防盾パーツは65mm、側面の円形の装甲板は60mm、後部の張出部分も65mmとなっています。オスプレイ本でも65/60/65mmとなっています。

これでわかりました。砲塔の前面と後ろのパーツは鋳造で作られたものですが、側面の円形の装甲板は圧延鋼板で作られている、ということです。(タミヤのキットには同じような鋳造表現が施されてはいますが..)

by hn-nh3 | 2017-04-29 20:26 | valentine戦車 | Comments(4)
d0360340_18511015.jpg
この間発売されたタミヤのバレンタイン戦車。いよいよ製作開始。ただし、同じレンドリースバージョンでも英国製Mk.Ⅳではなく、カナダ製Mk.Ⅶに改造します。

(勢いあまって買ってしまったAFVクラブのバレンタインMk.Ⅳは現地改造の30mm増加装甲で製作予定)

Mk.ⅣとMk.Ⅶ、ぱっと見で違いはあまりわかりません。よく見ると鋳造部分のパーツが増えてたり細部の仕様が違ってたりする程度。実際はMk.ⅦなのにMk.Ⅳというキャプションがついてる写真も多いです。

先ずは改造箇所とかディテールアップのやることリストをつくります。
製作に間があいたり、他のものに手をつけたりする間によく忘れてしまうので。


Mk.Ⅶへの変更箇所

・鋳造一体型砲塔

・砲塔防盾は機銃口周りが盛り上がったタイプ

・2ポンド砲身は初期型のテーパー付き

・同軸機銃はブローニングM1919

・車体前部鋳造(操縦手前面装甲板の位置で車体にリベット接合)

・操縦手バイザー周りのディテール変更

・初期型の放射状リブの転輪

・誘導輪基部は補強リブ付のタイプ

・右フェンダー上の雑具箱はMk1同様の短いタイプ(放射上リブ付)

・ヘッドランプは筒型形状のものを使用?


さらに改造してMk.Ⅶaにする場合のMk.Ⅶとの違い

・履帯にスパイクのついた新型履帯を使用

・ライトガード(形状未確認)

・脱着式増設燃料タンク(使用例未確認)

・誘導輪は中期型(リブなしのフラットのもの)?

・このタイプでも初期型転輪使用の可能性が高い


タミヤキットで未再現、要修正の箇所

・防盾下の砲塔アゴ部分に省略されたボルトの再現

・砲塔の擲弾発射機構の省略されたボルトの再現

・同上、えぐれ部分の形状修正

・省略されたライトコードとか照明基部のディテールアップ

・サスペンション基部の省略されたボルトを再現するかどうか..

・フェンダーの穴から突き出す誘導輪位置調整レバー

・誘導輪基部の回転用の工具差し込み穴

・履帯ガイドホーンの穴


1. 車体前部鋳造パーツへの改造(前編)

d0360340_19155475.jpg
カナダ製バレンタインMk.Ⅶの最大の特徴は、車体前部がリベット構造ではなく鋳造一体型のパーツになっていること。工場で取られた当時の写真を見ると、正面と側面のエッジ、操縦席前面装甲板の入隅が鋳造特有の丸みを帯びた形態になっているのがわかります。先ずは、この形態を再現するべく、タミヤのキットからリベットを潔く削ぎ落とします。せっかくのディテールを消していくのはちょっと抵抗感あったけど、そこは心を鬼にして作業続行。ごめんねタミヤさん。

はい、もう引き返せません。前進あるのみ。

リベット構造では段差がついてる継ぎ目部分に同色の伸ばしランナーを貼って、流し込み接着剤で溶かして溶着。模型上もシームレスな構造にして削り込みます。同色だと、作業の痕跡が見えにくくてブログ写真的には見栄えが悪いのだけど、作業中に形を把握しやすいので、いつもそうしてます。
上面装甲板に一体でモールドされていたヘッドライトの基部は邪魔なのでひとまず削ぎ落として、操縦手バイザー前のスプラッシュガードは実車ではMk.ⅣのようなL型の形状ではなく、直線上の突起が浮き彫りにされているだけなので、それも削ります。

d0360340_19374123.jpg
大まかに形ができたら、瞬間接着剤をペタペタ塗って細かな穴埋め。多面体の各面にも塗り込んで微妙な起伏を表現。圧延鋼板を溶接したのではなく鋳造部品だとわかるように、直線も定規でひいたようなブレのない線ではなく「ゆるやかな直線」になるように。鋳造肌を表現する前にやっておきます。

実車の写真を見ると、前面装甲板の両サイドの牽引フック取り付け部分が凹んでます。現存するMk.Ⅶaの写真 を見ても同じようになってて、この鋳造パーツに共通する形状のように思えます。

