断片的思考のメモ


by hn-nh ( or hn )

模型的日乗

d0360340_12390689.jpg
考証ネタから少し離れて、日常。

この間、仕事の合間にこっそり秋葉原のイエローサブマリンに立ち寄り。新着品コーナーの隅っこに、MasterClubの[MC235013:1/35 T34 転輪底部スプリングカバー 初期型]を見つけて迷わず購入。
d0360340_12472733.jpg

早速、作りかけのT34-76 1940年型で試してみました。レジンの非常に薄い成形に緊張します。少しきついのか、底板の穴になかなかうまく入ってくれません。壊さないように、しかし心を決めてギュっと押したら..
嵌りました。これで完璧。
ずっとこの日を待っていたよ。


d0360340_12535804.jpgタミヤのマチルダ、ソ連レンドリースバージョンが発売されましたね。グリーンの成形色がいい感じ、気分はもうロシアの大平原。
早くバレンタインも片付けないと..

新たに開発された履帯はスナップフィットの連結式。これでどの段階で塗装すべきか悩んで手が止まるリスクが少し減るので大歓迎。

履帯は裏と表に分割したパーツ構成で複雑な形状をうまく再現していますが、またもやセンターガイドの穴は抜けてません。スライド金型が必要なら話は別ですが、部品分割からして不可能ではないはず。裏側にヒケ防止の肉抜き穴を作ってるくらいだから、それをもう少し大きくすればセンターガイドの穴が表現できそうなものだけど。

d0360340_12551333.jpg
ブロンコからアフターパーツでマチルダの連結式履帯が出てますが、同様の部品分割でセンターガイドの穴も綺麗に抜いています。→ブロンコの履帯
こうなるとタミヤさん、SU-76M、バレンタイン、マチルダ、とセンターガイド穴なし3部作を発表するのは、大人の事情以上に頑なな意思すら感じます。

...ひょっとしてひょっとして、穴なしセンターガイドはロシアの大地の泥が詰まってる表現だったりして。 

d0360340_12572643.jpg
ここで次回作の告知。ブログを始めて、予期せず「バレンタイン戦車研究サイト」の様相を呈してますが、話はそれだけじゃないのよ。
と、別な車両も作ることにしました。

長丁場になりそうなバレンタイン改造の気分転換も兼ねて「SUMICON2017」に参加します。

ネタは、Sdkfz.138/1 グリレ弾薬運搬車改造 3.0cm FLAK。1945年5月、終戦間際に起きたプラハ蜂起の時に登場するワンオフのレア車両です。

キットはドラゴンの白箱。数年前、下北沢のSUNNYで棚の奥に残ってるのを見つけて購入。が、しかし。キットは決定的に考証ミスがあるらしい。搭載している機関砲の種類が間違ってるのです.. ぜんぜんダメじゃん! 
そんな訳で箱の蓋をいったん閉じてそのままになってたのを、この機会に作ってみたいと思います。

製作中のバレンタイン戦車と並行して、こちらにも製作記をアップしていくので、
それもまたヨロシク!


by hn-nh3 | 2017-05-07 18:15 | 日々 | Comments(6)