断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0360340_20050880.jpg
最近のキットは装甲板の溶接痕(ビード)の表現はとってもリアル。パーツ分割の都合で省略されているところに溶接ビードを再現する方法としてはエポキシパテが表現に優れてはいるもののパテを捏ねたり、ラインを整えたりする手間はちょっと面倒。最近はもっぱら伸ばしランナー。流し込み接着剤で溶かして溶接のビードを再現。

キット製作時に余るランナーをライターで炙っていろいろな太さのものを作っておくと便利。伸ばしランナー、その日の気分で意外と太さが好みのものにならなかったりするので、「体調がいい時」にたくさん作りためておきます。

d0360340_20300403.jpg
溶接痕について少し考えてみます。実際の溶接には大きく2パターンあって、1つは「突きあわせ溶接」というもの。図の上の方法です。つなぎ合せたい部材の端部を角度をつけて切り欠いて板の奥まで溶接の熱が届くようにします。このための部材加工を「開先加工」と言います。裏側には「裏当て金」をつけておきます。突きあわせ溶接は部材をしっかりとつなぎ合せることができるので装甲板の接合によく使います。

もう一つは「隅肉溶接」と言う簡易な接合方法。図に下のパターンになります。組み合わせた部材の表面や隅の部分に溶接棒をあてがってバチバチっと溶接する方法。この方法だと部材の表面は溶けるものの奥までは届かないので強度が必要な部分には使えません。逆に熱の影響を少なく部品を固定できるので装甲板にフックなど小部材をつけたりするにはこの方法。

分厚い装甲板同士をつなぎ合せるのは「開先加工」にも限度があるので、第二次大戦当時は厚板の完全な溶接は未だ難しかったようです。それを補う方法として、組み継ぎと言って、ジグザグに切り欠いた装甲板を組み合わせて、ある程度の深さまでの溶接でも強度が確保できるようにする方法。しかし完全に接合したものではないので、被弾して誘爆した時にそこから破断してしまっている例をよく見ます。

d0360340_21010497.jpg話を模型に戻します。伸ばしランナーを部材に直接おいて溶接痕を表現しようとすると、図の下の例のように、溶接ビードが大きく盛り上がった状態になってしまって、少し荒々しいイメージ。

盛り上がりを少なく、もう少し繊細に表現するには部材に溝を掘って、そこに伸ばしランナーをはめ込んで、その状態で溶かし込む方法。図の上のパターンになります。この溝の深さと伸ばしランナーの太さの組み合わせでいろいろなニュアンスをコントロールします。このための溝の筋彫り作業は模型の「開先加工」。

d0360340_21115859.jpg
この「開先加工」の深さの違いでどのような溶接痕ができるか、3パターンで実験してみました。Aは筋彫りなし、ラインのあたりをつけるためのケガキ線だけ入れてます。Bは伸ばしランナーの直径の1/3程度が埋め込まれる深さの溝。Cは2/3程度埋め込まれる溝をつけたもの。写真左は溝にランナーをはめ込んだ状態。それを流し込み接着材で溶かしたものが写真右。(写真:クリックで拡大)

平面部分の溶接表現には直径の1/2ぐらいの溝を作るのがラインもきれいに出て良さそう。入隅部分には溝は必要ないだろうけど、出隅に溶接ビードを作る時には必要不可欠。

溝に嵌めたランナーに接着剤を塗ってカッターで刻みを入れて接着剤を塗って柔らかくして形を整えてまた接着剤を塗って乾かして溶接ビードを表現。カッターの刻みを細かくしてもう少し繊細な感じにしたかったけど... 実験だから今回はこの程度で。