推測ですが、鋳造パーツに変更するにあたり前面装甲板を増厚している可能性はあります。鋳造装甲は圧延装甲板に比べると強度が落ちるので、前面の厚みを増やしたいけど、牽引フックのパーツは誘導輪基部との関係で位置は変えられないので、その部分の厚みはそのままで。。というような。


模型としては戦うべき敵はいないので、そんなこと気にしなくてもいいのかもしれないけど、せっかくなので、瞬間接着剤(シアノン+シッカロール)を盛って、厚みと段差を表現。穴埋めとかちょっとした盛り上げには、最近はラッカーパテは殆ど使わないで、もっぱら瞬間接着剤。すぐ乾くし塗装時にヒケの心配しなくていいし。

(つづく)


by hn-nh3 | 2017-04-26 20:13 | valentine戦車 | Comments(6)

ハリコフ1942

d0360340_06390896.jpg
1942年ハリコフ。戦記にでてくる1941から43年にかけてのハリコフ攻防戦 などで、このロシア南方(現ウクライナ共和国)の都市の名前を知っていたけど、街の中心部はとっても近未来的。

d0360340_06485742.jpg
こんな写真も。戦禍の跡が痛々しい。
出典は共に、Виганд>«Будь проклят Сталинград!» Вермахт в аду>Стр.1

この近代的な建物群、どう見てもロシア構成主義のデザインの影響を受けてて、なかなか格好いい。
2番目のちょっとバウハウスっぽい建物は調べがつかなかったのだけど、最初にあげた写真の巨大ビルは Gosprom
という建物。建築史的には「ハリコフ重工業省」とも呼ばれてます。1925~28に建設されたというから、ドイツではモダンデザインの金字塔、バウハウスのデッサウ校舎(1926)が建てられたのとちょうど同じ頃。

Gosprom について詳しいのは、→ココ 

d0360340_07093361.jpg
この建物、今も残ってます。→ Google map

模型製作中(というか準備中..)のバレンタイン戦車。レンドリースで当時どの辺りの戦線に送り込まれたのだろうかとリサーチしてたら、こんな風景の写真を見つけて調べ物はまた横道に。

ロシア戦線というと、なんとなく泥と果てしなく続く大地と藁葺き屋根の質素な農村、というイメージだけど、こんな近未来的な風景の中でも戦争したのね.... 先にリンクを貼ったハリコフの写真出典のページをめくっていくと、レンドリースバレンタインとかマチルダの写真が見られます。当時、中東経由でイギリスから輸送されて、コーカス地方〜南部戦区に展開した車両でしょうか。

レンドリースで遠くこの辺りまで送られたバレンタイン戦車とマチルダ。ロシア戦線に送られたイタリア兵は、北アフリカの砂漠で痛い目にあったこいつらにここでまた会ったのかしら。

by hn-nh3 | 2017-04-23 07:35 | 構造物 | Comments(0)

バレンタイン沼

d0360340_12561662.jpg
海を超えて静岡から届いた新型砲塔を検分するロシア兵

思わぬところからレンドリースバレンタイン、Mk.ⅣとMk.Ⅶを2台同時製作することになったものの、手持ちの資料ではわからないことだらけ。Google先生に聞いてもわからないことは、かば◎さんに教えてもらって、なんとかそれぞれのタイプの特徴がわかってきました。とりあえずリストにまとめたのでアップしておきます。(4/22:増補改定)

d0360340_12001970.jpg
これ、試験に出ます、覚えておきましょう。

間違ってたり、こんな情報もあるよ〜という人いたら、ぜひ教えてください。
ネット上に転がってる写真を見ていくと、レンドリースバレンタインにはカナダ製のMkⅦと思われる写真が意外なほど多く残ってることに気がつきます。生産台数で見てもMk.Ⅳは524両、Mk.Ⅶは1390両、その大半がロシアに送られたと考えれば、数量的にもそれを裏付けるものがあります。

もっとも、部品の生産がゆるやかに切り替わったり、あるいは工場の違いだったり、型式の区分は曖昧です。その他にも修理などで違うタイプの部品をつけたりすることもある(Ex.クビンカの車両は中期型と後期型の転輪を混ぜ履きしている)と思われるので、実態はさらに複雑。

Mk.Ⅳの増加装甲付きタイプを調べていたら、こんな写真を見つけました。
d0360340_12080338.jpg
車体と操縦席前部に増加装甲のついたMk.Ⅳ 。砲塔のリングガードもついてます。少なくとも手前の2台は増加装甲付きとわかるので、この小隊は全て同じ仕様だと想像できます。増加装甲タイプは探すと、この他にも写真が見つかります。レンドリースでソ連に送られた車両のうち、どのくらいの数がこのタイプに改造されたのか、興味がわきます。

