人気ブログランキング |

断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

<   2019年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0360340_06243160.jpeg

前回からのつづき。青戸高射砲陣地の2019年近況の後編。
隣家が建て替えで解体されて、これまで把握しづらかった全貌がわかるようになったのでざっくりと実測してきました。

d0360340_06363822.jpg円形台座の半径は2250mm。直径にすると4500mm。これは近隣の駐車場に残る台座とも寸法が一致。コンクリートの厚みは右側のアパート敷地の地面から20cmほどの高さが露出、左側の建て替え敷地側は基礎工事の都合で掘り下げてあるのか30~40cm程度が見えていて、まだ地中に続いている。

中央部のコンクリート円盤は外形900mm、中心に頂部外形240mmの円錐台形の突起。高さは5cm程度(実測忘れ..)で鉄管で補強された8cmぐらいの穴が開いている。
このコンクリート円盤は周辺とは少し材質が違うようだ。高射砲との連結で中心部は施工精度が必要とされたために工場で制作したプレキャスト部材ではないだろうか。これを現地に据えた後に周囲にコンクリートを流して固定したと想像。

d0360340_07001173.jpeg

現地では前日に降った雨で周囲が濡れているだけかと思っていたのですが、こうやって写真を見ると円盤周囲のコンクリートは粒子が荒く少し柔らかそうな印象。ひょっとするとコンクリートでもないのかもしれない。機会があれば材質の違いを再確認してみたいところ。

d0360340_12324746.jpg

駐車場の台座にはこの中央部の円盤部材は残っていない。あればこんな感じかというのを黄色で写真に加筆してみた。周囲とは別部材で充填材が硬くなかったため撤去が容易だったのではと想像できます。現在はアスファルトが充填されている。
これらの実測、観察を整理したものが下の図。
d0360340_07231515.jpg
周囲の3箇所の弾薬庫など点線部分は推定です。弾薬庫はコンクリートで作られていたものの、鉄筋の替わりに竹が代用されていたとの話もあって簡単に壊せたようです。台座直径が4.5mは実測。弾薬庫の配置が直径8m程度の円に外接するのは戦後米軍が撮影した航空写真地図から推定。設置されていた99式8cm砲は、図面が見つからなかったので、元になったクルップ8.8cmSK C/30のもので代用。違いは照準器ぐらいとのこと(wiki)

直径4.5mの円形台座には内接1.9mの8角形の開口縁取りがあり、その中央部に直径90cmの円盤状部材をはめ込み、周囲を充填固定する構造。その充填部分、図でいうグレーに塗った8角形のエリアには12本の固定用ボルトが埋め込まれているはずだが、今回のリサーチでは未確認。

今回、隣家建て替えの情報をいただいた葛飾音頭さんから、最新のストリートビューに建物解体時の状況が写ってるとの追加情報。ストリートビューからのキャプチャー画面を貼っておきます。

d0360340_07434684.jpg

円形の台座が完全な形で残っていたのがわかります。その上に前に建っていた木造家屋の基礎工事で損傷した痕跡も見えないので、それこそ台座をそのまま基礎に利用していたのではないかと推測します。解体時の状況が見れたら面白かったかも。
例の中央の8角形の充填部のエリアがわずかに凹んでいるが見てわかります。

d0360340_07480875.jpg

今回リサーチの台座は図のA列3番の台座。駐車場に残っているのは6番の台座。このA~C列、No.1~18までの番号は私が便宜的につけているもので、公式に振られた番号ではないので間違いのようにお願いします。
このほかには2番の台座の半分が建物基礎に転用保存されているのがわかっていて、C列15番の台座の下部が地中に埋まっているとのこと。

d0360340_08150319.jpeg

15番の台座が埋まっている駐車場の現在。地上面に痕跡はなく、葛飾音頭さんからの情報によれと解体時に12本のボルトが露出、それが地表に露出していた、とのこと。
はたと思いついて、ストリートビューの時間さかのぼり機能がリサーチに使えるかも、と試してみました。

d0360340_08000136.jpg

ストリートビューの左上に表示される撮影インデックスに時計のマークがついてる箇所は、過去のストリートビュー画像を見ることができます。この場所は2010年の撮影まで遡れました。

