断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0360340_19501699.jpg
いつのまにか蝉の声を聴く季節。新刊の模型の手帖はKV戦車特集ですね。

d0360340_19581474.jpg
TAKOMからはKV戦車の親玉、SKMも発売になるし、タミヤさんからはレンドリースM3スチュアートもリリースされたし、今年の夏はロシアが熱い!

サッカーのワールドカップ、ロシア大会もなんだかんだ盛り上がりましたね。会場が置かれたロシア各地の都市にはヴォルゴグラード(旧スターリングラード)とかロストフ、サンクトペテルブルグ(旧レニングラード)など、どこかで聞いたような名前がいくつもあったりして。こんなところで歴史と現在が繋がってリアルを感じます。会場の一つ、バルト海に面する都市のカリーニングラードは、その昔はケーニヒスベルグと呼ばれた旧ドイツ領、東プロイセンだったんですね。歴史は複雑。

模型に話題を戻します。M3スチュアートは買ったけど、SMKは様子見。その前にケーブルドラムのキットとか難民セット買わないとだし、それ以上にその前に作りかけのKV−1戦車を何とかしないといけないし。という訳で久しぶりにKV−1。前回の記事は5月でしたね...

KV−1の制作再始動。冒頭の雑誌はフェイクです。モチベーションアップのために作ってみました。
パーツの検証記事のカバーヴィジュアルとして、「暮らしの手帖」を何となくイメージしたものの、どこか「美術手帖」っぽい感じにもなってしまって、グラフィックデザインなかなか難し。もう少しこだわってみたかったところではあるけど、そんなことしてないで早く模型作れよって声も聞こえるし。

KV-1の製作が中断したにはちょっと理由があって、それはエンジングリル。
d0360340_20314140.jpg
d0360340_21405276.jpg
トランペッターのキットはエッチングパーツを使わずに全てプラで表現するという潔さ。グリルは両端がカマボコ型になった初期のタイプと片側がフラットに潰れた後期のものの2タイプの選択式。ディテールはしっかりしていて、中間部の枠がメッシュの外側にくるのと、枠をメッシュがまたぐ違いも丁寧に再現。欠点はメッシュがプラスチックのモールドである、ということぐらい。

d0360340_22012498.jpg
メッシュを表現するならやっぱりエッチング。試しにボイジャーモデルのものを購入。値段も手頃で「フェザータッチ」と銘打った繊細さをうたったシリーズに期待。透けぐあいとかが気になります。
しかし、問題はそれ以前の話。寸法が少し幅広でトランペッターのキットにはうまく納まらない。。

d0360340_23253331.jpgそれで結局アベール。繊細さと精密さは定評あるメーカー。問題はお値段か。。と思いきや、エンジングリルだけならそれほどでもなかったので買ってみました。

ついでにフェンダー上の増設タンクのパーツも買ってみました。タンクはドラゴンのT-34についてるパーツを流用できるかなと思ってましたが、固定用の金具を必要な数だけプラ板でスクラッチするのはちょっとしんどいかなと、ここはエッチングのキットに頼ってしまおう。

しかしこれが海外からの取り寄せになるとのことで、2〜3週間待ち。パーツが届くまで暫しクールダウン。そして..そのままいつものごとく月日が過ぎて3ヶ月。

d0360340_05222734.jpg
エンジンのグリルメッシュ。アベールのエッチングパーツの構成はこんな感じ。ボイジャーモデルでは省略されていた中間リブの内部構造もパーツ化。メッシュも両端カマボコ型(右上)と片側フラット型(左下)をきちんと再現。フラットになる部分の幅が平面の展開状態では少しすぼめられてるところとか重要。立体にしたときに幅がちゃんと平行になるようになってるんですね。ちなみにボイジャーモデルのものは未対応。

d0360340_05333651.jpg

アベール(左)とボイジャーモデル(右)の比較。片側をフラットにしようとするとボイジャーモデルのものは幅が平行にはならないのがわかりますね。ボイジャーモデルでは枠は外周しかなかったので内部をプラ板で追加工作。アベールのパーツは枠部分もすべてエッチング。縁を折り返してつくるような仕組みになっていてエッチングでは再現が苦手な「厚み」を再現できるようになってます。しかし折り返しの幅とか工作の限界を超えているのではと思わせる細さ。無理やり作ったらちょっと歪んでしまった。これを作るにはいい道具が欲しい。

