人気ブログランキング |

断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

タグ:ソフトスキン ( 2 ) タグの人気記事

d0360340_08452018.jpeg


FIAT500制作記 連載二回目。前回から少し時間が空いてしまいましたが、ゆるゆると進行中。
Bronco Model から出ているVANタイプのFIAT 500 トポリーノ。

ここで簡単にFIAT 500のことをおさらいしておくと、初代のFIAT 500はイタリアのFIAT社から1936年に発売された2人乗りの小型自動車。エンジンサイズは569cc。「トポリーノ」の愛称はハツカネズミの子ネズミの意味。
人気となり1955年の生産終了まで60万台が生産。映画「ローマの休日」でグレゴリーペックが乗ってましたね。
ちなみに、チンクエチェントと呼ばれてルパン三世の愛車で知られる車は、トポリーノの後にモデルチェンジされて生産されたシリーズ。

初代のFIAT 500、トポリーノのシリーズには生産時期の違いによりA/B/Cのタイプの違いがあります。AとBは外見に違いがなくエンジンが13HPから16.5HPに増強。1948年から生産された戦後型がB。
1949年から生産されたCタイプはフェンダーが少し角ばった形にモデルチェンジ。

A/B/Cの違いは、このサイト:CLUB TOPOLINO FIATがわかりやすい。

d0360340_10332993.jpg
図版出展:Техника и вооружение Fiat-500/500A

”Furgontino”:VANタイプは1938年から発売され、A/B/Cと車体のモデルチェンジにあわせて継続的に生産。
A型の生産当初は箱型車体の後部が斜めにせり上がった形をしていて、戦後のB型から後部が垂直に近い角度に変更、とされているものの、前回の記事で紹介した写真の車両のように戦時中のA型ベースの車両でもすでにB型のような箱型のワゴンが生産されていたと思われます。その第4降下猟兵師団で救急車として使われるFIAT500の写真のソースも(原典かはわからないか)その本からのものと思われます。

d0360340_10503468.jpg

さてさて、前振りが長くなってしまいましたが、本題です。キットはBroncoのよさがフルに発揮された繊細かつ高精度のパーツで気持ちよく組みあがります。インテリアもほどよく再現されていてダッシュボードのところにある燃料タンクもしっかり表現されてます。ストレートに組んでも全く問題ない出来ですが、省略されてるディテールもあるので少しだけ追加工作。シートの足元の一調整用レールと固定レバーをプラストラクトの薄プラ棒と真鍮線で表現。レバーの先端の球はエポキシパテで成形。

運転席の床板は実車ではリブのついたプレス鉄板の上にゴムシートを敷いたものが正しい状態ですが、キットの再現の仕方はそのあたりが曖昧。

d0360340_11003732.jpeg

ブレーキペダルやクラッチペダルはタミヤのシムカ5のキットにように省略されることなく、別パーツできちんと再現されてます。しかしなぜかアクセルペダルが省略されているので、プラ板を加工して追加。サイドブレーキもなかったので、作りました。小さくてわかりにくいけどブレーキレバーの先端のロック解除ボタンも再現してあります。Broncoのキットはこれに限らずインテリアの再現志向は高いのですが、あれっと思う部分が省略されていることがよくあります。

ハンドルはフレームが4本タイプのものが用意されてみましたが、あれこれと資料を見ると3本タイプが一般的なので1本だけ残して切り離して、位置を変えて2本付け直して3本フレームに作り直しました。写真に撮ってみると....もうちょっと細部の手直しが必要ね。

d0360340_11095899.jpeg

車体後部もあれやこれやと追加工作。①運転席と二台の間を仕切るパイプを追加。荷台のボディ内側の補強フレームはあらかじめパーツ化されてます。そのせいか、ボディ外側にヒケが少しできているので、要修正。
②はこのキットで最大の要修正ポイント。キットがもともとどうなっていたかというのはPMMSのレビューでパーツの荷台後部を見てもらうとわかるのだか、後部扉との変な段差が生じている。段差自体は間違いではないのだけど、その段差の理由はそこに予備タイヤの収納ボックスがあるから。

d0360340_11161983.jpeg

裏から見るとこんな半円形の予備タイヤ用の箱がついてます。車体裏側がよくわかる資料は少ないのですが、あれこれと探してレストア中の車体写真を見つけたりして、ほぼほぼこんな形であることを確認。乗用車型ではボディの後部に予備タイヤを積んものをVANタイプでは後部にドアをつける関係で、こんな配置になったと思われます。