見つけました! ありましたよ、ボルトが。駐車する車のタイヤを痛めないようにかゴムシートを被せてますが、ボルト用の鉄管の頂部が地表面に並んでいるのが写ってました。2013年ストリートビュー画像ぐらいまで残っているのが確認できます。何だかタイムマシンみたい。

by hn-nh3 | 2019-05-26 08:08 | 構造物 | Comments(8)
d0360340_21020718.jpeg

荒川を渡る。京成押上線、四つ木付近。荒川土手と並走する首都高速中央環状線の高架は好きな風景。ちなみにPerfumeのマカロニのPVの後半が撮影されたのはこの辺り。今回は聖地巡礼の旅ではないので素通りしてその先のお花茶屋駅で下車。

d0360340_21032727.jpeg

駅から歩いて10分。白鳥3丁目にあった青戸高射砲陣地の跡に残るコンクリートの台座。陣地は半円形の布陣で6門×3列。計18基あったものの一つがこの駐車場に残る台座。この他に2基が住宅街の中に現存しているのが確認できてます。

d0360340_21113912.jpg

これについて去年、リサーチして記事にしているので詳しくはそちらを参照。>青戸(白鳥)高射砲陣地

一年ぶりの再訪となったのは、その記事を読んでコメントいただいた”葛飾音頭’さんからの報告。最近、3番目の台座にかぶっていた家屋(緑で着色した部分)が建て替えで解体されたらしく、家の下から台座がでてきたのが確認できた、とのこと。

d0360340_21181681.jpg

家が壊されて下から完全な形で台座が出てきて「中心部分には円錐台状の凸部が残っている」ことが確認できた、とのこと。
そして既に新しい建物の工事が始まってしまっている、ということも。

その情報を聞いて、何とか今週の水曜日(5月22日)に時間を作って行ってみました。話を聞いてから1週間も経ってしまっていたので、おそらくは工事をするのに邪魔だからその台座は解体撤去されてしまって行っても何もない状態なのが想像できたけど、なくなってしまったことを記録に撮っておくのも大事かな、と。

案の定、住宅か何かの建物の工事の真っ最中。北側のアパート側から恐る恐る覗いてみたら、アパート側にかかってる部分の台座は以前のまま。

d0360340_21402941.jpg

円形の台座の上にはアパートの給水タンク。その向こう側には前は古い木造2階建の家屋が建っていたのがなくなって明るくなってます。台座の向こう半分は撤去されてしまったのかしらと見れば、何やら新しいコンクリートに食い込んでいるような気配。

d0360340_21433311.jpeg

何ということか。。新しい建物の基礎が台座の上に築かれてましたよ。ちょうど工事の職人さんいたので、前の家の下から出てきた台座どうなったのかを聞いたら、壊すに壊せないからそのままにして上にコンクリートを流して、新しい建物の基礎はその上に作っている、とのこと。

d0360340_21464281.jpg

台座の位置を推測するとこんな形だろうか。敷地の境界上、直径4.5mの円の中心あたりになにやら丸い突起物。
それが葛飾音頭さんの言っていた「円錐台状の凸部」なのか。

d0360340_21533346.jpeg

これまでは敷地境界のブロックの下に隠されていた、台座中央部の構造物。周りから5cmほど盛り上がった円錐台の中央部には鉄環で補強された穴。

75年前は、高射砲がここに据えられていたのか。(つづく)

by hn-nh3 | 2019-05-24 22:07 | 構造物 | Comments(4)
d0360340_13034137.jpeg

新章突入。FIAT 500 です。 クーペではなく、箱型ボディのバンタイプのFIAT500A トポリーノ。
キットはBroncoModelsからクーペタイプのバリエーション展開で2013年にリリース:CB35171  >PMMSのキットレビュー
ワゴンとかバンタイプの車って、結構好きなんですよね。

このブログを始める前に作り始めて(2016年5月頃)サフを吹いて組み立てチェックをしていたところでなんとなく中断。時々は思い出したように引っ張り出しては眺めてはいたけど、都合3年近く寝かせたでしょうか。ほどよく熟成してます。

d0360340_13040604.jpeg

仕事が忙しくなってきたりSUMICONがなくなったりで、今年に入って5ヶ月が過ぎようとしてるのに未だ完成品がないということに気がつきました。

模型の楽しみは制作のプロセスだから別に完成しなくたって構わないし、こういう未完成のトルソーも美しくて好きです。ブログのタイトルだって「未完成記」だし...と、言い切ってしまってもいいのだけれど、やっぱり何も完成しないというのはどこか寂しい。5月の透明な光もそろそろ終わりの季節。

せめて作りかけでも後は塗装を残すのみになってる模型なら...と選んだのがこのフィアット。

少し前のミシリンで、下の写真のマーキングが話題になってたりして、そういえば自分もこれ作ってたなと思い出したんです。

d0360340_13265152.jpg

白く塗られた救急車仕様のFIAT500のフェンダーに描かれている流星と馬のマーキング。1944年にイタリアに展開した第4降下猟兵師団の車両のようです。このワゴンタイプの他に通常のクーペタイプを同じく救急車仕様にしてこのマークを描いてる車両の写真も残ってます。