しかし、枠の仕上がりの幅が全然違う。ボイジャーモデルのものが製作誤差で幅広になってしまった、ということではないのがわかります。

d0360340_05481352.jpg
アベールのエッチングパーツとトランペッターのプラパーツの比較。左が片側フラットのタイプ。右が両端かまぼこ型。仕上がり幅がトランペッターのキットと揃ってくるのが分かります。メッシュは2タイプ用意されてますが、枠は端部のリブの片側を切り飛ばしてフラットタイプに対応させる選択式なので、そのまま作るとどちらか1セットしか作れないことになります。

それで片側フラットの枠はプラ板で自作してみました。これを制作中のKV-1に使って、両端かまぼこ型のエッチング枠は「組立待機中」のKV-2に使うつもり。

しかしアベールのは、メッシュの周囲のリベットも作らないといけないんだね。気が遠くなる。
こうして考えると、トランペッターのオリジナルパーツは透過度以外は遜色のないディテールであったことを認識。塗装でそれらしく表現してやれば全然問題なし。

というのが3ヶ月かかって知りえた事実。

( 7/30訂正:文中のエッチングメーカーの名前が間違ってました。エデュアルドではなくアベールが正解...)

by hn-nh3 | 2018-07-30 06:14 | KV-1戦車 | Comments(12)

3年後

d0360340_19281404.jpg
1944年8月のワルシャワ蜂起の話の3回目。ひとまず今回でいったん区切ります。
前回、前々回とポーランド側からの視点で書いたこともあり、以前に書いたプラハ蜂起関連の記事など話題の傾向が、なんだか反乱軍モデラーの様相を呈してきたので、ちょっとバランスをとってドイツ側から撮った写真も載せておきます。

(写真はBundesarchiv、Wikimedia commonsより)
d0360340_19293884.jpg
d0360340_19304827.jpg
蜂起部隊を攻撃するのはパンターのような対戦車攻撃能力の高い戦車ではなく、ブルムベアや60cmカール自走臼砲などの重砲兵器、28/32cmロケット弾、ゴリアテやボルグバルトⅣといった遠隔操縦の爆薬搭載車.. なにか圧倒的に非対称な戦争。
d0360340_19371736.jpg
d0360340_19390426.jpg


そして、三年後。1947年8月のワルシャワ。徹底的に破壊された傷跡が戦後2年経ってもそのまま残る風景が痛々しい。
d0360340_19225087.jpg
d0360340_19420630.jpg
カラー写真を撮影したのは、アメリカ人のHenry N. Cobb。ニューヨークの建築家。
戦後の復興の研究でイングランド、チェコスロバキア、ポーランドを回った時の写真のようです。

蜂起軍部隊の自作装甲車クブシュの塗装色の手がかりはないかと、終戦前後のワルシャワのカラー写真はないかと探してそのサイトにたどり着きました。探し物は見つからなかったけど、廃墟と生い茂る雑草の鮮やかなコントラストが目に焼きつきます。

(カラー写真はいずれも Henry N. Cobb 撮影)

d0360340_19544266.jpg
d0360340_19545582.jpg
とはいえ、気になるのはやっぱりこういう物たち。タイヤのついた荷車。

この時代、馬が曳くカートは木製のスポークが主流ですが、戦後の物資欠乏の時期にしては不釣り合いなほど立派なゴムタイヤを装着しています。戦時中は戦略物資として貴重だったゴムタイヤをこんなに荷車に供給していたはずはなくて、そう、これは放棄された軍用車両から収穫したものと考えて間違いはないと思います。戦車などでも放置されたものは車輪からなくなったと聞きます。
d0360340_20075122.jpg
(写真はクリックで拡大)