再び荷台上面の追加工作に戻って、その③。荷台には側面と同様の保護レール(木製)が取り付けられてるのが一般的。正確には横方向に補強用のリブをプレスした鉄板の上に保護レールがリブと直交する形になるのだけど、それは省略。④バッテリーボックスの点検用と思われる長方形の蓋を追加。⑤荷台前端にはガードの板が立ち上がってるのでそれも追加。

そして謎なのが⑥のスペアホーイール取り付けアーム。
FIAT 500 トポリーノは人気車なので、現存車が多数。バンタイプもそこそこ残っているようで" FIAT 500 Furgoncino "などどネット検索するとレストア車などの写真をあちこちで見つけることができます。それらの現存車で内部写真があるものを見ると、必ずといっていいほどシートの後ろにスペアタイヤを積んでいます。

ん、では②の予備タイヤ用スペースは? というとそれもちゃんとあって、ただし荷物置場として使われてることが多いようです。この荷台下スペース+シート背後の予備タイヤのパターンは現存車にほぼ共通のパターンに見えるので、個別にカスタマイズしたものではなさそう。ただし1938年の生産開始当初からそうした仕様だったのか、収納量アップのニーズを受けて、途中から組み入れられた仕様なのかは詳しい資料がなく不明。

d0360340_12140915.jpeg


ここでひとつ考証の罠があることに気がつく。FIAT 500 トポリーノは現在でも人気の高い車で、まだまだ現役で使われてたりネット売買もさかんで、検索すると大量の実車写真が収集できます。しかしそれらはどれも生産終了後半世紀を経たレストア車であって、どこまでがオリジナルな状態なのかが判別しにくいというのが実際。

いくつもの車両の写真を突き合わせて当初からのものと思われる共通仕様を探す訳ですが、さらに悩ましいのが、戦前のA型と戦後生産のB型の問題。表示がない限りは外見からの識別は困難なので、現存車の断片的な写真では戦前からの仕様なのか戦後仕様なのかが判断不能。

だから、1944年のトポリーノの細部ディテールというものを再現しようとしても、それこそ当時のドンピシャの資料が見つからない限り、結局は謎。

d0360340_12330837.jpeg

タイヤはホイールキャップにFIATの文字が刻印されてます。伸ばしランナーを使ってバルブを追加工作したのはお約束。

by hn-nh3 | 2019-06-15 12:50 | FIAT | Comments(6)

グリル装着

d0360340_19434512.jpeg

ロシアから届いたGAZ-M1用のエッチングのグリルを装着してみました。こういう面倒くさい作業はモチベーションが高いうちにやってしまわないと永遠に積んだままになるから、ウォーミングアップを兼ねて作業実行。

d0360340_19493784.jpeg

ズベズダのGAZ-M1のフロントグリルは筋彫り状のモールドで表現されてます。繊細ではあるけど透けていないのが惜しいところ。塗装で墨入れすればそれらしくも見せられるけど、やっぱり正面で目立つところだし、ボンネット側面のルーバーはきれいに抜けているので、やっぱり表現はそろえたいなと。

d0360340_19572405.jpeg

フレームを残してくり抜きます。カッターナイフで慎重に切り抜いて、インジェクションの厚みがでてしまっているフレームを裏側から薄く削っていきます。本当はもっと薄く削りたいところだけど、物理的な強度とのバーターになってくるので、このぐらいで妥協。

d0360340_19585608.jpeg

エッチングのグリルを裏から嵌めて、瞬間接着剤で固定。うまく刳り抜けるか心配だったけど、想像してたよりは簡単にできました。エッジが曲線だからラインがぶれても気がつきにくい、ということもあるかもしれない。

エッチングパーツにはラジエーターのグリルも入ってます。フロントグリルの隙間からラジエーターがどのくらい透けて見えるのかをテスト。サフェーサーを無造作に吹いたらグリルが目詰まりしてしまいそうな細さで、それが次なる心配の種。

by hn-nh3 | 2018-12-27 20:25 | GAZ | Comments(14)