断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プラハの街灯

d0360340_08230825.jpg
プラハの街灯。製作中のGrille改造 3cmFLAKの横に添える街灯のリサーチ。

d0360340_08254563.jpgd0360340_08265064.jpg1945年5月、プラハ蜂起の時の写真。市庁舎前の広場に停車するのは蜂起軍のHETZER駆逐戦車ですが、今日の本題は、その右側に立っているクラシックな街灯。当時の街灯を1/35の模型として復元してみたいと思います。

このタイプは市庁舎のあたりにあったと思われ、いろいろな写真に登場しますが、文様をかたどったようなモチーフが組み込まれていて、いざ作ろうとすると、なかなかどうして大変。アップの写真もないので彫刻の細部も実際よくわからない。
ちょっと日帰りでプラハに行って見てこようかとも考えましたが、どうやら現在はこの街灯はなくなっているらしく、ネットの写真を検索してもこれ以上の写真は見つからず。

2番目の写真も1945年のプラハですが、くるんとシンプルな渦が巻いたタイプでこのくらいなら簡単に作れそう。ミニアートから出ている街灯のキットの柱脚部を流用して上部は針金細工で作れば良いか。
ただ、形がシンプルすぎて実際に作って面白いかというと微妙なところ。

この写真の右隅にちょっと複雑な形状の街灯のフレーム(手前の街灯柱に照明部が隠れていると思われる)が見えていますが、このタイプは現在でも残っているようで最近の観光写真でも見つけることができます。なので、細部のディテールも確認することは可能。しかしちょっと制作難易度高し。

d0360340_08593843.jpg
3番目の写真。実際のGrille改造 3cmFLAKの背景にも街灯が写っています。路面電車の走る大通りにあるのはラインがすっきりしたモダンなタイプ。道路の上にはりめぐらされた路面電車の架線を避けるように設置された新しいものなのでしょう。

こういった近代的なものも当時の写真でよく目にします。実際、こういうタイプのものの方が多かったのでしょう。

現在のプラハの写真を検索すると様式的なノスタルジックなテイストの街灯をいろいろと見ることができますが、おそらくはそういったものは、観光用に古い様式を模して新しく作られたものではないかとおもいます。クラシックなスタイルのものはその時代が過ぎ去った後に懐かしんで作られるパターンが多いですね、古今東西。



d0360340_09002417.jpg4番目の写真。前に紹介したプラハ蜂起の蜂起軍車両写真集(→紹介記事:プラハ 1945.5)より引用。バリケードにされたトラックの横に立つ街灯で、なかなかエキゾチック。
ポールとランプを他キットから流用できれば、あとは針金細工でなんとかなりそうな予感。これを1/35で「復元」することにします。

しかし、この壊れたトラックと歩道の敷石を剥がして積み上げたバリケード。すぐ手に入るものでうまく作ってます。ちなみに、東京の道路の歩道がある一時期を境にアスファルトやコンクリートになったのは、安保闘争や大学紛争の際に歩道の敷石ブロックを砕いて投石に使われたことがあって、その防止策として歩道から敷石が排除されたのだとか。騒乱の季節も遠くなった最近は景観重視で歩道の敷石がまた復活してきてますね。

d0360340_11254685.jpg
このキットを元に作ります。ミニアートのジオラマベース、路面電車敷セット。車両のベースを作ろうとちょっと前に買ったのですが、電車の架線のパーツのランナーにボックスアートにはない街灯のパーツが入ってました。
ランプの部分はシェードの形が目的のものとは違うので、削り込んでなんとなく似たような雰囲気に改造。
ポールはキットのパーツからアームを切り離して、ポールの先端のディテールを上下ひっくり返して付け替えたりして、これまたそれらしく。なんとなく映画のセットを作ってるみたいで楽しい作業。
d0360340_11315480.jpg
0.7mmの針金をくるくるとリングを細工していきます。モデルとする街灯のサイズは正確にはわからないので、ランプの大きさ合わせで写真を拡大縮小して、それを下敷きに形を作っていきます。リングとポールのジョイントは、図面を描いてプラ板から切り出しました。ここまでできれば、あとはランプのガラスキャノピー。

d0360340_11361587.jpg
0.3ミリの透明塩ビ板に向かって弾丸を打ち込みます。

というのは嘘で、キャノピーの型をエポキシパテで作って温めて柔らかくした塩ビ板に押し付けて成形。いわゆる「ヒートプレス」ですね。大きめに切った塩ビ板の両側を割り箸で挟んで固定して、ガスコンロの上で塩ビがグニャグニャ似なるまで温めて、ペン先につけたプレス型を押し当てて一気に形を作りました。ちなみに、ガラスキャノピーの形をしたプレス型はペンのキャップにエポキシパテを詰め込んで制作。

d0360340_11421601.jpg
キャノピーの形状は直径に比べて奥行きが長いので、塩ビにエポキシパテで作ったプレス型を押し当てるだけで、ここまで絞り込める気はしなかったので、プレス型より一回り大きい円を切り抜いたプラ板を成型時に外側からかぶせて直径を絞り込みました。