いったい何の車輪だったのかしらと、ちょっと観察してみました。
1枚目の写真の荷車の後輪は、どうやらSdkfz.250系の車輪。このタイヤは火砲牽引用のハンガーでもよく使われていたので、簡単に手に入ったと想像します。前輪はSdkfz.251系のものに見えます。ハブの周りのボルトなど特徴が一致します。

2枚目の写真の荷車の車輪はどうかというと、写真が小さくて判然とはしないのですが、5穴ホイールはフォードもしくはGAZ系のホイールと推定。前輪は何だろう... 後輪よりは小径で円錐状のホイール。軽車両用のトレーラーのものとも違うし、小型乗用車のホイールでも、ちょっと思い当たるものがない。独軍車両でなければ、ポルスキフィアット辺り..と思ったけどそれでもなさそう。

もっとも、これが判明したところで、何かの成果になるものでもないけれど。  

by hn-nh3 | 2018-07-19 21:00 | 写真 | Comments(0)
d0360340_19015717.jpg
散乱する独裁者の肖像 1944.8 ワルシャワ:撮影:Eugeniusz Lokajski

ワルシャワ蜂起の話の続編。
特に準備もなく書いた話題ですが、前回調べきれなかったことや調べているうちに知ったことなど、忘れないように書き留めておきます。

先ずは蜂起部隊(ポーランド国内軍)鹵獲Hetzer「Chwat号」のバリケードのケーブルドラム検証続編。
前回の記事で判明してなかった、ドラム側面のステンシル文字の内容が判明。
d0360340_19105815.jpg
バリケードの全貌が写った写真を見つけました。出展はワルシャワ蜂起博物館の写真アーカイブから。この写真自体はWikimedia Commons にも公開されていたものですが、それはトリミング版であり、転がるケーブルドラムの内、右側2個しか見えなかったもの。アーカイブで見つけたのはフレームがそれより広くドラムが3個あったことが確認できます。ただし上の写真も訳あって不要部分をトリミングしたもの。

その理由は、写真に博物館のクレジットが入っていて「使いたかったら理由を書いてメールしてね!」とサイトに書いてあったから。個人的には著作権の問題は他人事ではないので、Bundesarchiv(ドイツ 連邦公文書館)や NARA(アメリカ公文書館)、Wikimedia Commonsなどでパブリック・ドメインとして公開されているもの、(+ネットで事実上共有状態になっているもの)でない限りは、プライベートコレクションなど著作権で保護されていて使用料が必要なものは極力購入するようにしてますが、ワルシャワ蜂起博物館のものは、e-Bay簡単決済ではなく、先ずはメールで使途を述べて、見積が送られて...と手続きは煩雑、しかもポーランド語のやりとりなんてこれまたハードルは高い。

という訳で、この写真は「無断借用」。ただし「引用」です。(WikimediaCommonsの解説によると著作権法が発表後50年から死後50年(アメリカ、EU、ロシアなどは70年)に切り替わった90年代後半以前に著作権が切れているはずなんですが)

d0360340_19111819.jpg脱線しましたが本題です。ドラム部分の拡大。側面の文字は"KABELWERK OZAROW”と読めます。ようやく判明しました。
ワルシャワ南郊のオジャルフという街にある電線ケーブル製造会社のようです。ドイツ占領下にあるのでドイツ語表記。検索すると、この会社まだあるみたいですね。...労働者のストでなんたらかんたら、という記述が見つかります。

Ożarów という街。戦時中はゲットーが設けられていたらしいです。市民の64%がホロコーストの犠牲になったとか。ドイツ支配の影の部分ですね。時として、知らなくてもいいことを知ってしまいます。たかがジオラマ・アクセサリーを通して。

もうひとつの話題。「写真」の話。
ワルシャワ蜂起に関しては、ワルシャワ蜂起博物館という展示構成もとてもよくできた博物館があるようで、そこのサイトに膨大な写真アーカイブが整備されています。
バリケードの写真などもそこで閲覧可能 >fototeka / barykady

d0360340_20190952.jpg
Eugeniusz Lokajski (1908-1944/9/25)