先のミシリンの記事の中にこの車両を再現した素敵な作例も載ってますが、このマークちょっとかっこいいけど、手描きで再現するのは大変だよね。。と思ってたら、手持ちのデカールの中にこのマークがありました。

d0360340_13321314.jpeg

コレです。デカールはタミヤ箱でリリースされたイタレリの FIAT 508 CM コロニアーレ。FIAT 508の軍用ボディタイプです。ちなみタミヤ箱では「FIAT」という文字は書かれてませんでした。大人の事情。でしょうか。

d0360340_13350065.jpeg

このデカールを使えば、写真に残るFIAT500トポリーノの救急車が簡単に再現できるね!と、思って作り始めたのが3年前のこの季節。ふたたびの5月に再始動。

by hn-nh3 | 2019-05-20 19:26 | FIAT | Comments(2)
d0360340_17273008.jpeg

久しぶりにヒコーキ。サンテックスのコードローンシムーン制作再開です。
だいぶ間が空いてしまったけど、前回の記事は、というと2月2日。。。

胴体を貼り合わせて、ロゴのオリジナルデカールのテストをしたところで止まってましたね。

d0360340_17371048.jpeg

エンジンカウルの開口部からチラ見えするエンジンを再現するのがめんどくさいなーと手を休めたところで長考に入ってしまって3ヶ月。ずっと考えてた訳ではないけど、時々気にはしてました。そしてそろそろケリをつけないと、と意を決してデッチアップ。

④の部分です。エンジンシリンダーの放熱フィンはプラストラクトの0.3mmプラ丸棒を細切プラ板に巻きつけてそれっぽく造形。1/72ではオーバースケールだけど、カウルの穴の奥にちらりと見えるだけだから...(言い訳)
①、②、③の穴がキットでは表現されなかったのでドリルで開口。③のスリットは両端にドリル穴を開けてカッターで穴を繋いで整形。カウル全体は④のシリンダーヘッドを納めるために全体に裏刳りしてあります。

カウルをかぶせてみたのが冒頭の写真。なんとなくそれっぽく、です。

d0360340_17485352.jpeg

残るパーツは車輪。カバーの縁はカバーの内側から薄く削って、表側には伸ばしランナーでリブを再現してみました。
細めの伸ばしランナーを選んだつもりだけど、1/72スケールだとやっぱりオーバースケール。
これをさらに薄く細く削り込んで実機と同様の細さにするのか、模型的にメリハリのあるサイズに留めておいたほうがいいのか..
このあたりの感覚はもう少し1/72スケール慣れが必要かな。

by hn-nh3 | 2019-05-18 17:59 | ヒコーキ | Comments(6)

3cm 4連対空機関砲103/38

d0360340_18220903.jpeg

静岡方面はホビーショー。タミヤからはフンメルが発表されたりといろいろと賑やかです。
最近は模型から遠ざかってしまてましたが、これではいけないと、新しいキットを買ってみた。

d0360340_18263455.jpeg

3cm Flakvierling 103/38。航空機用の3cm機関砲 MK103を2cm4連装機関砲の砲架に搭載。1945年に少数が生産配備されたようです。
キットはダスヴェルクというブランドからリリース。ドイツで企画開発、中国で生産している模様。

d0360340_18323590.jpeg

ゲートの作り方とか見ると、なんとなくタコムっぽい感じ。金型制作は同じところなのかな?

d0360340_18290465.jpeg
d0360340_18322318.jpeg

パーツ構成。あっさりしてますが、機関砲など要所はパーツ分割してディテールを再現。銃口はスライド金型で開口。側面の特徴的なマズルブレーキの穴は、自分でドリルで開けてね、と書いてあります。

d0360340_18383909.jpeg

d0360340_18394908.jpeg

機関砲だけひとつ組んでみました。ディテールのニュアンスも微妙なテーパーや曲面など実物の特徴をよく捉えていていい感じです。

とりあえず今回の工作はここまで。

機関砲全体のシルエットも魅力的ではあるのですが、個人的な興味はこのMK103機関砲単体の再現度合いを確認したかったんですね。というのも目論見はコレ。

d0360340_18461011.jpg

終戦時のチェコ。ベルゲヘッツァーにMK103の簡易砲架を搭載した車両の写真が残ってます。
これ作りたいんですよね。たぶんまだこれ再現した人はいなさそうだし。

d0360340_18502511.jpg

簡易砲架はコレ。前にGrilleに搭載した車両を制作したときに記録写真を見ながら復元してみました。この時はMK103機関砲はドラゴンのキットのものから流用しましたが細部に不足しているディテールを追加した記憶。今回のダスヴェルクのものは、そのあたりはしっかりクリアしてますね。

ベルゲヘッツァーへの搭載方法は、上の不鮮明な写真しか手がかりがないので詳細は不明。おそらくは組み立て式クレーンの取り付け台座になんらかの加工をして設置しているんじゃないかと想像。

by hn-nh3 | 2019-05-12 19:09 | 対空砲 | Comments(11)