形ができたら、ナイフで切り出して完成。ヒートプレスなんて5年ぶりぐらいにやったので、ちょっと不安でしたが、うまく行きました。作業風景は超ローテクで見られたものではなかったけど、出来上がってみれば、こんなもん。

プレス型は残してあるので、注文があれば量産できますね。プラハのメインストリートを1/35で作るとか...

形状チェックのために本体にセットしてみました。モデルとした写真の街灯と比べると、ガラスキャノピーの外径がランプシェードより少し小さめな感もあるものの、当たらずとも遠からず。

大きさのズレは、キャノピーのプレス型のガイドにしたペンキャップのサイズで決まってしまったのだけど、その辺りはご愛嬌ということで。
d0360340_11533095.jpg

by hn-nh3 | 2017-10-26 12:12 | 構造物 | Comments(2)

拾得物

d0360340_07014978.jpg
10月14日(土)雨。昨日の朝の築地市場。場内市場の正門前の落し物掲示板を見るのは、いつも楽しい。スマートフォンはともかく、市場の落し物は買主の元にちゃんと帰れるのだろうか。

d0360340_07065429.jpg
ブログの制作記の更新が滞ってるのは、締め切りが近くなってなんだかんだテンパってるのが理由。記事を作る時間も惜しんで色を塗ったり拭ったり。

築地市場の場内散歩はかれこれ10年以上続けてる。魚屋でも料理屋でもグルメでもないけど、雰囲気が好きで、時間の作れる土曜日の朝はよく市場をウロウロしてます。
場内で見かけた古い「ターレ」。荷物用の小型の3輪トラックで前輪の真上にエンジンごと回転するハンドルがついてるのが特徴的。

最近は「エレトラック」と言う電動タイプが主流になったけど、これはガソリンエンジンの古いタイプ。錆びた床板、エンジンオイルの汚れ、擦れた塗装に傷がついたフェンダー、ハンドルの塗装が剥がれて鈍く光る鉄の地肌。年季が入っていい感じ。


d0360340_07224552.jpg
場内市場で買い物。やまふ水産にて活け締めのカワハギ。k4600円の一匹300グラムで1380円。場内の値札はキロ当たりの単価が表示されていて、それぞれの魚の重さを量って買値が決まる仕組み。

カワハギはフグ科の魚の近海魚。活きのいいものは薄造りにして刺身。定番は鍋か煮物。今日のは体長は23cmで少し小ぶり。冬に向けて肝が太ってくるシーズンの始まりで、まだ入荷量は少なめ。そのせいかまだ値段は少し高め。

d0360340_07374763.jpg
カワハギはやっぱり薄造りに肝醤油をつけて食べるのが一番。活け締めを買うなら、この辺りだとやっぱり築地にいかないと手に入らないですね。



d0360340_07405209.jpg
場外市場の丸集で見つけた小さなイシガキダイ。体長20cm、220g。500円。
イシダイの仲間で房総半島以南が生息域。これは野締めで刺身で美味いかはわからないのと小さくて身が取れないだろうから、煮物にするのが良さそうか。

d0360340_07455945.jpg
白と黒の斑らの模様が美しい。磯の岩場に紛れて姿を隠すための迷彩模様なのか。



d0360340_07472512.jpg
同じく丸集で見つけて、面白くて買ってしまった魚。
ミドリフサアンコウ。22cm、300g。400円。アンコウの仲間で海底に住む魚。
通称、アカンコウともいう綺麗な赤い色が特徴的。触るとぶよぶよしているところは、やっぱりアンコウと言う感じ。

d0360340_07515766.jpg
裏側。ぶよぶよです。いわゆるアンコウだとあん肝が売りなので、市場では仰向けにして肝を出して見せるように売ってるので、大抵こんな感じで売られてますが、ミドリフサアンコウは背中を表に売られてました。どうやって食べたらいいか店の人に聞いたら、唐揚げにするのが良いとのこと。
d0360340_07550496.jpg
正面からのアップ。小さいけど大きな口はやっぱりアンコウ的。派手な色と可愛い斑点模様は、これで小魚を待ち伏せするくらいだから、やっぱりこれも迷彩?

グルメブログではないので、この後、人間の胃袋に収まる過程は省略。






by hn-nh3 | 2017-10-15 08:01 | 魚類 | Comments(2)