でね、この写真の砲塔をよく見てください。タミヤでも表現している主砲マウントが別部品でボルト接合されたMk.Ⅳのものではなくて、マウントも一体鋳造で接合ボルトのない、カナダ製Mk.Ⅶのタイプです。
でも、車体前部はMk.Ⅶに特徴的なヌルっとした鋳造一体型でなく、リベット接合のMk.Ⅳのもののように見えます。

まさか、ⅣとⅦを戦場でPPAPしたキメラ車体。ということではないとも思うので、カナダ製Mk.ⅥとⅦの間に過渡的なこういうタイプがあったのか.... 調べれば調べるほどわからないことが増えていきます。


by hn-nh3 | 2017-04-21 12:54 | valentine戦車 | Comments(3)
d0360340_18130321.jpg
夏の始まる頃に学校のプール掃除で捕まえたヤゴ2匹。..じゃなくて、
タミヤのバレンタイン戦車Mk.Ⅱ/ⅣとAFVクラブのMk.Ⅳそろい踏み。

なんで同じ戦車を2台も作ってるかというと、タミヤの最新作についてのかば◎さんのレビュー(かばぶ:バレンタインの日)に転輪のゴム部分の丸みが表現されていないとの指摘があるのをを読んで、さてどうしたものかと気になってAFVクラブのバレンタイン戦車Mk.Ⅳ(レンドリース/ソ連仕様)も買ってきてしまった次第。
...ずっと買おうかどうしようか迷っていたキットではあったので、背中を押してもらった感じですね。
d0360340_18384700.jpg

黄色がタミヤ、緑がAFVクラブ。ともに中期型の転輪が用意されています。
タミヤのを大小それぞれ2個づつ並べたのはオリジナル(左)と修正試作品(右)

比較のためにも寸法を測ってみました。

転輪大(T:外径17.0・リム径14.8/A:17.3・14.7)

転輪小(T:外径13.5・リム径11.4/A:13.8・11.3)

転輪厚(T:ゴム部3.8・リム部4.0/A:4.1・4.0)

※Tはタミヤ、AはAFVクラブ:計測は100円ショップノギス)


AFVクラブのものは接地面と側面にともにゆるやかな丸みが表現されているのに対して、タミヤのはカチッとした直線です。で、実車はというと。

d0360340_18591480.jpg
wikimedia commons からキャプチャーしたボービントンに現存するMk.Ⅱです。

似てるのはAFVクラブのほうですね。模型としては両社の0.3ミリの差が表現の違い、ということでしょうか。


タミヤの転輪もなんとか実車の雰囲気を出せないかと修正方法を考える訳ですが、薄いプラ板を接地面とゴム側面に貼ってゴリゴリ削って丸みを出すのは、転輪の数を考えるとしんどいので、プラ板は貼らずに接地面から角にかけて丸みをつけて、リムとゴムの継ぎ目にナイフをあてて溝を切り込むように丸みを表現、リムも少し薄く、背を低く削ってみます。

完璧ではないけどこれなら、1個5〜10分くらいで加工できるのでなんとかなりそう。


さてさて、 一挙に我が家にやってきたタミヤとAFVクラブのこの2台... 同じものを作るのもなんなので、タミヤのはカナダ製のバレンタインMk.Ⅶに改造してみたいと思います。

d0360340_19321458.jpg

実車がオタワに残っています。写真集はココ→ Dish models

特徴的なのは、車体前部が鋳造で一体成形のパーツになっていること、砲塔もMk.Ⅱ/Ⅳでは別部品の砲座も一体で鋳造された砲塔。それほど改造はそれほど難しくなさそうです。


戦時中の写真も探してみると.... ありますね。

Mk.Ⅳと思っていた写真の中にもちょこちょこMkⅦの写真が混じってます。

d0360340_19553751.jpg
当時の写真では細部が詳しくわかる写真がなかなかないので、なんとも言えないんですが、オタワの現存車両をつらつらと眺めていたら、いやなことに気がついてしましました。

転輪がタミヤのに入っている中期型のタイプじゃなくて、
どうやら初期型の転輪を履いているようなのです。。

by hn-nh3 | 2017-04-19 20:23 | valentine戦車 | Comments(14)

始まりのボイテ

d0360340_23414282.jpg
ボイテ:Beute Panzer。鹵獲戦車とでも訳すのか。狭義には第二次対戦中に戦車不足に悩むドイツが敵(アメリカ・イギリス・フランス・ソ連・降伏後のイタリアなどなど) からゲットした戦闘車両を自軍の編成に組み込んで仕様したもの。味方から撃たれないようにデカデカと鉄十字をペイントしたB級映画的ビジュアルとかドイツ戦車的にカスタマイズしてたりとか、模型アイテムとしては魅力的な存在です。