by hn-nh3 | 2018-02-23 23:24 | 模型 | Comments(2)
d0360340_20313127.jpg
T-60 第264工場製 その6。これまで並行制作を進めてきた第264工場製とで第37工場製の車両。これからは、どちらも第264工場製として制作を進めることになります。いきなりどうしてそんな話になるのかというと、第264工場製の仕様が抱える厄介な話。MIniartのキット(第264工場製:MA35219)のような特徴を全て兼ね備えた車両の記録写真が見つからないという問題です。
d0360340_20432658.jpg
第264工場製の車両の主な特徴として、1.鋼製転輪、2.ゴムなし460mm鋳造スポーク誘導輪、3.角形工具箱、4.砲塔八角形ハッチ、5.操縦主角形ハッチ。キットのボックスアートのような1~5の特徴が「全部入り」の車両の写真は見つからず、鋼製転輪の車両の砲塔ハッチは一般的な丸型ハッチ、砲塔八角形ハッチを備える車両は転輪が第37工場製車両と同じ鋳造スポークタイプの事例が殆ど。

写真は見つかってないけど想像力を働かせて「全部入り」の車両を作るのか、特定車両の再現とは言わないまでも確認できる写真に即した仕様を再現するのか。悩ましいところですが、バリエーションキットを持っていることを生かして後者で行くことにしました。
d0360340_20575558.jpg
ざっとこんな感じ。第37工場製(MA35224)と第264工場製(MA35219)のパーツを組み合わせて、2台の第264工場製を作ります。写真後方の砲塔八角形ハッチの車両は転輪は第37工場製のキットから鋳造スポーク転輪を流用。誘導輪には460mmディッシュタイプ誘導輪を「T-60初期型」のキット(MA35215)から流用。

このディッシュ型誘導輪は上の事例写真の車両がそのような仕様になってますが、通常のディッシュ型転輪(515mm)を使っているのか、小型の460mmの何なのかは確証がありません。ただ、第37工場製車両の誘導輪のように転輪と同じものを使わず、わざわざ誘導輪にはディッシュ型を使っているのは、「誘導輪」と定められた部品を使いたかったからではないかと想像。それで誘導輪専用の460mmタイプのものを使っているのだと判断しました。

ちょうど「T-60初期型」のキットも持っていたので、そこからパーツをとりました。

d0360340_21095634.jpg
誘導輪を取られてしまった「T-60初期型」はどうするかというと、誘導輪には515mmのディッシュ型転輪を使って、不足する転輪には第37工場製のキットで余る鋳造スポーク転輪をあてがって、ディッシュ型との混ぜ履き仕様で作ることになりそう。

もっともこの混ぜ履きタイプの仕様は、博物館に現存する車両ではよく見かけるのですが、当時の記録写真では意外に少ないようにも思えます。実際、どの程度に「普及」していた仕様なのかは要精査。

d0360340_21193400.jpg
キットの制作を進めます。とりあえず鋼製転輪/砲塔丸型ハッチのタイプから。車体上面装甲板を接着して側面装甲板との溶接線を再現してやります。伸ばしランナーを貼って流し込み接着剤を塗り込んで柔らかくしてカッターの先で溶接パターンを表現。トランスミッションの点検ハッチは固定用のボルト穴を0.3mmドリルで再現。ボルト数は工場での写真から4-2-4の配列を選択。

砲塔リングの横の開閉式エアインテークはキットでも開けられるになってます。取っ手は0.3mmの真鍮線で置き換え。組み立て説明図では砲塔リング側に向けた位置で固定するようになってましたが、逆の外向きにしました。

d0360340_22224339.jpg
その理由はこれ。蓋を跳ね上げた時、取っ手が下向きに倒れるのが自然なので、それに対応した向きに。

d0360340_22250193.jpg車体上面後方の排気管は、斜め後方(8時方向)吹出しが他の工場などでは標準と思われますが、第264工場製と思われる車両では真後ろ(6時方向)に排気している事例が複数見つかります。

この部分がはっきりわかる写真も少ないのですが、他工場で標準的だった斜め後方排気の事例も確認できないので、第264工場では後方排気のパターンが一般的だったのではと推測しています。キットは斜め後方吹き出しになっていましたが、真後ろに排気方向を変えて、この特徴を再現してみました。

現存車両を見ると、排気口が倒れないように裏面に支持金物があり、第264工場製の後方排気の場合も同様と推測してますが、状態の良い第264工場製車体が現存しないので、これについては確証はなし。

by hn-nh3 | 2018-02-20 22:59 | T-60軽戦車 | Comments(2)