写真家、エウジェニウス・ロカフスキ。戦前はスポース選手で槍投げのポーランド代表。従軍してソ連軍の捕虜になり例のカチンの森の事件から逃れる。職業写真家ではなかったようだが、能力を見込まれライカを与えられてワルシャワ蜂起に関する1000枚あまりの写真を撮影。1944年9月、ビルの爆破に巻き込まれて死亡。

d0360340_20292172.jpg
彼の名を知らず前回の記事で使った写真(冒頭および文末)、そして今回の冒頭で使った写真は彼の撮影によるもの。
報道記録という目的を超えたいい写真だなと思います。他にも気になって拾った写真の多くは彼の撮影でした。

従軍カメラマンで有名なロバート・キャパのように写真史にその名を残した訳ではないけど、見る人の記憶に残るような写真を撮ってた人がここにまた一人いました。写真の資料的価値という以上にこういうものは個人的には気になります。

件のワルシャワ蜂起博物館にも彼の写真アーカイブがあります。>Eugeniusz Lokajski

パブリック・ドメインと明示されているWikimedia Commonsから彼の写真のINDEXをアップしておきます。(記事中の写真はいずれもクリックで拡大)

Chwat号の有名な写真も彼によるものでした。ただ、タテイチ構図の写真が多くて、(個人的にはタテイチ写真好きですが)WEB記事のレイアウト泣かせ。当時としても新聞雑誌などに掲載しにくい構図は、彼が仕事としての写真を撮っていた訳ではなかったことを物語っているような気がします。
d0360340_20405804.jpg



by hn-nh3 | 2018-07-17 20:59 | 写真 | Comments(2)

8月のワルシャワ

d0360340_06544670.jpg
(当時の写真はすべてWikimedia commonsより)

1944年8月のワルシャワ。ナチスドイツ占領下のポーランドの首都ワルシャワで、接近しつつあったソ連軍に呼応するようにレジスタンスが武装蜂起を起こすものの、ソ連軍の支援を得られず一月ほどで悲劇的な結末を迎える。
「ワルシャワ蜂起」として知られるこの出来事は、アンジェイ・ワイダの映画「地下水道」や「灰とダイヤモンド」などの映像としても記憶されています。

近年にタミヤからリリースされた無線操縦車ゴリアテやブルムベア突撃砲後期型などがワルシャワで使われた写真が残っていることもあり、AFVモデル的にも気になるところ。映画「地下水道」にもゴリアテがやってくるシーンがありましたね。

d0360340_07295013.jpg
前回の記事でMiniartからリリース予定のケーブルドラムのことを記事に書いたら、かば◎さんからワルシャワのChwat号のバリケードで使われてると指摘があったので、少し気になってあれこれ調べてみました。

d0360340_07431092.jpg
--- フファット(ポーランド語: Chwat)とは、ワルシャワ蜂起中の1944年8月2日にポーランド側が鹵獲したドイツ軍のチェコ製軽駆逐戦車ヘッツァーの愛称である。ポーランド側が火炎瓶を用い乗員を殺害してこの車両を鹵獲した時点で車体の大部分が焼け焦げており、当初はバリケードの一部として使用された。後に修理されたものの、バリケードを崩すことが認められず戦闘に投入されることはなかった。そののちに郵便局の建物に移されたが、この建物が爆撃を受け倒壊した折、瓦礫に埋もれ放棄された --- ( Wikipediaの記述より)


蜂起部隊に鹵獲されたこのHetzerは焼損していたこともあり、もっぱらバリケードの「構成材料」として利用されていた様子。その経緯など詳しく解説したページがあるのでリンク貼っておきます。

d0360340_07595547.jpg
バリケードがあった場所なども同定されているようで、地図にマッピングされてます。


このページの地図をクリックすると大きな地図に移動して、周辺で撮られた当時の写真を見て歩くことができます。
こんなページがあるなんて知りませんでした。蜂起部隊を撮った場所がほぼ同定されてます。