昔、模型少年だった頃、戦闘車両の形式が識別できるようにタミヤのカタログを擦り切れるまで眺めたものです。しかし当時TVで見た戦争映画にはタイガー戦車なんて登場せず、米軍のハーフトラックがドイツ装甲車のフリして走り回っていて、がっかりした記憶があります。
低予算ゆえの映画的な見立てだったんでしょうが、ひょっとするとひょっとすると...
劣勢のドイツ軍2戦級部隊が敵から分捕ったハーフトラックで反撃にでた!  という、実はボイテ車両が登場するシーン設定だった...としたら、そう考えるとちょっとワクワクします。ドイツ兵にもピカピカのブーツを履かせないで編上靴とレギンス、鹵獲品の米軍ポンチョを着せて、お決まりのMP40ではなく、これまた分捕ったM1カービンとか持たせて....そんなコアな設定、 なんて、ある訳ないか。敵も味方も分からなくなってしまうし。

d0360340_03112896.jpg
話は戻る。MiniArtのドイツ戦車兵が冬季防寒服を着てるフィギュアを買おうと思ったら品切れで、このキットなら同梱されているのが偶然目に止まったのが、ことの始まり。ソ連軽戦車T-70のドイツ軍鹵獲バージョン。Pz.Kpfw.T-70 743(r)なんていう型式までついます。
T34を思わせるシルエット、多面体の少しギクシャクした砲塔に流線型の防盾がついてるアンバランスさがB級SFにでてきそうな感じでなかなかツボ。専らドイツ戦車ばっかり作ってたけど、このボイテ仕様の製作がロシア戦車にはまるきっかけになった、2年前のこと。

キットはMiniArtの比較的初期のものであるせいか、なかなかファジーです。油断すると転輪はまっすぐ揃わないしトーションバーサスペンションのアームは折れるし、エンジングリルのメッシュは昨今のエッチングではなくチープなモールドだし。でも基本設計はちゃんとしてるから手を入れる素材としては魅力的なアイテム。

当初はエンジングリルにメッシュを貼って後はカラーリングに凝って...と簡単に作ってしまおうと考えてたのだけど、ディテールが実車ではどうなってるのかとか調べ始めたら、沼にはまりました。このキット、考証が甘くて、砲塔やドライバーズハッチが本当は非対称になってるのが再現されてなかったようです。ティーガー戦車の馬蹄形の砲塔が実は非対称というのは有名な話ですが、このT-70もその類。

対称か非対称か。言われないと分からないくらい外見に違いはないのだけど、知ってしまったら気がつかなかったとは言えないのがモデラーの宿命。砲塔をゴリゴリ削ったり切った張ったの大仕事。ようやく基本形が出来て細部工作に移る、という段階まできました。

ボイテ仕様がマーキングだけではつまらないので、ドイツ軍の工具箱とノテックライトを増設した仕様にしようと画策中ではあるのだけど、前面装甲板に増設されるノテックライトまでの配線をどう作るかで悩んでます。本来の位置から配線を延長して、途中はクリップを装甲板に止めて固定するか、配線保護用の配管を設置して、端部の器具との結線部分を露出配線で表現しようかどうしようかと。
当時の戦場写真にはそこまでクリアに写ったものは少ないし、どっちもアリだろうけど、どっちがより「らしい」か... そんなこと考えてる間に時間が過ぎて。

今日はここまで、また時々T70の製作記を書いていきます。


by hn-nh3 | 2017-04-18 04:04 | 模型 | Comments(0)

断片的思考

d0360340_16015843.jpg
なんだかんだ中断をはさんで、ここ5年くらいは再びモデラー。
作品を作るというよりも、作る過程であれこれ調べるのが趣味なのかもしれません。
だから、集めた情報と模型に落とし込まれた形がある段階に達して完成形が見えてくると、なんとなくそれでよくなってしまうので、引き出しの中はと言えば、未完成のままになっている車両たちがゴロゴロと転がっている状態。

時間が経つと、調べたことも嘘のように忘れてしまうので、ここに備忘録的に書き留めておくことにします。

写真は、去年作りかけたソ連の軽戦車 T-40S。水陸両用のT-40を簡易化して渡渉機構を省いた戦時簡易型タイプ。T-40SのSは'乾燥地’という意味だそうな。後部のスクリューと舵、車体前面の波除板を取り去ったバージョンになるのだけど、調べていくといろいろな違いもあったりして、語れば長くなるのでそれはまた次の機会に。

ブログなんて10年ぶりだけど、また始めてみます。

by hn-nh3 | 2017-04-17 16:26 | 模型 | Comments(0)