トーバー

d0360340_19130392.jpg
無事に退院しました。ぼちぼち日常に戻します。
iPhoneに撮りためた写真から。場所は福岡空港。滑走路で見かけた車輪付きの物体。
これは領海侵犯に備えた対艦ロケットランチャー..なんてなんて物騒な代物ではなく「トーバー」と呼ばれる、飛行機を押すための棒。            
d0360340_21373974.jpg
飛行機をエプロンから滑走路に押し出す時に使う、いつもの棒ですね。プッシュバック:wikipediaという作業。トーバー(tow bar)にも機体の規格に合わせたバリエーションがあり、ボーイング用はオレンジ色の棒。残念ながら写真は撮り損ねました。

写真の青い色のトーバーに繋がれているのはボンバルデイアCRJ-200。50人乗りの小さな機体。これで福岡から大阪伊丹空港まで飛びました。
d0360340_21515421.jpg
やっぱり飛行機は窓際に限ります。翼の上の席でも見所たくさん。機体のリベット接合の痕とか気流に沿った汚れ具合とか。飛行機モデルは殆ど作らないけど、どうしてもモデラー目線になってしまいます。"NO STEP" の赤いマーキングもシルバリングも起こさずちゃんと貼れてますね。(だからデカールじゃないって..)

by hn-nh3 | 2018-02-17 22:12 | 構造物 | Comments(0)

沈黙

d0360340_19361487.jpg
連休から今週にかけて思考停止中。黄色いコードのついたモノはマウス、じゃなくてナースコール。マックブックを叩くのはデスクではなくベッドのシーツの上。いやはや、20年来の慢性胃炎をこじらせて緊急入院になってしまいました。
日曜日に病院に駆け込んで、持ち込んだ弍号機をiPhoneのテザリングでネットにつないで外界との連絡が取れるようにして急場をしのいでます。仕事も幸い一段落したところだったので助かりました。メールのやりとり、LINEでの会話でなんとかなる範囲。打ち合わせをいくつかキャンセルしてしまったのは少し痛い。幸い、身体の方は大事には至らず、今週中には退院の見込。

d0360340_19552196.jpg
しかし腕に点滴の管をつけているのは、なんとも不便。さすがに家人に作りかけのプラモ持ってきてもらうという訳にもいかなかったので、点滴チューブを誤ってニッパーで切ってしまう恐れはないけど、この状態だと何もする気がしなくなります。
時間があったらやろうと思っていたパソコンの不要ファイルの整理とか、読みかけの本とか、書きかけのブログ記事とか、結局何もできずにTVでオリンピックの様子を観たり料理番組のカニクリームコロッケの作り方を覚えたり.. 暇です。

SUMICONのニューキットコンにエントリーしたT-60の制作は、ちょっと微妙な雲行き。追い込みの2月と言うのに、連休と今週を棒に振ることになったのは大打撃。そもそも遅れ気味だったし、考えていたスケジュールが崩れて緊張感もぷっつり.. 退院してモチベーションを戻せるのかしら?

入院前には履帯を組んだりとか外部工作のまとめに入ってました。内部も蓋を閉める前にちょっとだけ演出。
戦車兵の夜営用の身辺道具を詰め込んだ背囊、操縦席の後ろのバケツには水筒を人数分。夏のウクライナでエンジンむき出しの車内を考えたら水はいくらあっても足りなそうだし、ラジエーターに水も補給したいだろうしで水汲み用のバケツと一緒に車内に持ち込み。

バケツは最近リリースのMiniartのロシアの農民から徴用しました。それであれば「第二次大戦期のウクライナ地方で使われていた典型的なバケツの形式」なんていう考証も省けます。

