断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

タグ:働く自動車 ( 1 ) タグの人気記事

d0360340_13304938.jpg
朝の築地場内市場 正門付近(2014年撮影@hn)

そろそろ新作の準備をしないとと思っていたところに、JAPANミリテールフォーラムで超絶技巧を披露されているhiranumaさんからのメッセージに背中を押されて、以前から作りたいと思っていた築地市場の構内荷物運搬車、通称「ターレ」を製作してみます。

「ターレ」とはターレット式構内運搬自動車というカテゴリーの3輪の運搬車。前輪が360度回転可能で小回りが効いて狭い通路でもスイスイ入っていけるため築地市場など各地の卸売市場で広く使われています。エンジンを搭載した円筒形のボディ(ターレット)が前輪と直結していて、リング状のハンドルをまわすとターレットと車輪も一緒に回転するシンプルな構造。その旋回性能の高さとシンプルな機構ゆえの耐久性で市場の構内を縦横に走り回っています。
d0360340_14003426.jpg
築地場内市場 仲卸売場通路(2017.11月※以降特記ないものは全て2017撮影)

今回製作するキットは2種類。アオシマの1/32特殊荷役シリーズから、「ターレー築地市場仕様」と「エレトラック魚河岸仕様」2009年発売の基本キットに魚河岸の小道具を加えて再リリースしたパッケージです。

d0360340_14180780.jpgd0360340_14190141.jpg
「ターレ」は朝霞製作所製造の商品名「ターレットトラック」で、この名前が一般化して構内用三輪運搬車のことをターレと呼ぶようになってます。動力にガソリンエンジン
を使っていて以前はこのタイプが主流でしたが、市場の半屋内環境で使用するのは排ガスの問題などあり、現在は新規の登録も不可、生産停止になっています。

「エレトラック」はニチユ製造のバッテリー搭載電動車。密閉型のターレットボディでガソリンエンジンタイプとは簡単に識別できます。動力用の充電バッテリーは荷台の下のボックスに設置。
電動タイプは他メーカーの関東機械センターの「マイテーカー」含めて、築地市場では2100台あると言われるターレーの大半が現在はこの電動タイプ。


d0360340_14492838.jpg
朝霞製作所製「ターレットトラック」(2009年撮影@hn)

撮りためた築地市場の写真を見返すと10年前ぐらいまでは写真を写ってるのは大半がこのガソリンタイプでしたが、現在はほぼ絶滅状態。 2017年現在、構内の主だった部分を歩き回った限りではガソリン車は3台の残存を確認。濃いめのオレンジの全鋼製ボディとメッシュの放熱グリルが識別ポイント。

d0360340_15010238.jpg
ニチユ(現在は三菱ロジスネクストに合併)製造の「エレトラック」

電動タイプのためターレットボディは密閉式。円筒部は鋼板にイエロー塗装。ヘッドの部分はグレーのプラスチック成形。リング状のハンドルが「ターレ」では水平なのに対して、「エレトラック」は運転席側に少し傾斜して機構的にも改良されています。バッテリー式のため連続稼働時間がガソリン車より短いのが欠点とされ、毎日充電の必要があります。
築地市場場内ではあまり知られていない所ですが、正門上部の立体駐車場がターレの充電プラットホームになっていて、市場の業務が終わる午後にもなるとターレが集まってきます。「ターレの巣」と勝手に名付けた絶好の観察ポイント。

d0360340_15205683.jpg
キットは15センチ角の2枚のランナーに配置されたパーツは必要にして最小限。組むだけなら半日もあれば十分なボリュームです。一箱にパーツのランナーが2セット、ターレ2台が作れるので、カラーリングや仲卸店のマーキングで変化をつけて楽しむのも一興。築地市場では売り場の洗浄に濾過した海水を使うので実車は錆び錆び。ウェザリングの練習に最適。2つのキットで都合4台のターレが出来るのでちょっとしたジオラマ作るのも良し。

d0360340_15465570.jpg
プラの成形色が白いのでディテールがわかりにくいものの、放熱グリルの角穴が抜けてるなどモールドは良好。
ただし、抜きテーパーや肉厚部の僅かなヒケなどタミヤの最近のものやドラゴンのキットを見慣れた目には少しもっさりした感じに映ります。最近のズベズダのキットぐらいの感じというのがニュアンス的には近い。

小さなパーツでは押し出しピンの位置を部品の外に設けるなど気を使ってますが、荷台など大きなパーツでは見えにくい裏面などにピンを配置しているので、多少の穴埋めパテ作業は必要かな。

もっとも、こんな車両がキットになってること自体がラッキーだし、タイガー戦車のように考証にうるさいモデラー達が見張ってる訳でもないので、あまり神経質にならずに気楽につくるのが、このキットの正しい作り方だと思います。

d0360340_16042898.jpg
仮組というか、足まわりシャーシをとりあえず組んでみます。どうしても気になる部分があったらディテールアップ、程度の心構え。左が「ターレーットトラック」右が「エレトラック」。前輪は実車同様に360度回転するようになってます。ブレーキはワイヤーではなく、シャーシに平行に取り付けられたロッドのリンク。
シャーシの断面形状はキットのような角パイプっぽい断面ではなく実車はコの字型にプレスした鋼板を組んでいるような気もしますが、外からはあまり見えないところなので、そこはスルー。タイヤのトレッドもメーカーと製造年代が違うのに共通なのかという疑問も残りますが、タイヤなんて消耗品なので使っているうちに同じタイヤに交換、という解釈もできそうなので、これもスルー。後輪の車軸が板バネも介せずにシャーシにベタ付けなのかは要リサーチ。

d0360340_16134643.jpg
あっという間にここまで出来ました。ターレット内部のエンジンもパーツで用意されています。奥の「ターレーットトラック」はガソリンエンジン。手前の「エレトラック」は電動モーター。荷台下部に収められたバッテリーもそれっぽく再現されてます。
エンジンのパイピング? 殆ど見えなくなるのにそんなディテールアップは今回はやりません。

並べて見て初めて気がつきました。2台のキット、荷台の大きさが全然違うんですね。築地市場で実車を見る限り、ガソリン車と電動車で荷台のサイズが大きく違うという印象はなかったのですが...
こんなマイナーな車両とは言え国内メーカーのものですから、キットの設計には設計図などメーカーから資料提供を受けて進めていると思うので基本寸法を間違えるということはないはず。メーカーのサイトとかで調べてみると、どうやら荷台のサイズ違いのタイプがそれぞれにあるようで、キットでは「ターレーットトラック」ではショートタイプ、「エレトラック」ではロングタイプのものをキット化しているようです。

2台の大きさの違いが、キットの設計ミスではなさそうということはわかったものの、荷台サイズの違うどのタイプがそれぞれ築地市場では一般的に使われているのか、これはちょっと調べてみる必要がありそう。
ということで、カバンに巻尺を入れて築地市場でリサーチ決行。またしても考証沼に落ちる(つづく)

d0360340_16312490.jpg
築地場内市場 旧鉄道輸送荷下ろしホーム付近(2012年撮影@hn)

by hn-nh3 | 2017-11-26 16:47 | ターレットトラック | Comments(6)