Wikipediaのページにも膨大な写真アーカーイブが整備されていて、ポーランド人の執念を感じます。
d0360340_08140690.jpg
d0360340_08263562.jpg
街路にはあちこちでバリケードを構築。車両を使った即興的なものから市電や瓦礫を積んだものまで、さまざまなバリエーション。

d0360340_09193960.jpg
d0360340_09202494.jpg
人力で特に重機も使わずに作るとなると、歩道の敷石や瓦礫など近くに転がる「ありあわせの材料」に限定され、件のChwat号もケーブルドラムやバケツと同様にバリケードの構成部材として利用されたのか。

d0360340_09453866.jpg


d0360340_09474424.jpg
バリケードに使われてるケーブルドラムの側面には”KABELWERK”とドイツ語のステンシル文字が書いてあるのがなんとなく判読できて、これがドイツ軍の資材であったことが想像できます。
ドラムをよくみると、”KABELWERK”の先にも文字があってMIniartのキットのデカールとは違ってドラムの半周くらいを文字が占めるレイアウト。
"O......ROW" というような綴りと思われるものの、単語は特定できず。

このシーンを再現するなら、Chat号はタミヤのHetzer中期型をベースに初期型の防盾に換装するなど改造。バリケードのケーブルドラムは、規格やステンシル文字など多少の違いを問わなければMiniartのものは利用できそうだし、木箱や椅子の類もキット化されているので流用は可能。
あとはドラムの傍に転がるゴミバケツさえリリースされたら完璧。

d0360340_09572265.jpg

追記:蜂起は結局失敗に終わり、参加した人間は捕まり、街も破壊されてしまったけど、意外なほど写真は撮られていて保存されているんですね。残すべき記憶として。

by hn-nh3 | 2018-07-15 10:17 | 構造物 | Comments(10)

キルロイ

d0360340_20262341.jpg
ご無沙汰してます。皆さま、お元気でしょうか。

特に話題がある訳でもないのですが、生存報告です。このところ仕事でちょっとテンパっていてブログどころではないという状況が続いてました。といって寝る間もないほど仕事で追い詰められている訳ではなく、睡眠時間を削ってサッカーのワールドカップ見てたりするのが原因の一つだったりするのは否定しませんが、いずれにせよカッターは錆びてしまっていることには変わりはありません。少しリハビリ必要ね。

d0360340_20474323.jpg
冒頭の画像は、ちょっと前のMiniArtのメールマガジンで知ったNo.35583「木製ケーブルドラムセット」の塗装図。
ケーブルドラムのキットがリリースされるのは知っていて確かに面白いアイテムではあるけど、果たしてこんなの誰が買うの?と思ってました。

心待ちにしているのは密かに難民セットと呼んでいるMiniArtno.35582「ラゲージセット」のベビーカートなので、これはスルーだなと決めてましたが、このグラフィックには少し心が揺らぎます。

およそミリタリーモデルには登場しない円という幾何学、カラフルな色とロゴタイポ。なんとなくその昔、groovisionsのアートワークを見た時に覚えた気分。所詮ケーブルドラム、ではあるけど。

そういえば、木製のケーブルドラム。昔はよく道端の工事現場で見かけたような気がしたけど最近はあまり見かけない。Google先生に聞いてみたら、テーブル代わりに人気の様子。中目黒とかのローコストバーで見たことあるよこういうの。

そんなことはどうでもいいのですが、グラフィックが素敵でもこれは作ったところで、どうにもなるものではないなとやっぱりこれはスルーかなと。と、思っていたのですが... 見つけてしまいました。
d0360340_20540236.jpg
同梱のデカールで、キルロイの落書きがあるのね。
これは...ちょっと欲しいかも。


画像は全てMiniArtのページから。
キルロイについてはこちら>キルロイ参上



by hn-nh3 | 2018-07-06 21:06 | 日々 | Comments(4)