内部の塗装やもろもろ瑣末な考証作業はある意味エンドレス。こだわったところで所詮は蓋をしてしまって見えなくなる場所だけど、逆にこの底無し感こそがそもそもの模型作りの愉しみだったりもする。抽出しの中の箱庭というような。
何が正解なのか。模型の神様に聞いても、そういう時は決まって答えは沈黙。
d0360340_07205738.jpg
02/15追記:T-60内部、前記事の写真を間違ってアップしてたので差し替えました。

by hn-nh3 | 2018-02-14 20:51 | 日々 | Comments(8)
d0360340_22371719.jpg
T-60 (Plant no.264) 制作その5、内部の塗装。
エンジンはダークブラウンの下地塗装の上にライトグレーを軽く吹いた上にアルミシルバーを塗り込み。キャブレターのパイプや排気管はダークグレーを塗って薄めたブラウンでウォッシュ、うっすらと錆びた感じを表現。エンジン本体のアルミ合金の部分は油彩の茶系の色でピンウォッシュ。何色か重ねてオイルと埃で汚れた感じに。

d0360340_23133263.jpg
第264工場製(右)と第137工場製(左)の2台並行制作。内部塗装を進めました。
T-60の内部床の色は何色なのか、と言う問題を前に書いたものの未だ結論には至らず、白色なのかライトグレーなのか迷った挙句、1台は白に、もう一台はライトグレーと言うなんとも妥協的な結論。

両方試してみたい気分もあったのですが、白とグレーのバージョンを作るシナリオを思いついたというのもその理由です。
ちょっと前から何となくこうなる気はしてたのですが、今作っているのは第264工場製と第137工場製のキットですが....結局、どちらも第264工場製を再現する結末になるんじゃないかと。つまり第264工場製の鋼製転輪タイプ(右)と鋳造スポーク転輪タイプ(左)ということにして、砲塔ハッチは丸型と八角形タイプの使い分け。そして鋳造スポーク転輪タイプのタイプは後期の増加装甲型に改造しようかと思いを巡らせています。この問題は詳しくは次回に書く予定。

車体の内部塗装に関しては、車内の床面は最初はグレーだったけど、生産の合理化が進み、後期生産型では床面も白で塗ってしまっている、と言う想定で塗り分けてみました。

d0360340_06004764.jpg
第264工場製鋼製転輪タイプの内部。1942年4~5月頃の生産車で1942年初秋、スターリングラード近郊の設定。そこそこ使い込まれた想定で塗ってみました。床面はライトグレー。チッピングの練習も兼ねて例のヘアスプレー技法を初めて試してみました。下地にダークブラウンを塗り、剥離剤はAKインタラクティブの剥がれ表現液(AK088)。以前買ったものの使うことなく5年くらい寝かしたものですが、引っ張り出してきてエアブラシでスプレー。その上にライトグレーをオーバースプレー。側面には白を吹きました。塗料は水性アクリル(ライフカラー)を使ってます。上塗りが乾いてきたところで水をつけた硬い筆でゴシゴシ、塗膜を荒らして擦れる部分に下地のダークブラウンが露出した状態を....まだもう少し練習が必要ですね。

床面にはさらにピグメントを使って、結局は泥で汚れた感じに。ドン河周辺の穀倉地帯を抜けてきたイメージで、情景用の草素材を撒いて散らしまして麦畑の土と藁を踏んだ足でそのまま車内に入った状態を再現してみました。運転席の横のバッテリーは不整地をガタゴト走ったおかげで液漏れを起こして床に溢れた酸性の電解液で少し錆びてしまった表現...ちょっとやりすぎました。小さい車両なので、ちょっとだけ汚したつもりでも写真に撮って拡大してみると...

床で試した剥がしチッピング技法も、最終的には何だかよく見えない結果になってしまいましたが、多少意図的です。キットの床パーツはGAZ工場などの初期生産型のリベットが多用されたものが入っているのですが、第264工場製の車両は側面装甲板と同様に合理化が進んでリベット工法から溶接工法に置き換えられてたのではと想像します。前に作ったリストのno.2の現存車両は車体もおそらく第264工場製ではないかと考えているのですが、僅かながらある車体底板裏面の写真を見ると実際にリベットは少ないですね。とはいえ、トーションバーの部品など交換を想定したものは当然に溶接ではなくボルトで固定してあるなど、それなりにボルト/リベットは使われているようで、どの部分のリベットが溶接に置き換えられているのかまでは資料不足で判断できず。

そんなこんなで、車内床面のリベットを削除するには至らなくてそのままにしたので墨入れも控えて目立たないように、ピグメントで泥まぶして曖昧な感じに....

d0360340_06354687.jpg

d0360340_06362253.jpg砲塔など他のパーツも内部塗装をざっとして組み立ての準備。誘導輪の基部は履帯のテンション調整用の機構で調整用工具を差し込む穴も再現されてます。誘導輪シャフトの調整回転軸はキットでは接着固定式だったので、0.4mmの真鍮線で軸打ちして模型でも回転するように改造しました。組立接着式の履帯を組むときはコマ数や張り具合の調整の時、やっぱりここが動くと便利です。履帯はロコ組み、もしくはC組みにする予定。

by hn-nh3 | 2018-02-09 08:22 | T-60軽戦車 | Comments(3)

月にiPhone

d0360340_07335894.jpg
昨日の皆既月蝕。何でも「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という特別な月だったらしい。空にiPhone向けて撮ってみたら、ただの小さな赤い点。ちょっと物足りなかったから月の軌道を加筆してみたよ。

iPhoneでの写真撮影。日頃は不自由を感じることもなく便利でこのブログの写真も半分くらいはiPhoneで撮った写真を使っているけど、こういう時は光学望遠レンズを積んでない弱みを感じますね。月にiPhone... 完璧無比なものはないことの喩えか。

せっかくの月だし、とズームレンズ付きコンデジを空に向けるも暗い夜空にセンサーが惑わされてシャッターが切れなかったり、カメラのプログラムが余計な気を回してISO感度をあげるもんだから画質は荒れるわでさっぱり使い物にならず。マニュアル設定で調整しながら撮ればいいのだろうけど..... それに比べて空に向けるだけで大きさ以外は普通に月蝕が撮れてしまうiPhoneの優秀さとは一体何だろう。ブツ撮りの時に樽型収差とかに悩まされることもないし。

愛用のiPhone6S。最近やっぱりのキルスイッチが入ってしまったらしく、どうもカメラの反応が鈍い。GoogleMapも途中でよく落ちるし。潮時なのだろうけど、この時期に買い換えるのはちょっと迷う。まだまだ発展途上のⅩにするのか外見的には変化のない8にするのか...

d0360340_08341106.jpg
皆既月蝕記念にRed Iron Modelsのレジンキット、スプートニク1号を組み立ててみました。パーツ構成など以前の記事:Спутник-1を参照。

組み立てはいたって簡単。半球状に2分割された本体を貼り合わせて、4本のアンテナ基部をはめ込みます。ガイドの穴がちゃんと穿たれて位置も違わずセットできるのは嬉しい配慮。アンテナのロッドは0.5 mmのピアノ線に置き換えました。キットにはアンテナ用に丸めた銅線が同梱されてましたが、それではヨレヨレになってしまうでしょう。
アンテナの取り付け部にドリルで穴を開けないと弱いかなと追加工作が億劫になってたのですが、見れば何と、ちゃんと差込み用の穴がレジンパーツに空いてるじゃないですか。そんなこんなで組み立ては15分ほど、月蝕の間に完了。

スプートニク1号。アルミニウムの球体に4本のアンテナがついてますが、実寸で2.4mのアンテナが2本、2.9mが2本という構造。電波の送信用と受信用なのかなと思って調べてみたら、どちらも送信用。20メガヘルツと40メガヘルツの2つの無線送信機を積んで地球に向けて電波を発信、世界各地で観測されたそうです。

地球からの応援の声も聞こえず、暗い宇宙の中で僕はここにいるよと電波を発し続けていたのね.. 宇宙を初めて飛んだ人工衛星の孤独を知って、ちょっとしんみりとした月蝕の夜でした。


by hn-nh3 | 2018-02-01 18:24 | 模型 | Comments(0)